学部・大学院

経済情報研究科

教育課程の特色

専攻コースと構成

平成21年度からカリキュラムが改正され、より自由度の高い科目履修が可能になりました。各自の志望に応じた教育・支援が受けられるよう、以下の推奨履修コースにより、効果的な履修計画を立て研究を行います。

会計コース

会計学について基礎からしっかりと理論を学んだ後、会計学に関する研究を行い、最終的に修士論文をまとめます。修了すれば、税理士試験の受験に際して、会計科目の一部免除を申請できます。

マネジメントコース

企業や自治体などの様々な組織体は、情報化・国際化、さらに透明化への対応が求められています。刻々と変化する経営環境に適切で的確な対応を迅速にしなければなりません。この履修コースでは、企業や自治体などの様々な組織体を経営する際に抱える現代的な課題を研究します。

自由設計コース

企業、自治体、学校など、様々な組織で情報の一元管理化やシステム化が急速に進んでいます。パソコンを使えると言うだけでは、もはや役に立たない時代になってきました。この履修コースでは、現代の情報化社会の新しいニーズに応えるカリキュラムを提供します。

政治学専攻 政治学講座

学部を卒業した人や社会で働く現役の人、現役を退いた人など、それぞれの志望に合わせて最も効果的に目的を達成できるよう、自由に科目を構成できるコースです。経済学・経営学や情報処理を専門的に学びたい人のニーズに応えます。



カリキュラム


ページの先頭へ