新着情報

News

2017年 ユニバーシアード競技大会 台北 女子サッカー 応援 [こども保健学科]

 

山口千尋さん(こども保健学科)、大活躍!!

大学生のオリンピックといわれるユニバーシアード競技大会が、2017年8月19日から30日までの12日間、台北(台湾)で行われました。19競技275種目(デモンストレーション競技も含む)で、世界の学生たちが熱い戦いを繰り広げたのです。

 

 

 

その中で、女子サッカー日本代表に、本学医療保健学部こども保健学科3年生の山口千尋さんが選出されました。本学にとって初めての快挙です。山口さんの活躍を期待し、大学の壮行会が開かれました。また、こども保健学科でも学科独自の手作り壮行会を開き、山口さんを送り出しました。学科では、山口さんの雄姿を見ようと台北に応援に行きました。

 

 

女子サッカー日本代表チームは、初戦コロンビア戦は14-0で大勝、第2戦ブラジル戦は1-3で惜しくも敗れましたが、日本唯一の得点を山口さんがあげました。山口さんは、この時「最後までスタンドでたくさんの方が応援してくださり、力になり1点返すことができてよかったです。(中略)2位でノックアウトステージに進むことができるのでまた上を向いて、一丸となって戦いたいと思います。」とコメントをしています。感謝の気持ちを持ち、決して諦めない山口さんらしいコメントだと思いました。

続いて準々決勝ではメキシコと対戦し、3-2で勝利し、準決勝では4-0と南アフリカを破りました。この時、山口さんは冷静なプレーがひかり、2得点を挙げています。

いよいよ決勝戦。相手は、第2戦で敗れたブラジルです。両チームともに互角の戦いでしたが、延長戦で失点し、0-1の惜しい結果となりました。山口さんはスターティングメンバーで出場し、力いっぱい戦ってくれました。

女子サッカーチームは初優勝を目指し、果敢にプレーをしましたが、銀メダルという結果でした。優勝こそ逃しましたが、銀メダルは立派だと思います。そこに本学の山口さんが大きく貢献したこと、本当にうれしく誇らしく感じています。この経験を活かし、山口さんがさらに大きく成長することを願っています。

山口さん、おめでとう。

 

 

 

学科長 大塚優子