就職・進路

求人のお願い

姫路獨協大学 学長 本多 義昭

 姫路獨協大学は、学校法人・獨協学園と姫路市との全国初の「公私協力方式」により、1987年に開設された大学です。したがって比較的新しい大学ですが、母体である獨協学園は、1881年(明治14年)に設立された「獨逸学協会」がその2年後に「獨逸学協会学校」を開いたのが始まりであり、120年に及ぶ歴史を有しています。
それゆえ本学は、「古い伝統の上に清新な学風を創る」を合言葉にし、かつまた獨協学園中興の祖で偉大な教育者・哲学者であった天野貞祐先生の「大学は学問を通じての人間形成の場である」という教育理念に基づいて、何よりも良識と礼節をわきまえた人間、責任感と思いやりを持った人材を育成するように努めております。
同時に本学は、それぞれの学生が潜在的に秘めている多様な可能性を最大限に引き伸ばし、激しく変化する時代に即応して社会に役立ち得る人材を養成するため、少人数教育に力を入れております。
どうか、本学の清新にして志に燃えた学生たちの採用につきまして、格別のご高配を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

求人のお申込みについて

本学所定様式は、以下のファイルをダウンロードの上、ご利用ください。あるいは、貴社・貴団体にて作成のフォームをご利用いただいても結構でございます。

adobe 求人申込書(一般) excel 求人申込書(一般)(EXCEL版)
adobe 求人申込書(病院) excel 求人申込書(病院)(EXCEL版)
adobe 求人申込書(保育) excel 求人申込書(保育)(EXCEL版)

【送付先】
姫路獨協大学キャリアセンター
〒670-8524  兵庫県姫路市上大野7丁目2番1号
電話とFAX番号 

キャリアセンター受付時間: 月~金 8:45~18:30
(ただし学生の休み期間中は17:00までです)

求人お申込みに際してのお願い

  1. ご記入については、求人申込書記入例を参考にしてください。
  2. 自由応募は、学生が直接貴社に受験の意思を伝える応募方法です。原則として、自由応募でお願いいたします。
  3. 書類の提出方法については、学生が貴社に直接持参または郵送するのを原則としています。なお各証明書類の発行は、成績証明書が4月上旬以降、健康診断書が4月上旬以降、卒業見込み証明書が5月上旬以降となります。
  4. ご内定いただきました学生につきましては、学部・氏名をお手数ですが、文書にて大学までご通知くださいますようお願いいたします。
  5. お手数ですが、在籍者名簿がありましたら、ご恵送いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

    excel 在籍者名簿フォーム(EXCEL版)
    (貴社作成の名簿でも結構ですのでどうぞご協力下さい。)

応募書類・採用選考などについてお願い

 大学等関係団体就職問題協議会では日本経済団体連合会に対し、採用選考にあたって就職差別につながる恐れのある戸籍謄本(抄本)住民票などの書類提出を求めない、また、採用活動は男女雇用機会均等法及びその指針の趣旨に則って行われるべきであることを求めています。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


姫路獨協大学は、人間形成と新しい時代に対応できる能力育成に力を入れています。

組織図 姫路獨協大学 学部・大学院

語学教育について 語学教育について

 本格的なボーダーレス時代を迎え、ビジネス社会では国際感覚や語学力が必須の素養として求められています。「獨逸学協会」を淵源とする本学は、生まれながらにして語学教育に強いのが特徴。外国語学部ばかりでなく、全学的に語学教育に力を注いでいます。
 また、開学と同時に国際センター(現国際交流センター)を設置し、海外の大学・教育機関と提携して学術交流、留学生交流を積極的に推進してきました。学内での授業ばかりでなく、毎年多くの学生が海外に留学しています。また、海外からの留学生も積極的に受け入れ、まさに国際化時代にふさわしい人材が次々と育っています。

情報教育 学部学科の枠を超え、全学的に情報教育に力を注いでいる大学です。

 経済学と情報科学とを合体させて、全国で初めて経済情報学部を開設した経緯からも明らかなように、本学では開学当初から情報教育を重視しています。本学の情報教育は、情報化時代に即した人材の育成を目指し、1年次で必修になっているWordによる文書作成、表計算システム、電子メールの操作等の習得から始まって、プログラミングやデータベース利用、データ解析、ネットワーク構築など高度なレベルの情報専門教育を行っています。


就職支援 就職指導を教育の一貫として位置づけた就職支援

就職ガイダンスの実施

 就職希望の学生が満足のいく就職が出来ることを最優先に考え、3年次生から就職ガイダンスを実施し、就職に対する心構え、自己分析、業界・企業研究、活動方法を中心に指導しております。特に、学生個々の対応を最重要視し、就職希望学生の全員に対して、個人面談並びに履歴書添削・面接訓練等を実施するなど、学生が満足度の高い就職を果たせるよう求人とのベストマッチングを目指しております。

業界セミナー、学内企業セミナーの開催

 就職活動が円滑に進められるよう様々な業界・企業の採用担当の方から、各業界の内容や動向などの最新情報を学び把握するため、業界セミナーを開催しております。また、本学の後援会組織「播磨会」や多くの企業のご協力を得て、学内で企業セミナーを開催し、効果的に就職活動が行えるよう支援しております。


実用的な資格取得の講座

 社会のニーズに対応できる資格取得を支援する、実用英語講座(TOEIC、英検)、日商簿記講座、社会保険労務士講座、宅地建物取引主任者講座、MOS講座、Linux講座、ファイナンシャル・プランニング講座、秘書検定講座を開講し、又、法学検定・経済学検定の受験を勧奨するなど学生のスキルアップを図っております。

就職支援体制の充実

 キャリアセンターでは、インターネットによる情報収集、エントリーも円滑に行えるように常時使用できるパソコンを配備し、学生に開放しております。
 就職希望の学生全員に就職活動の要点などを掲載した就職冊子を配布し、様々な場面で活用するよう指導しております。


低学年児からの就職支援

 1年次生から、職業観、社会観を醸成する授業を実施し、2年次生からは、企業から求められる能力(ディベート、プレゼンテーション、リーダーシップ、問題解決能力等)を実践的に学習する授業やインターンシップを実施し、学習意欲の喚起、就職意識の育成、自己の適性把握、創造性・自主性の養成などに努めています。