最新情報

詳細ページ

一覧へ戻る

学外講師を招き講義を開講 -姫路市長&前財務事務次官 来学-

2009/11/27

姫路市長来学


姫路市長講演風景
11月17日(火)、全学共通科目「特別講義(地域政策と地域貢献)」の講師として、姫路市長の石見氏が来学されました。 石見市長は学生へのメッセージを盛り込みながら、「姫路のめざすまちづくり」をテーマに、市政運営について、姫路城大天守保存修理事業について等、駅北前広場のイメージ図なども表示しながら熱心に話されました。終盤には質疑応答も行われ、学生が“姫路ブランド”について質問した際には市長からいい質問だと褒められる一幕もありました。 受講生たちは今まで以上に“姫路”を身近に感じたのではないでしょうか。


学生の感想



杉本和行客員教授
翌週の24日(火)には杉本和行客員教授(財務省顧問・前財務事務次官)による講義「日本経済と地域経済」が本学学生会館にて開催されました。
杉本氏はご自分の経験を踏まえながら現在の日本の置かれている経済の状況など、熱意を持って話してくださいました。昨年からの不況が続く経済社会の中で生活していることもあり、学生たちはデフレ現象にある最近の日本経済についての質問をするなど、熱心に聞き入っていました。

ページの先頭へ