附属図書館

貸出・返却

貸出・返却および、関連する下記の手続はすべて1階カウンターで受け付けています。


貸出

学生証(または職員証)と共に、借りる資料をお持ちください。


返却

返却する資料のみお持ちください。学生証(または職員証)は不要です。なお、閉館時は、1階正面玄関左側のブック・ポストへ返却願います。


  図書 雑誌
冊数 期間 冊数 期間
学部学生 5冊 2週間 2冊 1日
研究生・科目等履修生 5冊 2週間 2冊 1日
大学院生 30冊 3ヵ月 3冊 3日
教職員 150冊 6ヵ月 5冊 1週間
  1. 指定図書については、いずれの身分の方も2週間となります。更新はできません。
    また、試験の1週間前から試験の終了日までは、貸出することができません。
  2. 資格試験図書は、貸出期間を2週間とし、更新はできません。
  3. 大学院における研究生・科目等履修生・研修生の方については、大学院生に準じます。
  4. 学部学生のうち、3・4年生の方については、卒論・ゼミ論用貸出制度があります(下記参照)。

延長

当初の返却期限日から、貸出期間と同じ日数だけ延長できます。返却期限内に、延長する資料を学生証(または職員証)と共にお持ちください。なお、同一資料について延長は1度限り可能です。
延長できない資料:指定図書、春・夏・冬期の長期貸出図書、予約中の図書


予約

貸出中の資料を予約することができます。1階カウンターへお申し出ください。返却され次第、ブラウジング・コーナーの掲示板でお知らせします。


購入希望図書

求める図書が図書館に所蔵されていない場合、「購入希望図書」として申し込むことができます。購入するか否か決まり次第、ブラウジング・コーナーの掲示板でお知らせします。


卒論・ゼミ論用貸出

学部学生のうち、3・4年生の方については、上記の表に記された貸出冊数・期間に加えて、次の冊数・期間で、卒論・ゼミ論用として貸出します。
図書:10冊、1ヵ月。雑誌:3冊、3日。
卒論・ゼミ論用貸出制度を利用するには、専用の書式で申し込みをする必要があります。1階カウンターへお申し出ください。なお、この制度で未製本雑誌は貸出できません。


貸出しない資料

貸出制度を利用するには、専用の書式で申し込みをする必要があります。1階カウンターへお申し出ください。なお、この制度で未製本雑誌は貸出できません。


貸出しない資料

下記の資料については貸出しません。館内で御利用ください。

参考図書、貴重書、視聴覚資料のうち映像資料、雑誌の最新号、新聞(縮刷版を含む)、その他「禁帯出」ラベルの貼付された資料。

なお、指定図書については、前期・後期定期試験の1週間前から試験終了日まで貸出しません。


≪ 戻る

ページの先頭へ