イベント情報

詳細ページ

一覧へ戻る

「ひらめき・ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~」 実施報告

2008/09/02

顕微鏡写真こんな写真がとれました講義風景講義風景真剣に実験真剣に実験

平成20年8月2日(土)と3日(日)、薬学部において独立行政法人日本学術振興会主催の体験学習会~ひらめき☆ときめきサイエンス~"生体を守る細胞内小器官の不思議-ミクロの世界へでかけよう"を実施しました。地元姫路西高校をはじめ、10人の理科好きの高校生が参加しました。午前中は、本プログラムに関するテーマについて聴講し、引き続いての薬学部内ツアーと明るいテラスでの昼食でリラックスしました。午後からは実験三昧、生きた白血球の動画観察と免疫染色法を利用した細胞骨格タンパク質の蛍光ラベルを行いました。マイクロピペットの使い方から標本の完成まで、全員が自分のシャーレに向かって真剣な表情で取り組みました。仕上げは共焦点レーザー顕微鏡での観察、暗闇のなかに、美しい蛍光像が現れると、思わず「すごい!」「きれい!」という声があがり感動の瞬間を共にしたひとときでした。最後に、お気に入りの顕微鏡写真が収まったCDとそのケースを兼ねた修了証書を受け取って修了です。この経験が、少しでも"生命を科学する楽しさ"を伝えられていたら嬉しいなと思っています。(文責 通山)

ページの先頭へ