学部・大学院

姫路獨協大学 こども保健学科

こどもが初めて家庭を離れて学び育つ場が保育園や幼稚園、認定こども園です。 こどもの生活にある嬉しい、楽しい、寂しい、悲しいといった内なる世界も含め、 あるがままの姿を受け止めることから保育は始まります。 こどもが育つ過程に寄り添い、共にする、 そういうしなやかな強さと聡明さのある「先生」を目指します。


学びのポイント

保育士資格・幼稚園教諭一種免許状の取得

保育園、幼稚園、認定こども園などで勤務するうえで必要な2つの資格免許を卒業と同時に取得することができます。

養護教諭一種免許状の取得も可能

養護教諭併修コースでは、保育士資格・幼稚園教諭一種免許状に加えて、養護教諭一種免許状を取得することもできます。

進路に応じた学外施設実習

保育園、幼稚園、認定こども園、児童センター、児童養護施設、病院、小学校、など、進路に応じた学外実習を用意しています。

一人ひとりをしっかりサポート

学年担任制、ゼミ担当制により、履修指導から学習の進め方、学生生活のこと、就職活動までこまやかに指導します。


授業ピックアップ

ピアノ演習 I~IV

こどもの音楽表現活動には保育者のピアノ演奏は欠かせません。 演奏の基礎的技術を身に付け、表現力を高めて、こどもの感性に働きかけることを目指します。


田中麻貴 准教授


授業は一人ひとりの課題に合わせた進度で実施。ピアノ経験がない、あるいは楽譜を読むことが苦手でも確実にピアノが弾けるようサポートしていきます。


自分理解・こども理解の心理学

心理学の理論をもとに、こどもたちの心について考えていきます。 そして、心理学の理論をもとに、自分自身の心について考えます。


井上光一 教授


こどもたちを理解するためには、まず自身のことを理解していることが大切です。 大学4年間でじっくりと自分に向き合ってほしいと思います。



応用実技

保育の現場に即した実技を修得するため、年間行事の中から生活発表会を取り上げ、舞台劇を学生たちが作り上げます。 近隣の園児さんに見ていただき、こどもたちの反応から保育に必要な表現、環境等を学びます。


松村雅代 准教授


将来、保育士や幼稚園教諭を目指す学生は、こどもたちと一緒に活動することで保育の力を養成。仲間と立案・準備する過程で、互いに認め合い協力する姿勢を養います。


看護援助技術

養護教諭には、身体症状を確実に観察することが求められます。そのため、身体症状の観察とその判断に必要となる知識と技術の基礎を学びます。


森脇裕美子 准教授


こどもの身体症状をよく観察することで、心身の健康問題を発見できることがあります。 養護教諭に最も求められる能力を身に付けてください。



いつでも大学見学

卒業生からのメッセージ

images

勤務先: 姫路市総合福祉通園センター 姫路市立つくし児童園
山口 由太 さん
(こども保健学科 2012年3月卒業)

「男性保育士として保育業界を引っぱってほしい」
先生からいただいた言葉は大きな支えです。

園に通うのは主に自閉症や発達障がいがあるこどもです。 初めは一人ひとりの特性を把握することもクラス運営もままならない状態でしたが、 毎日接するうちに対応の仕方も見えてくるようになりました。 保育士としてサポートしたことがこどもの「成長」として表れた時は、本当にうれしいですね。 学生時代、先生に「男性保育士の存在をアピールし、保育業界を引っぱってほしい」と言われました。 そのためには「諦めずに続けること」が何よりも大切。 幸い、こども保健学科の学生はとても仲が良く今でも頻繁に交流をしています。 そうした大学時代の仲間の存在が仕事を続けるモチベーションにつながっていることは間違いありません。 少人数制ならではの仲の良さや、先生や構内施設のサポートの手厚さなど、恵まれた大学時代だったと思います。

images

勤務先: 香川県 観音寺市立観音寺保育所
山本 紗規子 さん
(こども保健学科 2013年3月卒業)

医療系学部で学んだからこそ、得た力がある。

現在、保育士として働き始めましたが、医療的知識や技術、又発達障害のある子どもたちへの関わり方や知識などの大切さを改めて実感しています。
保育所にいる看護師や保護者の方々、保育士間などで子どもたちの病気や障害のことについて話す機会が度々あります。 医療系学部で知識や技術を学んでいたこともあり、話の内容が分かり、子どもたちの支援を一緒に考えたりしています。
また、日々の健康観察や救急処置など、看護学や臨床看護実習で学んだことはすぐに現場でも生かすことができています。


取得を目指す資格・免許

こども保健学科 取得を目指す資格・免許・民間及び任用資格

ページの先頭へ