学部・大学院

教員紹介

山岸 規久道 [やまぎし きくみち]

写真

【学部】経済情報学部経済情報学科:学部長 教授
【学類】産業経営学類:学類長 教授
【大学院】経済情報研究科:研究科長 教授

【連絡先】

専門分野

  • 代数学

担当科目

学部・学類

  • 数学入門
  • 基礎数学
  • 情報数学
  • 日本書講読
  • ゼミ

大学院

  • 数理科学研究
  • 情報数理研究
  • 演習 II・III (数理科学)

メッセージ

数学で論理的な考え方をしっかり身につけましょう。論理的な考え方を自分のものにすることは決して楽ではありませんが,成し遂げたときの達成感は,数学が一番強く感じるのではないでしょうか。

学歴

東京理科大学大学院 理学研究科 博士課程 数学専攻 修了 (1984)

学位

理学博士(東京理科大学)

主な職歴

2000-
姫路獨協大学経済情報学部教授
1998-2000
同一般教育部教授
1987-1998
同一般教育部助教授
1985-1987
Koeln大学研究

所属学会

日本数学会
American Mathematical Society

著書・翻訳書

  • 『Recent aspect of the theory of Buchsbaum modules(東京都立大学数学教室セミナー報告)』(単著):東京都立大学数学教室 (1992).

論文・解説

  1. Buchsbaumness of certain generalizations of the associated graded modules in the equi-I-invariant case, Journal of Algebra 322(2009), p. 2861--2885.
  2. Buchsbaumness in the Rees modules associated to m-primary ideals in the one-dimensional case, Journal of Pure and Applied Algebra 181(2003), p. 309—323.
  3. Asymptotic property of the I-invariant of the associated graded modules, Communications in algebra 31(2003), p. 1031—1043.
  4. Buchsbaumness in Rees modules associated to ideals of minimal multiplicity in the equi-I-invariant case, Journal of Algebra 251(2002), p. 213—255.
  5. The associated graded modules of Buchsbaum modules with respect to m-primary ideals in the equi-I-invariant case, Journal of Algebra 225(2000), p. 1—27.

科学研究費補助金

  1. 課題番号:17540051,研究種目名:基盤研究(C)(1),研究代表者:山岸規久道,研究分担者:1名,研究課題名:USD列の基礎理論の解明とMacaulay化に関する川崎理論への応用,研究期間:2005-2008 (4年間)
  2. 課題番号:12640051,研究種目名:基盤研究(C)(1),研究代表者:山岸規久道,研究分担者:2名,研究課題名:USD列の基礎理論の構築Rees環の環構造の解明に関する研究,研究期間:2000-2003 (4年間)
  3. 課題番号:10640050,研究種目名:基盤研究(C)(2),研究代表者:山岸規久道,研究分担者:3名,研究課題名:USD列の基礎的研究と特異点改良問題への応用,研究期間:1998-1999 (2年間)

ページの先頭へ