お知らせ

2017. 8.25 第40回溶液化学シンポジウム(姫路)口頭発表・ポスター発表プログラムを公開しました。
ポスター発表プログラムはこちら(PDF 468KB)
口頭発表プログラムはこちら(PDF 333KB)
2016. 6. 3 薬学部 岡村教授らの論文が、日本膜学会 論文賞を受賞!
2016. 2.17 安岐助手・岡村教授、ペプチド結合の切断をリアルタイムで観測し、異常型D-アミノ酸が蓄積する仕組みを明らかに:Scientific Reportsに論文が掲載されました
2014. 4 22 メンバーを更新しました
2013. 5 27 岡村恵美子教授の研究が「ひょうご科学技術協会 学術研究助成」に採択・贈呈式に出席しました
2013. 5 20 研究内容研究業績を更新しました
2013. 5 20 細胞サイズベシクル中の分子の揺らぎと運動状態をNMRで観測!
2013. 5. 1 メンバーを更新しました
2013. 1.11 研究業績(2012)を更新しました
2012.10.19 メンバートピックスを更新しました
2012.10. 3 岡村 恵美子教授が「第11回油化学会オレオサイエンス賞」受賞式に出席しました
2012. 9.25 岡村 恵美子教授らの論文が「第11回油化学会オレオサイエンス賞」を受賞!
2011.11.25 研究内容メンバー研究業績2010,2011)、トピックスを更新しました

2010. 6. 2 吉井 範行准教授が2010年度「日本膜学会膜学研究奨励賞」受賞式に出席しました(2010年5月)
2010. 3.15 吉井 範行准教授が2010年度「日本膜学会膜学研究奨励賞」受賞!
2010. 1.13 研究業績(2009)を更新しました
2009. 8. 5

岡村 恵美子 教授の研究が、文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究「揺らぎが機能を決める生命分子の科学」の公募研究に採択されました(2009年7月27日)

2009. 6. 9 岡村 恵美子 教授が「第2回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント」授賞式に出席しました(2009年6月2日)
2009. 6. 5 研究業績(2009)を更新しました
2009. 6. 5 吉井准教授・岡村教授、
薬剤分子の「膜への結合」と「解離」の速度論を発表。Chemical Physics Letters誌に論文掲載(2009年5月27日)
2009. 6. 2 研究紹介(2)を更新しました。
2009. 3.18 岡村恵美子教授が「第2回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント」を受賞しました!(2009年3月16日))
2009. 1. 9 薬学部・吉井範行准教授「国際水・蒸気性質協会 ヘルムホルツ賞」受賞講演会、ならびに薬学部主催・公開講演会「生命の起源と水」が開催されました
(2008年12月18日)
2008.12. 4 岡村教授・吉井准教授
「モデル細胞膜への薬剤の結合と運動状態のin situ NMR 計測」成功!
The Journal of Chemical Physicsに論文を発表(2008年12月2日)
2008.11.20 教科書「薬学生のための生物物理化学入門」(廣川書店)刊行!
岡村教授が分担で執筆しています
2008.11. 4 公開講演会のお知らせ
タイトル「生命の起源と水」
2008年12月18日(木)18時から薬学部棟6階講義室
詳しくはコチラをご覧ください
皆様のご来聴をお待ちしております
2008.10.31 岡村教授がアメリカ合衆国ピッツバーグを訪問し、University of Pittsburghにて招待講演を行いました(2008年6月19日)
2008.10.30 岡村教授、吉井准教授が学会で発表します(予定)
  
 ・第31回 溶液化学シンポジウム(2008年11月12日~14日 近畿大学)
    発表タイトル「薬剤分子の脂質膜への結合に関する動的NMR
                                 および分子動力学計算による研究」
    発表者:吉井範行、岡村恵美子     
                                                   溶液化学シンポジウムのHP
 ・膜シンポジウム2008(2008年11月14日、15日 大阪大学)
    発表タイトル「動的多核NMRと分子動力学計算による
                                       薬物の脂質二分子膜への結合解析」
    発表者:岡村恵美子、吉井範行
                                                        膜シンポジウムの案内
 ・分子シミュレーション討論会(2008年11月17日~19日 岡山大学)
    発表タイトル「脂質膜と薬剤分子との相互作用に関する
                                         分子動力学計算」
    発表者:吉井範行、岡村恵美子
                                              分子シミュレーション討論会のHP
2008.10.29 第13回コロイド・界面実践講座のお知らせ
  2008年12月1日に
  「ナノ粒子の合成・分散・評価技術
     -ナノからの贈り物・新しい芽生え-」
が開催されます。詳しくはコチラをご覧ください
2008. 9.10 吉井准教授がIAPWS Helmholtz Awardを受賞し、講演を行いました