学部・大学院

教員紹介

久保 成史 [くぼ まさひと]

【学部】経済情報学部経済情報学科: 教授
【学類】産業経営学類:教授
【大学院】経済情報研究科:教授 / 法学研究科:教授

専門分野

  • 経済法
  • 会社法

担当科目

    【学部】
  • 経済法
  • 企業法
  • 基礎演習B
  • 英書講読
  • ゼミ

【大学院】
  • 経済法研究 I
  • 経済法研究 II
  • 演習 I ・ II (経済法)

  • 経済法特殊講義 I
  • 経済法特殊講義 II

メッセージ

社会人になって、恥をかかない知識を授けること、それがモットーです。

学歴

専修大学大学院法学研究科博士後期課程修了
成城大学経済学部経済学科卒業

学位

法学修士

主な職歴

1999年 教授
1993年 助教授

所属学会

日本経済法学会
日本私法学会

著書・翻訳書

  • 『独占禁止法講義(第3版)』(共著):中央経済社(2014.4)
  • 『会社法新講義』(共著):中央経済社(2013・9)
  • 『独占禁止法講義(第2版)』(共著):中央経済社(2010)
  • 『独占禁止法講義』(共著):中央経済社(2008)

学会発表

  • 「合理の原則による審理の再検討」平成27年度日本経済法学会大会(於:白鷗大学 平成27年10月17日)

論文・解説

  • 「Rule of Reason の歴史と理論」経済情報学研究No.92(2017.1)
  • 「合理の原則による審理の再検討」日本経済法学会年報 第37号 <通巻59号>(2016.9)
  • 「米国医事法における反トラスト法の位置づけ―DOJ&FTCの共同声明におけるrule of reasonの運用とその拡大―」 経済情報学研究No.81 (2014.12)
  • 「Rule of Reason審理の実態:その約90%は合法― Michael A. Carrierの実証結果を拠り所として―」 経済情報学研究No.79 (2014.7)
  • 「アメリカ会社法の現在―州間競争におけるもう一つの課題―」 経済情報学研究No.77 (2014.1)
  • 判例解説「電鉄会社によるバス会社に対する株式保有・役員兼任(広島電鉄事件)「別冊ジュリスト経済法判例・審決百選」:有斐閣(2010.4)
  • 「法人所得税に関する州税論争―アメリカ会社法の一断面―」:経済情報学研究No.66 (2009.8)
  • 提言「競争とは何か、再考」:公正取引No.704(2009.6)
  • 「会社法の経済法的分析:競争法的アプローチ」経済情報学研究No.65(2009.3)
  • 判例解説「ジュリスト平成16年度重要判例解説(経済法1)」:有斐閣(2005)

学内委員など

  • 組換えDNA実験安全委員会 委員

ページの先頭へ