最新情報

詳細ページ

一覧へ戻る

【報告】外国人留学生の「和装体験」開催 [国際交流センター]

2016/02/03

本学の留学生が日本の伝統文化に親しむ「和装体験」を姫路獨協大学 播磨会主催で2月1日(月)「イーグレひめじ」にて開催しました。





中国出身の留学生11人(女子8人、男子3人)が赤・青・黒の振り袖や羽織・袴に袖を通し、昨年3月グランドオープンした世界遺産・姫路城(白鷺城)を背景にしてカメラマンに撮影してもらったり、お互いにスマートフォンで取り合ったりして、記念撮影を楽しみました。





初めての和装体験ということで晴れやかに着飾った学生たちはイーグレの屋上に上がり、冷たい風の中で寒さを実感しながらも笑顔いっぱいでした。





日本の着物を身に付けることの大変さを十分知った留学生たちにとって、今回のイベントはとてもいい経験になったようです。





なお、今回のイベント「和装体験」にはマスコミ4社が取材に来られ、当日のNHK「ニュース神戸発」や関西のニュース、サンテレビのニュース他で放送され、また翌日2月2日付けの神戸新聞・読売新聞にはカラー写真とともにその様子を掲載していただきました。

ページの先頭へ