学部・大学院

外国語学部 最新情報 詳細

一覧へ戻る

平成27年度兵庫県「大学連携による地域力向上事業」活動報告 [外国語学部]

2015/10/30

 平成27年度兵庫県「大学連携による地域力向上事業」として「加西市上万願寺町内の新たな「観光名所」発掘による地域の国際化の試み―『観光マップ作り』」(外国語学部共同研究チーム、代表 奥田 寛)が採択されました。
 10月3日(土)~4日(日)秋晴れのもと、協働団体「NPO法人原始人の会」による周到な準備に支えられ、第1回現地調査が教員、学生合同で実施されました。
 1泊2日で、上万願寺町内の「磯崎神社、若一神社、東光寺、金剛院、久学寺、原始人交流館、宿泊施設「古民家」、万願寺川、女切り峠、桐箱雅」の写真・動画撮影、当地の関係者へのインタビュー取材を無事終え、有益な「基礎資料」を収集することができました。
 今回は、兵庫県地域振興課の桑田さん、上万願寺町関係者にも参加していただき「大学、地域、行政」三位一体の協働プログラムであることが強く実感できるものでした。  次回は、11月下旬(11月21日)、学生が上万願寺町内の各施設を歩きながら「現地のイメージ」を十分に反映した、学生視点によるユニークな「観光マップ」を作成したいと思います。
 東光寺の仁王像は、運慶作と伝えられています。実際に見て大変興奮をいたしました が、だいぶ傷んでおり、少し悲しい気持ちにもなりました。地元の方のお話では修復費用がずいぶんかかるとのことです。
 尚、兵庫県「大学連携による地域力向上事業の活動状況」の詳細は、以下のWebでご覧ください。

(外国語学部 奥田 寛)

ページの先頭へ