学部・大学院

教員紹介

山中 悠紀 [やまなか ゆうき]

医療保健学部理学療法学科:准教授


専門分野

呼吸理学療法学、身体運動学

担当科目

  • 理学療法研究法演習(卒業研究)
  • 理学療法総合演習
  • 理学療法学習基礎演習
  • 身体運動学実習
  • 身体運動学
  • 理学療法研究法(卒業研究)
  • 臨床見学実習
  • 臨床評価実習
  • 総合臨床実習

最終学歴  

札幌医科大学大学院 保健医療学研究科 博士課程後期 理学療法学・作業療法学専攻 修了(2008年)

学位

博士(理学療法学)

免許

理学療法士

研究テーマ

在宅呼吸リハビリテーション、身体動揺評価 ほか

研究活動

主な所属学会

日本理学法療士協会、日本呼吸ケア・リハビリテーション学会、日本老年医学会、日本体力医学会、
日本臨床バイオメカニクス学会 ほか

原著
  1. Yuki Yamanaka, Ryo Okuma, Junpei Sasadai, et al.: Reliability of time to boundary measures estimated from center of pressure during single leg standing by healthy young adults. J Phys Ther Sci 24: 1073-1075, 2012.
  2. 山中悠紀, 石川 朗, 奥野裕佳子ほか: 包括的尺度で評価した肺結核後遺症患者の健康関連quality of life. 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 22: 125-129, 2012.
  3. 山中悠紀, 宮坂智哉, 堀田麻実子ほか: 体外式人工呼吸器RTXによる運動時の換気補助が健常成人の換気代謝諸量および自覚症状に与える影響の検討. 人工呼吸 27: 68-74, 2010.
著書・総説ほか
  1. 山中悠紀: 運動のためのエネルギー供給機構. 15レクチャーシリーズ 理学療法学・作業療法学テキスト 運動学 (石川 朗, 種村留美・総編集, 小島 悟・責任編集). 中山書店, p143-152, 2012.
  2. 山中悠紀, 浦辺幸夫, 石川 朗ほか: 特集 体外式人工呼吸器 リハビリテーションの立場から. 人工呼吸 27: 40-43, 2010. 
  3. 戸津喜典, 山中悠紀: 胸郭がかたくて何が悪いのか?-COPDの理学療法.内部障害編 考える理学療法 評価から治療手技の選択(丸山仁司ほか・編). 文光堂, p92-107, 2008. 

研究における外部資金の採択課題

  1. 財団法人札幌医科大学学術振興会平成18年度教育研究助成 「特発性肺線維症患者の運動時低酸素血症評価における6分間歩行試験とシャトルウォーキングテストの比較」
  2. 平成23年度大阪ガスグループ福祉財団高齢者の福祉および健康づくりに関する調査・研究助成「転倒のスクリーニングを目的とした加速度計による動作時の身体動揺評価法の確立に関する研究」

ページの先頭へ