学部・大学院

外国語学部 最新情報 詳細

一覧へ戻る

交換留学生送別会を開催(報告)[外国語学部・国際交流センター]

2013/01/29


学部長挨拶

歓談光景

春季JIP参加者自己紹介の様子

帰国する交換留学生挨拶

参加者全員で記念撮影

 去る1月23日(水)17時より学生食堂2階にて、本年度前期から外国語学部に受け入れた交換留学生の送別会が行われました。

 今回、帰国するのは韓国(国民大学校、慶南大学校)、オーストラリア(マードック大学)、台湾(国立屏東商業技術学院)からの交換留学生と中国・山西省からの姫路市委託留学生の計8名です。本年度の春季JIP(日本語教育海外実習)で、国民大学校、慶南大学校、香港城市大学専上学院、台湾国立屏東商業技術学院へ日本語教育インターンとして参加する学生(学部3・4年次生、大学院生)も出席しました。

 彼/彼女たちは香港、台湾へは2月下旬から約4週間、韓国へは3月上旬から約3週間、本学との協定大学で日本語を学んでいる学生さんを対象に日本語教育実習を行います。帰国した交換留学生たちと、インターンとして参加する本学の学生たちが、今度はJIP受け入れ先で再会し、お世話になることでしょう。初めて顔合わせをした者もいましたが、メールアドレスの交換などをして、早速、学生同士で打ち解けた様子です。

 この送別会には外国語学部長をはじめとする教員だけでなく、交換留学生が日頃お世話になっている国際交流センターや教務課の職員の方々も参加してくださり、30数名が集いました。司会は、日本語専攻の学生(日本人と留学生)が担当してくれました。最後に帰国する交換留学生には、留学生活を振り返って、一人ずつ簡単なスピーチをしてもらいました。

 中には涙ぐみながらの挨拶もあり、参加者も感無量の面持ちでした。また、当日、誕生日だった交換留学生のために参加者全員で“Happy birthday to you!”の歌を合唱して、祝福しました。

 短い時間でしたが、最後まで名残を惜しみながらの散会となりました。帰国しても姫路獨協大学での留学生活を忘れないでくださいね。

 4月からは新たに3名の交換留学生(韓国・オーストラリア)が外国語学部に入って来る予定です。


ページの先頭へ