学部・大学院

教員紹介

通山 由美 [トオヤマ ユミ]

写真

薬学部医療薬学科:生化学研究室 学部長 教授

【連絡先】
部屋番号:Y205

教授メールアドレス

http://www.himeji-du.ac.jp/faculty/dp_pharm/pharm/pt2/index.html

専門分野

  • 生化学
  • 免疫学

担当科目

  • 生化学
  • 生化学実習
  • 基礎実験
  • 免疫学
  • 生物・衛生・生薬系統合演習(PBL)
  • 薬学概論

メッセージ

薬学部での6年間、将来の夢を大切に積極的に学びましょう。さらに卒業研究では、生命現象を深く見つめ、探究する楽しさと難しさを分かち合いましょう。

学歴

神戸大学大学院医学研究科博士課程 修了(1999)
京都大学薬学部 卒業(1983)

学位

博士(医学)

主な職歴

2007-
姫路獨協大学薬学部 教授
2006-2007
姫路獨協大学新学部創設準備室 教授
2005-2006
神戸大学大学院医学系研究科 助教授
2003-2005
神戸大学大学院医学系研究科 助手
2002-2003
神戸大学大学院医学系研究科 研究員
1999-2002
京都大学大学院医学研究科 教務補佐員
1983-1985
田辺製薬株式会社 研究員

所属学会

日本生化学会会員 ,評議員 (2006~), 代義員(2013年~2015年)
日本薬学会会員 代義員(2011~2012年度, 2015年~2016年度)
日本血液学会会員
日本免疫学会会員
米国血液学会会員
米国生化学・分子生物学会会員

著書・翻訳書

「コンパス生化学」南江堂(分担執筆)ー 5章 タンパク質 p77-p95

競争的資金

(研究代表者)
【科学研究費補助金】


  1. 研究種目:基盤研究C 研究期間:平成26年度~28年度
    研究課題名:好中球による究極の殺菌術,NETs形成機構の解明

  2. 研究種目:基盤研究C 研究期間:平成23~25年度
    研究課題名:破骨細胞による骨分解機構の解明
     -骨破壊性疾患の克服に向けて

  3. 研究種目:基盤研究C 研究期間:平成20~22年度,
    研究課題名:破骨細胞による骨分解機構の解明
     -骨リモデリングを制御する治療の開発に向けて-

  4. 研究種目:基盤研究C 研究期間:平成18~19年度
    研究課題名: 破骨細胞の分子作用機序の解明
     -いかにしてマクロファージは巨大化し骨を溶かすか-

  5. 研究種目:基盤研究C 研究期間:平成16~17年度
    研究課題名:感染から生体を守るファゴサイトーシスの分子機構の解明、
     自然免疫におけるチロシンリン酸化の機能解析

【科学研究費以外の補助金】


  1. ひょうご科学技術協会 学術研究助成 研究期間:平成28年度
    研究課題名:好中球のNETosisを契機とする血栓誘導の分子メカニズムの解明

  2. 兵庫県がん研究助成 研究期間:平成17年度
    研究課題名:がん細胞の骨髄浸潤を促す破骨細胞の活性化とその制御機構の解明
     -骨髄転移性腫瘍に対する治療戦略の開発に向けて-

社会貢献活動

  1. 医薬基盤研究所 医薬推進研究評価委員会及び実用化研究評価委員会専門委員(2014年~2015年)

  2. 医薬基盤・健康・栄養研究所 開発振興部成果管理委員会専門委員(2015年~2016年)

  3. 姫路市環境審議会委員(2010年~)

  4. 姫路文学館 和辻哲郎文化賞推薦会委員(2009年~)

  5. 姫路市地域夢プラン審査委員(2014年~2016年)

  6. 姫路市総合計画策定審議会:委員(2007年~2008年)

学内委員など

学部長


ページの先頭へ