イベント情報

詳細ページ

一覧へ戻る

2011年度 第1回読書会を開催しました [学習支援センター]

2011/05/27

 5月25日(水)18:00~、学習支援センター主催の2011年度第1回読書会が開催されました。
 経済情報学部を中心に法学部の学生、大学院生および各学部の教員そして事務職員の合計23名が参加し、課題図書『日本語と外国語』(鈴木孝夫著・岩波新書)を読んで思ったことを述べていきました。
 同じ本を読んでも感じることは千差万別で、一人ひとりの感想を語りながら、思わぬ方向に話が進むこともあったりして・・・。テーマが身近なものだったこともあり、和気藹々とリラックスした感じで時間が流れていきました。

 読書会の大きな特徴は、全学部、全研究科、全学年の学生たちと、全学部、全部署の教職員が一同におしゃべりできる唯一の場であるということです。読書会で議論することはもちろん、お互いに顔を見せ合い、コミュニケーションをとることにこの会の意義があるのです。教職員の皆さんにとっては自分自身の大学時代を思い出す機会でもあり、学生たちがどのようなことを考えているかを知る機会にもなります。また、教員の個人的な面白い話も聞ける機会にもなります。

 次回第2回読書会は、『街場のメディア論』(内田樹著・光文社新書)を課題図書に、6月30日(木)に開催します。
 皆さん、この機会に読書に勤しみ、奮って読書会に参加しましょう。

ページの先頭へ