最新情報

詳細ページ

一覧へ戻る

「あいむフェスタ2013」に参加して [こども保健学科]

2013/11/29

 10月27日(日)台風の影響もなく、良い天気に恵まれ、社会福祉法人あいむ主催「あいむフェスタ2013」に参加しました。
 今回で3回目の出展です。例年、簡単な材料を使い、手作りおもちゃをこども達と作製しています。
 今年は、紙皿を使い、ウサギの耳やクマの耳の帽子、ハートや星のティアラを作りました。
また、テーブルが空くまで的当が楽しめる様、折り紙手裏剣コーナーを設け、ご父兄の方も一緒に楽しんで頂けました。
 製作に取り組んでくれたこども達は、学生達の説明を熱心に聴き、好きな形に切って、色を塗る作業を楽しんでくれました。中には、友達とお揃いのウナギの耳を作り、お母さんに記念撮影をしてもらっていました。

 スタッフとして参加した2年生2名、1年生4名の学生達は、事前の学内準備から、こども達の様子を思い、準備に取り組みました。まだ実習に参加していない1年生は、なかなかこども達の様子を思い描く事に苦労していました。
 しかし、1年生は、2年生の先輩達に聞きながら当日の準備、こども達への対応、環境整備等、それぞれが工夫しながら望む事が出来ました。2年生も、後輩達と関わる事で、今まで見えなかった事に気づき、考える機会になった様です。
 反省会では、それぞれの気づきから、体験学習の成果を思わせる発言が多く、成長を感じる事が出来ました。

 「あいむフェスタ2013」に携われた社会福祉法人あいむの先生方、大変お世話になりました。
 ありがとうございました。

こども保健学科 松村 雅代
 

ページの先頭へ