最新情報

詳細ページ

一覧へ戻る

【報告】創立30周年記念講演会・少年柔道育成交流大会を開催しました。 [スポーツ特別選抜室・学生課]

2017/12/20


12月17日(日)午後、本学20周年記念ホールにおいて、柔道(視覚障がい)でロンドンパラリンピック100㎏超級金メダリスト、リオデジャネイロパラリンピック同階級銅メダリストの正木健人氏を招いて、「情熱をかけて夢をかなえる~世界一への挑戦」のテーマで創立30周年記念講演会が開催されました。

この講演会には、将来柔道での活躍をめざす少年柔道選手やその保護者などを含めて、およそ270名もの参加があり、正木氏の心のこもった熱い講演に参加者は一様に聞き入っている様子でした。

その後に行われた質疑応答ではこども達から、柔道が強くなる秘訣や、緊張した試合は?などについて訊かれ、正木氏はユーモアを交えながらこども達の質問に丁寧に答えられていました。

また、この講演会に先駆けて、広く柔道を通じて世代間交流を図るとともに、本学学生と指導者相互の交流を深め、地域貢献及び柔道の普及発展に寄与することを目的に、第2回姫路獨協大学杯争奪少年柔道育成交流大会が、創立15周年記念館内の柔道場で開催され、総勢164名の小学生達が真剣勝負を繰り広げました。


表彰式後には、お菓子まきも行われ、こども達は楽しそうにお菓子を取り合っていました。



終了後の挨拶で常深監督(本学柔道部)は、創立30周年記念事業として地域貢献の一端を担うこの柔道大会や講演会が皆様の協力の元、無事盛大に開催出来たことへの感謝の意とともに、これからも柔道の発展と地域貢献の一端を本学柔道部が担っていきたいとの抱負が述べられました。


ページの先頭へ