最新情報

詳細ページ

一覧へ戻る

太平洋戦全国空爆犠牲者追悼平和祈念式に参加(報告)[地域連携課]

2014/11/06

 10月26日(土)、太平洋戦全国空爆犠牲者平和祈念式が姫路市手柄山中央公園慰霊塔前で開催され、姫路獨協大学が初めて公式に参加しました。この式典は、太平洋戦争の無差別爆撃によって亡くなった全国の民間人約51万人の御霊に対して追悼の意を表すとともに、永遠の平和を祈念して毎年開催されているものです。当日は全国から約500人の遺族や関係者が参列しました。
 1分間の黙とうの後、太平洋戦全国空爆犠牲者慰霊協会代表理事を務める石見利勝・姫路市長が式辞を述べ、安倍晋三内閣総理大臣らの追悼のことばに続いて、遺族や地元の小学校・中学校・高等学校の生徒代表、そして本学法学部3年次生の山本大稀さんと福居義之さんが献花をし、平和への誓いを新たにしました。


ページの先頭へ