最新情報

詳細ページ

一覧へ戻る

協定大学(ラームカムヘン大学:タイ)の学生が来学中![学習支援センター]

2014/11/21

11月19日から28日の10日間、タイにあるラームカムヘン大学の学生が姫路獨協大学で日本語研修、日本文化研修を行っています。
本学とラームカムヘン大学との交流は2012年から始まり、2013年2月と2014年2月には本学学生がラームカムヘン大学を訪問しました。(ラームカムヘン大学とは2013年2月本学と相互理解協定を締結)
今年度は、ラームカムヘン大学との文化交流事業を発展させるために、ラームカムヘン大学の日本語を学ぶ学生2名を姫路獨協大学において日本語研修を行うことになりました。
この度の来学をきっかけに、短い期間ですが、本学の学生とお互いの理解が深まることを期待しています。

【研修内容】
  • 外国語学部外国語学科日本語専攻の教員による「日本語」の講義を受講。
  • 本学の日本語教員養成プログラムの科目である「日本語教授法V」における模擬授業に学習者として参加。
  • 「タイ人の視点の姫路観光」のレポート作成及びレポート発表会。
    本学学生とともに姫路の観光スポットを訪れ、タイ人から見てどのような魅力や問題点があるのかを調査し、本学学生と共同でレポートを作成。
  • 日本玩具博物館で、日本および世界の玩具について学ぶ。
  • 姫路の伝統工芸である姫路仏壇(原田光明堂)の製作過程を見学。
  • 本学学生と京都を訪れて、寺院の見学、日本伝統芸能の鑑賞。

【学生交流会とレポート発表会】

○タイの伝統楽器「キム」の演奏会
日時:平成26年11月25日(火) 12時30分から
場所:学生会館1階 カフェぴあのぴあ~の

○「タイ人の視点の姫路観光」レポート発表会
日時:平成26年11月25日(火) 15時から
場所:講義棟3階 地域コラボレーションルーム


ラームカムヘン大学では、本学の卒業生(日本語教員プログラム修了者)が日本語教師として活躍しております。
また、バンコクでは、この他の大学においても2名の本学卒業生が日本語教師として教鞭をとっていることを把握しています。

ページの先頭へ