学部・大学院

教職課程・資格(教育関係)学部


1.外国語学部・法学部・経済情報学部で取得できる教員免許・資格


学部学科 取得できる免許状及び資格の種類
中学校教諭
一種免許状
高等学校教諭
一種免許状
学校図書館
司書教諭
博物館
学芸員※2
社会教育
主事※2
小学校教諭
一種免許状※3
外国語学部
外国語学科
(外国語専攻)
英語※1 英語※1
外国語学部
外国語学科
(日本語専攻)
国語※1 国語※1
法学部
法律学科
社会 公民
経済情報学部
経済情報学科
社会 公民、情報

上記資格の取得を希望する場合は、説明会に参加し、所定の手続きを行わなければならない。

※1 外国語専攻の学生は「英語」、日本語専攻の学生は「国語」の教員免許状取得に要する単位を全て修得したうえで、他専攻で取得できる教員免許状取得に要する単位を全て修得した場合は、「英語」、「国語」両方の教員免許状を同時に取得することができます。
※2 博物館学芸員、社会教育主事 いずれかを取得できます。
※3 小学校教諭の取得については、下記「 3. 小学校教諭一種免許状取得プログラム 」を参照してください。

2.教員免許・資格を取得するまでのスケジュール


※詳細は、教職課程等履修の手引を参照してください。

教員免許状
学校図書館司書教諭

博物館
学芸員

社会教育
主事

1年次

教職課程・資格関係説明会に参加し、免許を取得するまでの計画を立て、1年次から開講している授業科目を履修し、単位を修得する。
  • 2年次

    教職課程履修登録ガイダンスに参加し、履修の手続きを行う。手続き後は、1年次に引き続き、免許状を取得するために必要な科目を履修し、単位を修得する。
    中学校免許状の取得希望者は、11月上旬に開催する介護等体験ガイダンスに必ず参加すること。
  • 2年次

    博物館学芸員履修登録ガイダンスに参加し、履修の手続きをすること。手続き後は、1年次に引き続き、資格を取得するために必要な科目を履修し、単位を修得する。
  • 2年次

    社会教育主事履修登録ガイダンスに参加し、履修の手続きをすること。手続き後は、1年次に引き続き、資格を取得するために必要な科目を履修し、単位を修得する。
  • 3年次

    教育実習参加登録ガイダンスに参加し、教育実習参加登録の手続きをすること。手続き後は、2年次に引き続き、免許状を取得するために必要な科目を履修・修得すること。介護等体験参加者は、事前指導でしっかりと準備し、実習を行うこと。
  • 3年次

    2年次に引き続き、資格を取得するために必要な科目を履修・修得すること。博物館実習希望者は、後期に行う研修旅行に参加すること。
  • 3年次

    2年次に引き続き、資格を取得するために必要な科目を履修・修得すること。
  • 4年次

    教育実習参加ガイダンスに参加し、教育実習参加の手続きをすること。教育実習事前・事後指導に必ず出席し、教育実習や後期に開講する教職実践実習を履修・修得すること。12月上旬に、教員免許状の一括申請説明会、学校図書館司書教諭に関する説明会、講師登録説明会を行うので、必ず参加すること。
  • 4年次

    博物館実習参加ガイダンスに参加し、履修の手続きをすること。手続き後は博物館実習を履修し、学外実習や研修旅行に必ず参加すること。
  • 4年次

    3年次に引き続き、資格を取得するために必要な科目を履修・修得すること。後期に開講する科目で、学外施設を見学する際は、必ず参加すること。
  • 卒業式において、教員免許状を受領。学校図書館司書教諭については、卒業後に講習修了証書を受領。
  • 卒業式において、博物館学芸員単位修得証明書を受領。
  • 卒業式において、社会教育主事単位修得証明書を受領。

3.小学校教諭一種免許状取得プログラムについて


本学では、在学中に神戸親和女子大学通信教育部児童教育学科(初等教育学コース)の科目等履修生として必要な科目を単位修得することで、小学校教諭一種免許状を取得することが可能です。
※但し、プログラムに参加するには本学での中学校教諭一種免許状取得が前提となります。


4.教員採用試験勉強会について (案内)


本学では、教員採用試験の合格を目指し、教職課程教員による教員採用試験勉強会を随時行っております。
(在学生・卒業生対象)


5.教員採用実績について


本学の教員採用実績については、下記リンクより閲覧できます。

教員採用試験実績

ページの先頭へ