最新情報

詳細ページ

一覧へ戻る

臨床工学科3年生が姫路ロボ・チャレンジに参加(報告) [医療保健学部]

2008/07/18

臨床工学科3年生4名(2組)が、医用ロボット工学の授業(担当:菅原基晃教授)の オプションとして、標記のイベントに参加しました。
 姫路ロボ・チャレンジ(主催 姫路ロボ・チャレンジ実行委員会 姫路科学館) は、ロボットの競技会をとおして最先端技術に触れることを目的として、今年で第6回目 の開催となるそうです。
7/12(土)に行われたエントリークラス出場21台のなかで、冒頭の2組のうちの1組 が準優勝を獲得しました。授業のオプションのため、プログラミング内容、作業とロ ボットの動作のかねあいを体感するにとどまりましたが、臨床専門分野の実習とレ ポートにおわれる3年生には、充実した息抜きごとになったようです。
 なお、このイベントへの参加に際し、株式会社エスケイパン(アミューズメントロ ボットの企画・開発・販売業務) 代表取締役 増本圭吾氏に大変お世話になりまし た。どうも有り難うございました。

ちなみにエントリークラス、ロボットバトルゲームの「黒助」を操る黒のTシャツ 姿、総合成績の集合写真の前列左の黒のTシャツ姿が本学学生です。

ロボットwatch

ページの先頭へ