最新情報

詳細ページ

一覧へ戻る

2008年度日本語教育インターン・シッププログラム(JIP)(報告) [外国語学部]

2009/02/13

College of Asian Scholars(CAS)
(タイ王国)
期間:8月24日~9月6日
費用:飛行機代 90,000円
食費 一食約30~45円
宿泊費 4500バーツ(約13000円)
制服代 500バーツ(約1500円)
 ※タイの大学には制服があります。私達は購入しましたが、制服の購入は任意です。

   大学のホームページ http://www.cas.ac.th/Japanese/about_cas.asp
実習者 井上雅司 清水すみか

★「College of Asian Scholars(CAS)」
 私たちが、今回お世話になった大学です。創立者は、Dr.カセー シャナウォンという方です。Dr.カセーは、東北部の経済的に恵まれない子供達に教育を受けさせるために尽力されている方です。日本人の先生は、江沢先生 と荒井先生の2人だけしかいませんでした。
 江沢先生の教えられているクラスのうち、中国人留学生11人・ベトナムの学生が1人のクラスでアシスタント・教育実習をさせて頂きました。学生が使っている教科書は、「みんなの日本語」を少し変えたオリジナルの教科書でした。だいたい教科書は、一通り終わっていると先生から聞いていましたが、日本語を勉強してもなかなか使う機会がなく、興味がない学生でも授業を受けなければならないので、学生の日本語のレベルはバラバラでした。先生は教科書中心の授業ではなく、教科書は、単語が分らない場合しか使っていませんでした。ほとんどが板書・身近なレアリアを使って指導していました。コミュニケーションを大切にされている方でした。


以降、詳細は報告書参照のこと。

ページの先頭へ