最新情報

詳細ページ

一覧へ戻る

【報告】第67回姫路お城まつりに参加しました[地域連携課]

2016/06/01



5月20日(金)から22日(日)まで、第67回姫路お城まつりが行われ、姫路獨協大学は、21日(土)の時代パレードの歴代城主行列と、千姫輿入れ行列・子ども大名行列に参加しました。

歴代城主行列は、第14代城主の黒田官兵衛、第15代の羽柴秀吉、第21代の本多忠政、第35代の榊原政岑の4名です。官兵衛には納庄巨樹さん(人間社会学群1年次生)が扮し、小林嶺那さん(法学部2年次生)は秀吉、田井理佳さん(人間社会学群1年次生)は忠政、山下優光さん(人間社会学群1年次生)は政岑になりました。登場した城主4名のうち3名は柔道部の女子学生が務め、お姫様ではなく、お殿様になりきって頑張りました。



千姫輿入れ行列・子ども大名行列では、池田翔さん(法学部2年次生)が池田輝政を、矢田遼太郎さん(法学部2年次生)が本多忠刻を、野中連斗さん(法学部2年次生)が酒井忠学の役を演じ、大手前通りを堂々と行進しました。 奴さん姿の松尾大樹さん(法学部2年次生)、森寺大貴さん(人間社会学群1年次生)、名田あすかさん(人間社会学群1年次生)は、あでやかな姫君の輿を担いで、観客の注目を集めていました。





なお、翌5月22日の神戸新聞の写真には、輿を担ぐ松尾さんの顔が大きく写っていました。

(文責:大塚健洋)

ページの先頭へ