イベント情報

詳細ページ

一覧へ戻る

第3回バンベの会開催(報告) [外国語学部] 

2013/01/07

名札をつけて自己紹介

留学生も参加

ひらがなビンゴ上位勝者

景品もたくさん用意しました

 昨年12月20日(木)19時より、城東公民館にてクリスマス会を兼ねた、
第3回バンベの会を開催しました。「バンベ(bạn bè)」とはベトナム語で「友達、仲間」という意味です。
 本学日本語教育ボランティアグループでは、毎週木曜の19時から20時半まで城東公民館において姫路市在住外国人のための日本語学習支援をおこなっています(城東日本語教室)。この日本語教室の特徴は本学外国語学部の日本語教員養成プログラムで学ぶ学生が中心となり、ボランティアとして参加していることです。
 一昨年度(2010年度)からは、城東日本語教室に参加している学習者とボランティアとの交流をより一層深めるため、年に1回「バンベの会」を開催しています。ボランティア学生の大半は国際交流倶楽部に所属しており、学内では留学生との交流を図るべく、いろいろなイベントを実施しています。
 昨年度の反省を踏まえて、限られた時間を最大限に生かした交流会にしようと、学生たちは準備段階から協働作業に取り組みました。当日のプログラムは、自己紹介から始まり、食事をしながら、おしゃべりをしてお互いに打ち解けたところで、ひらがなビンゴゲーム、そして最後はクリスマスソング(ジングルベル)を日本語で合唱して、お開きとなりました。ボランティア学生の役割分担のおかげで、バンベの会は手際よく進行し、最後の後片付けまで、みんなで協力して、アッという間の楽しい1時間半でした。
 これからも、このバンベの会が続くことによって、姫路市に暮らす人々の相互理解の場となることを願っています。

ページの先頭へ