附属図書館

レファレンス

図書館内風景

図書館を利用する上での不明な点、文献の探し方、事項の調べ方等の相談をお受けするレファレンスサービスを、1階カウンターで行っています。

利用ガイダンス

図書館を利用する上での不明な点にお答えします。新入生の方には、入学直後のオリエンテーション時に、図書館について説明します。また、毎年度初めに、所蔵目録検索用端末機の使い方について説明会を開いています。

文献探索

図書、雑誌論文等、文献が見つからない場合、探すお手伝いをします。当館に所蔵していない場合、他の機関へ複写などを依頼することも可能です(下記、「相互協力」の項参照)。

事項調査

事項やデータについて調べるには、適切な参考図書を引く必要があります。どの参考図書を見ればよいか、探すお手伝いをします。

相互協力

当館に所蔵されていない資料については、他の機関から現物を借り、あるいは複写物として入手することが可能です。このような、他機関との連携を「相互協力活動」と呼びます。
これには次の3種類があります。

  1. 文献複写:図書や雑誌論文の一部を、他機関から複写物として入手します(有料)。
  2. 相互貸借:図書の現物を他機関から借ります(送料実費負担)。
  3. 相互利用:他の大学図書館等を訪問して利用される方には、当館が紹介状を発行します。この紹介状と、学生証(または職員証)を持参してください。

いずれの場合も、1階カウンターで申し込みを受け付けます。なお、すべての機関から上記すべてのサービスが受けられるわけではありません。「相互」とあるように、当館の資料も他機関からの利用に供しています。特に、他の大学図書館等を訪問される場合は、先方の利用規則に従っていただくようお願いします。

≪ 戻る

ページの先頭へ