イベント情報

詳細ページ

一覧へ戻る

市民公開講座『今最も恐れられている病気;認知症について』 [播磨会]

2015/10/09

終了しました。多数のご来場ありがとうございました!

平成27年度 市民公開講座「今最も恐れられている病気;認知症について」主催:姫路獨協大学 姫路獨協大学播磨会  後援:姫路市教育委員会

 現在、65歳以上の日本人の15%が認知症であると考えられています。厚生労働省は約462万人が認知症であることを 明らかにしています。今後、65歳以上の4人に1人が認知症とその“予備軍”になることが予測されており、最も恐れられている疾患の一つといわれています。今回の講座はこの認知症(アルツハイマー病)の予防や治療(ケア、リハビリ)についてわかりやすくお話します。

第1講 11月20日(金) 14:40~16:10
認知症について

認知症の現状
認知症の種類
認知症の病理的変化

講師:山中悠紀
姫路獨協大学医療保健学部理学療法学科 准教授
吉備国際大学保健科学部理学療法学科 卒業
札幌医科大学大学院保健医療学研究科 修了
理学療法学博士

第2講 11月27日(金) 14:40~16:10
認知症予防と対策について

認知症の症状
認知症の予防方法
認知症チェック

講師:水野智仁
姫路獨協大学医療保健学部理学療法学科 助教
吉備国際大学保健科学部理学療法学科 卒業
新潟リハビリテーション大学大学院
リハビリテーション研究科摂食燕下障害コース 修了
リハビリテーション医療学 修士

第3講 12月4日(金) 14:40~16:10
認知症の治療について

認知症の早期治療
認知症の薬物療法
認知症のケア、リハビリ

講師:村上仁之
姫路獨協大学医療保健学部理学療法学科 准教授
高知医療学院 卒業 理学療法士
首都大学東京大学院保健科学研究科修士課程終了
同上 博士課程修了 理学療法学博士

会場
姫路獨協大学 創立20周年記念ホール
受講料
無料
定員
200名 (先着順、定員になり次第締め切り)
お申込み

平成27年11月3日(火)までに往復ハガキ(電話・FAX不可)で
姫路獨協大学 播磨会事務局までお申し込みください。

※ハガキには住所、氏名、電話番号、「市民公開講座参加希望」と明記し、返信用にも必ず住所、氏名、郵便番号をご記入ください。
※1枚のハガキで2名様までお申し込みいただけます。

お申込み先/
お問合せ
姫路獨協大学 播磨会事務局
〒670-8524 姫路市上大野7丁目2番1号

079-223-6564


ページの先頭へ