最新情報

詳細ページ

一覧へ戻る

【報告】2016年度第2回日本文化体験(華道)を実施しました [国際交流センター]

2016/06/10



6月8日(水)の昼休み、国際交流センターで留学生を対象とした「日本文化体験会(華道)」を実施しました。このイベントには、マレーシア、ベトナム、中国、韓国からの留学生約20人およびこの1週間トライやるウィークで姫路獨協大学に来ていた中学生7名が一緒に参加しました。



今回はこれまでの花器に活けるのとは違いお花のアレンジメントをするということで、いつもと違った趣向での体験になりました。 中学生たちは先に1年間中国から勉強しに来ている交換留学生たちから中国の話を聞いたり中国のお菓子を食べて交流した後、アレンジメントをするために必要な容器やオアシスの準備などもしてくれました。



講師を務めていただいた教務課の山本さんから基本的なアレンジメントの説明を聞いた後、留学生20名は、初夏の季節ならではの花材から自分の好きな花を選び、それぞれ思い思いにアレンジメントを活けて楽しみました。アレンジメントが完成した中学生7名がオアシスを隠すための緑の葉や色々な花材などを使ってくださいということで留学生に持って行ったりし、お花を通して留学生と交流をすることもできました。



梅雨晴れ間の一日でしたが、国際交流センターは中学生や留学生たちの笑い声や美しい花々に囲まれ、和気あいあいととても賑やかなひとときになりました。中学生も留学生も男女共にそれぞれにこだわりを持って活けている人が多く、完成してとても嬉しそうでした。アレンジメントは持って帰って飾れるということで、そのことも余計に喜んでいるようでした。  わずかですが持って帰らなかった学生のお花のアレンジメント作品を国際交流センターの中のカウンター(本部棟1階 正面玄関左)に展示していますので、関心のある方はぜひご覧ください。



ページの先頭へ