学部・大学院

教員紹介

木下 淳 [きのした あつし]

写真

薬学部医療薬学科:医薬品情報学研究室 講師

【連絡先】
部屋番号:Y403

専門分野

  • 医療系薬学 
  • 医療薬剤学 
  • 医薬品情報学

担当科目

  • 実務実習事前特別講義
  • 薬剤管理指導学
  • 処方解析学
  • 模擬薬局実習
  • 薬物副作用論
  • 処方解析統合演習(PBL) 
  • 病院実務実習
  • 薬局実務実習

メッセージ

薬学部で学ぶ科目は一見ばらばらに思えますが、そのほとんどが互いに関連しあっています。 単に覚えるのではなく、ひとつひとつを考え、理解するくせをつけて欲しいと思います。

オフィスアワー

随時(講義、実習、会議時間を除く)

学歴

2001年 城西大学大学院 薬学研究科 修士課程 修了
2000年 東京大学大学院 医学系研究科 特別研究生
1999年 城西大学 薬学部 卒業

学位

博士(薬学)

主な職歴

2010年- 姫路獨協大学 薬学部 講師
2007年 姫路獨協大学 薬学部 助手、同助教
2001- 2007年 東京逓信病院薬剤部に総務技官 薬剤師として勤務

所属学会

日本薬学会
日本医療薬学会
日本医薬品情報学会

論文・総説

論文

学会

学会

著書・翻訳書

  1. 『医療薬学第6版』(共著):廣川書店(2014年)

  2. 『図解 医薬品情報学 改訂3版』(共著):南山堂(2009年)

  3. 『医薬品情報学―基礎から臨床へ―』(共著):廣川書店(2012年)

  4. 『医療薬学第5版』(共著):廣川書店(2009年)

特許

特開2011-172533マイクロ空間構造体を用いた高密度三次元細胞培養法

競争的研究資金

  1. 科学研究費(基盤研究C),「エピジェネティック解析情報に基づいた新規抗癌剤耐性克服法の確立」研究分担者2014~

  2. 公益財団法人 ひょうご科学技術協会,技術高度化研究開発支援助成,簡易型糖尿病診断用装置の開発2012

  3. 姫路獨協大学特別研究助成 「CMVプロモーター駆動性遺伝子の発現制御過程における転写制御因子の機能解析」研究代表者 2011

  4. 日本学術振興会 ひらめきときめきサイエンスようこそ大学の研究室へKAKENHI 2011,2012,2013, 2014, 2015 「GFPの「スゴさ」を体験~緑に光るクラゲのたんぱく質を使って実験!~」

  5. 姫路市産学協同研究助成 「血液分析用簡易型多波長解析技術の確立」2011

  6. 文部科学省 科学研究費(若手研究B),「導入遺伝子の発現制御による抗癌剤の副作用軽減に関する研究」研究代表者2008~2010

  7. 平成20年度兵庫県COEプログラム推進事業,「マイクロ空間を用いた超高密度細胞培養リアクタの研究開発」プロジェクトメンバー 2008~2009

  8. (財)新産業創造研究機構 兵庫県産学官ビジネスインキュベート事業,「微細構造工学を応用した人工臓器の開発に関する研究」参加者 2007

招待講演

  1. 薬学教育モデル・コアカリキュラムを通じて考える参加型授業~薬学生および高校生への導入事例を中心に~,平成25年度兵庫県高等学校教育研究会科学部会研究発表大会及び講演会

  2. 導入遺伝子の発現制御による遺伝子治療の最適化
    社団法人電気学会 第1回量子ビームによるナノバイオエレクトロニクス技術調査専門委員会 2008(神戸)

  3. 分子生物学から見たナノテクノロジへの期待
    第1回日本エレクトロニクス 実装学会 ナノバイオデバイス実装技術研究会 2007 (神戸)

社会貢献活動

  1. 兵庫県病院薬剤師会西播支部 編集委員:2009年~現在

  2. 南山堂「薬局」 TOPICS編集アドバイザー:2012年~2016年

  3. 独立行政法人日本学術振興会 ひらめきときめきサイエンスようこそ大学の研究室へKAKENHI 実施代表者:2011年~2015年

  4. 日本薬学会近畿支部 「一日在宅体験プログラム」ワーキンググループメンバー:2014年~現在

  5. 兵庫県立明石北高等学校に係るスーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会運営指導委員:2015年~現在

学内委員など

OSCE実施委員会委員長

ページの先頭へ