入試情報

Admissions Information

公募推薦入試とは

公募推薦入試とは、出願資格を満たした者に対し、学力試験・小論文・調査書などを課して合否を判定する入試方法です。

募集学群・学部・学科

+を押すと学群・学部・学科の
アドミッション・ポリシーが表示されます

前 期 小論文型 中 期 後 期

人間社会学群

多様化し境界横断化する現代社会を見据え、本学の人間社会学群は、人文・社会・自然科学に関する幅広い教養を身に付けるとともに、それぞれが外国語、法律、経済情報に関係する専門分野を深く修めることによって、人間社会の諸問題に正対できる人材を育成する。このような基本方針のもと、人間社会学群に属する3つの学類(2年次より)はそれぞれのアドミッション・ポリシーに記載しているような人を求めている。

医療保健学部

理学療法学科

  • 思いやりと寛容の心を持ち、他者との信頼関係を構築できることを強く希望する人
  • 理学療法士としてチーム医療に参加するための協調性および主体的に解決していこうとする積極性を有する人
  • 常に最新の知識・技術の修得に努力し、将来の理学療法業務に活かしていこうと考える人

作業療法学科

  • 相手の気持ちをくみ取り、協調性を持って行動でき、尚かつ積極的で建設的な自分の意見や考えを主張できる人
  • 専門職としての必要な技術知識を修得する意欲がある人
  • ボランティア活動に意欲を持っている人

言語聴覚療法学科

  • 協調性があり、他人に対する思いやりがある人
  • 幅広い知的好奇心を持つ人
  • 専門職としての知識と技術の修得を志し、その修得に努力ができる人

臨床工学科

  • 患者様中心の医療を担える思いやりのある人
  • 医療者を目指す自覚とチーム医療で必須となる協調性のある人
  • 何事にも好奇心ならびに探究心旺盛で積極的に医学・工学の発展に寄与する意志がある人

薬学部

「大学は学問を通じての人間形成の場である」という建学の理念を基に、教育目標、ディプロマ・ポリシーおよびカリキュラム・ポリシーのもと、医療を担う者としての高い倫理観、薬剤師として必要な高度な知識と技能を学ぶ強い意志と協働性をもった、次のような人を求める。

  • 薬学を学ぶために必要な基礎学力を有している人
  • 何事にも積極的に取り組む学習意欲が旺盛な人
  • 薬学における最新の知識・技能を修得し、薬剤師として社会貢献することを目指す人
  • 良き医療人になるために必要な思いやりと協調性、およびコミュニケーション力を身につける努力のできる人

募集学群・学部・学科(募集人員)

募集人員
人間社会学群 140名
医療保健学部
理学療法学科 20名
作業療法学科 20名
言語聴覚療法学科 13名
臨床工学科 20名
薬学部 30名

出願資格

前期・中期・後期

次の条件を満たす者

  • 学業成績、人物ともに優れ学校長が推鷹する者
  • 以下のいずれかを満たす者
    • ①高等学校または中等教育学校を卒業した者および2019年3月に卒業見込みの者
    • ②通常の課程による12年の学校教育を修了した者および2019年3月に修了見込みの者
    • ③学校教育施工規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者および2019年3月31日までにこれに該当する見込みの者

小論文型

次の条件を満たす者

  • 高等学校等の全体の評定平均値が3.0以上(臨床工学科は3.3以上)で学業成績、人物ともに優れ学校長が推薦する者
  • 以下のいずれかを満たす者
    • ①高等学校または中等教育学校を卒業した者および2019年3月に卒業見込みの者
    • ②通常の課程による12年の学校教育を修了した者および2019年3月に修了見込みの者
    • ③学校教育施工規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者および2019年3月31日までにこれに該当する見込みの者

スケジュール

前 期 小論文型 中 期 後 期
出願期間[ 締切日必着 ]
※最終日のみ窓口出願可
10/1~10/25 10/1~10/25 10/1~11/13 10/1~11/27
試験日 11/4 11/4 11/18 12/1
合格発表日 11/10 11/10 11/25 12/11
入学手続期間1 11/12~11/26 11/12~11/26 11/26~12/14 12/12~12/26
入学手続期間2 11/12~1/21 11/12~1/21 11/26~1/21 12/12~1/21
試験地 本学
大阪
神戸
豊岡
岡山
松山
本学 本学
福知山
大阪
神戸
岡山
高松
本学
大阪
岡山
広島
高松

優遇制度

人間社会学群では、資格評価および課外活動等評価で認定された者は合否判定時に考慮します。
また、その他評価対象者は、筆記試験(小論文含む)を免除し、面接のみで選考を行います。

評価対象:人間社会学群

資格評価

  • 実用英語技能検定準2級以上
  • TOEIC 400点以上
  • TOEFL(iBT)40点以上
  • IELTS 3.5以上
  • ITパスポート試験
  • 日本漢字能力検定2級以上
  • 実用数学技能検定準2級以上
  • 日商簿記検定3級以上
  • 全商簿記実務検定2級以上

下記の資格は、特別に評価します。

  • 実用英語技能検定2級以上
  • TOEIC 470点以上
  • TOEFL(iBT) 45点以上
  • IELTS 4.0以上
  • ドイツ話技能検定4級以上
  • 中国語検定4級以上
  • スペイン語技能検定6級以上
  • 韓国語能力試験1級以上
  • ハングル能力検定4級以上

課外活動等評価

課外活動等で上位成績を収めた者、高等学校公認の課外活動または生徒会活動をまじめに続けてきた者

その他の評価

本学主催の「高校生英語スピーチコンテスト」において本選出場した者

試験科目・時間

詳細な試験科目・時間は、2019年度学生募集要項でご確認ください。

前期・中期・後期

学群・学部・学科 基礎学力テスト教科・科目(●必須、△選択) 試験時間 配点 合計点
人間社会学群 △英語 「コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・英語表現Ⅰ」 2科目選択 2科目120分 100点×2科目 300点
△国語 「国語総合」(漢文除く)
△数学 「数学Ⅰ・数学A」
調査書 全体の評定平均値を20倍 100点
医療保健学部
  • 理学療法学科
△英語 「コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・英語表現Ⅰ」 2科目選択 2科目120分 100点×2科目 250点
△国語 「国語総合」(漢文除く)
△数学 「数学Ⅰ・数学A」
△理科 「化学基礎」、「生物基礎」から1科目選択
調査書 全体の評定平均値を5倍(25点)・理科の評定平均値を5倍(25点) 50点
医療保健学部
  • 作業療法学科
△英語 「コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・英語表現Ⅰ」 2科目選択 2科目120分 100点×2科目 250点
△国語 「国語総合」(漢文除く)
△数学 「数学Ⅰ・数学A」
△理科 「化学基礎」、「生物基礎」から1科目選択
調査書 全体の評定平均値を10倍 50点
医療保健学部
  • 言語聴覚療法学科
  • 臨床工学科
△英語 「コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・英語表現Ⅰ」 2科目選択 2科目120分 100点×2科目 300点
△国語 「国語総合」(漢文除く)
△数学 「数学Ⅰ・数学A」
△理科 「化学基礎」、「生物基礎」から1科目選択
調査書 全体の評定平均値を20倍 100点
薬学部 △英語 「コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・英語表現Ⅰ」 1科目選択 2科目120分 100点×1科目 325点
△国語 「国語総合」(漢文除く)
△数学 「数学Ⅰ・数学A」
●理科 「化学基礎・化学」 200点
調査書 全体の評定平均値を5倍 25点

特待生選考は、2教科2科目の合計点で判定を行います。
※1. 高等学校卒業後、一定期間を経た者のうち、高等学校から調査書が発行されない場合は、志望学群・学部・学科の志願者の「調査書の評定平均値」(小数点第2位を四捨五入)の平均を「評定平均値」とします。
※2. 試験教科(医療保健学部)の理科のうち基礎を付した科目は、教科書に記載されている「発展」の内容まで出題範囲に含みます。

小論文型

学群・学部・学科 受験科目(●必須) 試験時間 配点 合計点
人間社会学群 ●小論文 60分 100点 200点
医療保健学部
  • 臨床工学科
●面接 20分 50点
調査書 全体の評定平均値を10倍 50点

※ 高等学校卒業後、一定期間を経た者のうち、高等学校 から調査書が発行されない場合は、出願できません。小論文型以外の入試では出願できます。

各資料ダウンロード

  • ※今年度の募集要項については近日公開いたします。