学部・大学院

教員紹介

柳澤 振一郎 [やなぎさわ しんいちろう]

写真

薬学部医療薬学科:医療経済学研究室 教授

【連絡先】
部屋番号:Y606

専門分野

  • 医療経済学
  • 生物統計学

担当科目

  • 科学の原理 
  • 生物統計学
  • 医療経済学
  • 薬剤疫学 

メッセージ

統計学の知識なくしては、科学的なデータ解析はできません。ものごとを科学的に判断できるように、基本的な考え方をしっかりと身につけましょう。

学歴

中央大学大学院商学研究科博士課程前期課程 修了(1993)

学位

博士(医学)神戸大学

主な職歴

2008-
姫路獨協大学薬学部教授
2006-2007
神戸大学都市安全研究センター講師
2000-2005
神戸大学都市安全研究センター助手

所属学会

ISPOR(国際医薬経済学・アウトカム研究学会)
臨床経済学研究会・ISPOR日本部会
日本社会薬学会

著書・翻訳書

  • 『医療技術の経済評価と公共政策』(分担):じほう(2013)
  • 『薬学用語辞典:日本薬学会編』(分担):東京化学同人(2012)
  • 『詳説 薬剤経済学』(共著):京都廣川書店(2011)
  • 『ヘルスサイエンスのための医薬経済学用語集』(翻訳:分担):医薬出版センター(2011)
  • 『スタンダード薬学シリーズ9 薬学と社会(第3版):日本薬学会編』(分担):東京化学同人(2010)
  • 『薬学生のための薬剤経済学』(分担):廣川書店(2009)

論文・解説

  • K. Moriwaki, H. Komaba, S. Noto, S. Yanagisawa, et al, Cost-effectiveness of alendronate for the treatment of osteopenic postmenopausal women in Japan. Journal of Bone and Mineral Research. Volume 28, Issue 2, pp395-403,2013
  • H Nagase, K Moriwaki, M Kamae, S Yanagisawa, I Kamae, Cost-Effectiveness Analysis of Oseltamivir for Influenza Treatment Considering the Virus Emerging Resistant to the Drug in Japan, Value in Health,12(S3),pp.S62-S65,2009.
  • G Chuluunkhuu, N Nakahara, S Yanagisawa, I Kamae. The efficacy of reboxetine as an antidepressant: a meta-analysis of both continuous (mean HAM-D score) and dichotomous (response rate) outcomes. Kobe J.Med.Sci.,Vol.54,No2, pp.149-158,2008.
  • M Otsuka, Y Akizuki, K Otsuka, S Yanagisawa, I Kamae, James A Jorgenson. A Comparison of the Technical Quality of American and Japanese Ranitidine Tablets. Dissolution Technologies, Vol.14(3), pp.22-28,2007
  • Takahashi K, Uchiyama H, Yanagisawa S, and Kamae I. The logistic regression and ROC analysis of group-based screening for predicting diabetes incidence in four years, Kobe J.Med.Sci., Vol.52,No.6,pp171-180,2006.
  • LI CAI, Uchiyama H, Yanagisawa S, and Kamae I. Cost-effectiveness Analysis of Influenza and Pneumococcal Vaccinations among Elderly People in Japan, Kobe J.Med.Sci., Vol.52,No.4,pp97-109,2006.
  • Yanagisawa S,Kamae I. Clinical Epidemiologic Evaluation of BSE Screening Tests in Japan. Kobe J.Med.Sci.,Vol.52,No.3, pp49-59,2006.
  • Inoue H,Yanagisawa S,Kamae I. Computer-Simulated Assessment of Methods for Transporting Severely Injured Individuals in Disaster- Case Study of Airport Accident.
    Computer Methods and Programs in Biomedicine 81, pp.256-265.2006.
  • 鎌江伊三夫、柳澤振一郎、患者QOLを考慮した抗うつ薬パロキセチンの費用対効果の分析.新薬と臨床54(11)、 pp.46-63、2005.

口頭発表・ポスター

学会発表
  • Inoue H, Uchiyama H, Moriwaki K, Yanagisawa S, A Development of Visualization Software for a Bayesian Signal Detection Method. The 16th Annual Meeting of JSPE and the 5th ACPE Joint Meeting Abstracts, Page62, 2010,10.
  • Inoue H, Uchiyama H, Yanagisawa S, Nishimura K, Maeda E.疫学教育のための、対数t分布を用いた対数正規分布のベイズ推測動的視覚化ツール.  Journal of Epidemiology(0917-5040)19巻1号補巻(第19回日本疫学会学術総会講演集) J Epidemiol Vol.19, No.1 Supplement, Page83 (2009.1)
  • Inoue H, Yanagisawa S, Kamae I.局所一様事前分布を用いた、複数のベルヌイ試行のベイズ推測視覚化ツールの開発.  日本公衆衛生雑誌55巻10号特別付録 第67回 日本公衆衛生学会総会抄録集(1347-8060)Page232(2008.10)
  • Inoue H, Uchiyama H, Yanagisawa S, Nishimura K.医学判断のための、Dirichlet分布と多項モデルのベイズ推測視覚化システム. Health Sciences(ISSN: 0911-7024)Vol. 24, No.3 Page317(2008.9)
  • Yanagisawa S, Inoue H, Uchiyama H, Nishimura K.薬剤疫学のための、二変量正規分布のベイズ推測動的視覚化ツール. 日本社会薬学会第27年会・講演要旨集 Page94(2008.9).
  • Inoue H, Uchiyama H, Yanagisawa S, Nishimura K.疫学教育のための、対数正規分布のベイズ推測動的視覚化ツール開発.日本社会薬学会第27年会・講演要旨集 Page93(2008.9)
  • Inoue H, Yanagisawa S, Nishimura K, Maeda E.医学判断のための、三つの正規分布のベイズ推測視覚化ツール開発. Journal of Epidemiology(0917-5040)18巻1号補巻(第18回日本疫学会学術総会講演集) Page75(2008.1)
    ・兵頭 卓、柳澤 振一郎、鎌江 伊三夫、リン酸オセルタミビルにおける異常行動発現リスクとその認識に関する統計学的分析、 第27回医療情報学連合大会(第8回日本医療情報学会学術大 会) 、2007.11.
  • Moriwaki K、 Kamae I、 Yanagisawa S、 Nagase H、A BAYESIAN ADAPTIVE DESIGN FOR EVALUATION OF THE GAP BETWEEN EFFICACY AND ERROR-ADJUSTED EFFECTIVENESS、ISPOR 10th Annual European Congress, 20-23 OCTOBER 2007.
  • Nagase H、Kamae M、Moriwaki K、Yanagisawa S、Kamae I、 COST-EFFECTIVENESS ANALYSIS OF OSELTAMIVIR FOR INFLUENZA IN JAPAN: MODELING IN THE VIRUS EMERGING RESISTANT TO THE DRUG、ISPOR 10th Annual European Congress, 20-23 OCTOBER 2007.
  • Yanagisawa S,Kamae I, Oderda GM,Otsuka M, Jorgenson J, Otsuka K,Brixner D. Outcomes and Costs of Generic and Trade Ranitidine Use in the United States and Japan. ISPOR 2nd Asia-Pacific Congress.2006.3
  • Shimaya M, Li C, Yanagisawa S,Kamae I. Pharmacoeconomic Evalutions Regarding Type-2 Diabetes in Asia-Pacific. ISPOR 2nd Asia-Pacific Congress.2006.3

その他研究活動

  • 『外務省 国際協力局 国際保健政策室委託研究:医療技術評価の現状と我が国支援策に関する基礎調査(主任研究者 鎌江伊三夫)』:分担研究者(2012年度)

学内委員など

薬学部 就職キャリア委員,自己点検・評価委員,教育改善実施(FD)委員.


ページの先頭へ