学部・大学院

教員紹介

小西 紀一 [コニシ ノリカズ]

作業療法学科: 教授

【連絡先】

075-751-3958

小西教授メールアドレス

専門分野

○神経科学一般(神経科学)  ○公衆衛生学・健康科学(社会医学) 

担当科目

○作業療法学概論 ○作業療法理論特論 ○作業療法臨床入門 ○自閉症特論 ○初期臨床体験実習 ○障害児保育 
○卒業研究【金1・2・3・4ペア】 ○乳幼児のリハビリテーション【月5・水3ペア】 ○認知・言語発達学 
○発達障害児保育論 ○臨床見学実習

学歴

○ピュジェットサウンド大学大学院作業療法学部 その他 作業療法学 / 1980
○立命館大学 文学部 哲学科心理専攻 / 1972

学位

○理学修士

主な研究活動

論文、解説
  • 『 認知障害と感覚統合療法 』:理学療法ジャーナル
    『 障害児の早期発見、早期療育についての日比国際協力(共著) 』:療育研究小児科医会報(1997)
    『 感覚統合療法の効果(共著) 』:京都大学医療技術短期大学部紀要別冊健康人間学(1996)
    『 人間作業モデル:諸概念の最近の概要(共著) 』:作業行動研究(1996)
    『 発達障害領域における臨床と理論 』:作業療法ジャーナル(1995)
    『 自閉症と行為障害~感覚統合療法の適応~ 』:感覚統合研究第9集(1992)
    『 感覚統合療法概説 』:立命館文学鈴木教授退官記念号(1992)
    『 側方眼球運動の個人差について 』:第24回日本作業療法学会,作業療法(1990)
    『 就学前児に対する感覚統合療法の効果 』:第8回日本感覚統合障害研究会大会抄録集(1990)
    『 正常児の側方眼球運動 』:第4回京都大学医療技術短期大学部健康科学集談会(1989)
    『 小児の運動発達-4.知覚の発達 』:理学療法と作業療法(1985)
その他活動
発達遅滞児に対する感覚統合療法の効果(1992)
自閉症児に対する感覚統合療法の効果(1988)
精神障害に対する感覚統合療法の効果(1984)

ページの先頭へ