学部・大学院

外国語学部 最新情報 詳細

一覧へ戻る

国際交流倶楽部同好会、志湧祭に参加(報告) [学生課・国際交流センター・外国語学部・言語教育研究科]

2013/10/23

去る10月19日(土)・20日(日)、10時より志湧祭(しようさい)が開催され、国際交流倶楽部は昨年に引き続き今年も参加しました。両日とも雨に降られるあいにくの天気でしたが、2日目は、午後から入試直前相談会、高校生英語スピーチコンテストも開催され、雨天にしてはまずまずの人出でした。
会場の206B教室には、部員たちが中心となって活動している城東日本語教室の写真や外国語学部で毎年実施している「異文化理解研修」のシンガポールについての説明・写真などの展示をしました。




教室前方のスクリーンにはK-POPや外国映画を映し出し、観覧できる席を用意しました。また、昨年から始めた、韓国・朝鮮の民族衣装を着て、「国際交流倶楽部」の文字をバックに記念撮影をし、できあがった写真をその場でプレゼントするという企画は、今回、民族衣装の種類が増えこともあり、今年も大変人気がありました。


会場前の廊下では、韓国のカップ麺を販売しました。これも昨年の志湧祭で初めて試みたのですが、完売したことから、本年度は仕入れ数を増やし、カップ麺も昨年の3種類から5種類に増やしました。その結果、今年の売上げは昨年以上の黒字となっただけでなく、昨年の参加者のリピーターがいたことも、部員にとっては嬉しいことでした。雨で気温も低めだったことが幸いしたのか、室内でK-POPを観覧しながら辛い韓国麺を味わって、身体も温まり、ゆっくりしていただけたようです。

この志湧祭参加のために準備をしてきた部員の皆さん、本当にお疲れ様でした。皆で揃いの黄緑色のTシャツを着て、士気も高まりました。今回の成果を励みに来年度に向け、部員一同、この国際交流倶楽部の活動が一層活気づくようにと意気込んでいます。


最後に、悪天候にもかかわらず、ご参加くださった来場者の皆さま、ありがとうございました。

ページの先頭へ