最新情報

詳細ページ

一覧へ戻る

四川大地震救援募金活動報告(報告) [課外活動]

2008/06/10

中国総領事館にて

5月12日15時28分(現地時間14時28分)、中国四川省西北部の?川県を震源地とするマグニチュード8.0の大地震が発生しました。一日も早く被災地を支援し、被災者の力になりたいと思い、「中国研究会」による四川大地震救援募金活動を、大学の全面的な支援を得て、5月19日から30日にかけて学内及び姫路駅周辺で行いました。
本学の多くの学生・教職員および姫路市民の温かいご理解と応援を頂き、今回の募金活動では、短い期間にもかかわらず、合計403、024円、および中国元100元、ユーロ10セントの救援金が寄せられました。
この場を借りて今回の募金活動の結果を皆様にご報告いたしますと同時に、学内外の方々の熱意をこもったご支援・ご寄付に、心より厚くお礼申し上げます。私たち中国研究会メンバー全員は胸が熱く、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!お預かりしました貴重な救援金は、今週の木曜日(6月5日)に、中国総領事館教育室を通じて被災地に届ける予定です。(中国研究会)


中国総領事館教育室を訪問
6月5日(木)姫路獨協大学中国研究会の代表一行が、大阪府吹田市に ある中国総領事館教育室を訪問し、劉占山 中国総領事館教育室長に四川 大地震への義援金合計403,024円、中国元100元、ユーロ10セントを寄託  しました。(学内募金336,996円、学外募金66,028円)
劉占山教育室長は、「心より深く感謝の意と敬意を申し上げます。中国 教育発展基金会を通じて、義援金と皆様の気持ちを必ず被災地に届け、学校の復興 に使用します」と感謝を述べられました。又、中国総領事館から「義援金寄付証明書」及び「感謝状」をいただきました。


ページの先頭へ