最新情報

詳細ページ

一覧へ戻る

薬学部 吉井範行 准教授 IAPWS Helmholtz Award受賞 [薬学部]

2008/05/14

授賞式

 本学薬学部 吉井範行 准教授が、The International Association for the Properties of Water and Steam(IAPWS)のHelmholtz Awardを受賞することになりました。
 IAPWSは、水、水蒸気、溶液等についての物性を研究する各国研究者からなる国際非営利団体であり、Helmholtz Awardは、IAPWSの関連分野において優れた研究を行った、学位取得後10年以下の若手研究者を対象に授与されるものです。授与式は、9月にドイツベルリンで開催される第15回International Conference on the Properties of Water and Steamにおいて行われます。なお、受賞内容は以下のとおりです。
Molecular dynamics study of sub- and supercritical water :Analyses of high temperature clusters
(分子動力学シミュレーションによる、亜臨界から超臨界状態にわたる水の研究:高温クラスターによる解析)



後日、授賞式に参加しました。
本学薬学部 吉井範行 准教授が、The International Association for the Properties of Water and Steam(IAPWS)のHelmholtz Awardを受賞し、ドイツのベルリンで行われた学会の授賞式に参加しました。
また、Helmholtz Award受賞講演として、以下の内容で発表を行いました。
Molecular dynamics study of sub- and supercritical water :Analyses of high temperature clusters
(分子動力学シミュレーションによる、亜臨界から超臨界状態にわたる水の研究:高温クラスターによる解析)
学会では、自身の授賞式や受賞講演だけでなく、世界中から集まった研究者の発表を聞いたり、また交流を深めるなど大変有意義なものとなりました。

ページの先頭へ