最新情報

詳細ページ

一覧へ戻る

日本学術振興会によるひらめき*ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」を開催(報告)[地域連携]

2008/09/02

平成20年8月4日(月)、姫路獨協大学薬学部にて独立行政法人科学技術振興機構(JST)主催の体験学習会を開催しました。
この事業は青少年をはじめとする一般の方々に科学技術に対する興味や関心、理解をより一層深めていただくことを目的としたもので、本年度姫路獨協大学がJSTから委託を受け実施したものです。
この体験学習会の目的は、「遺伝子工学」をテーマに取り上げ、遺伝子のレベルから動物間の種の違いを観察し、現代社会における遺伝子工学の技術進歩と生物の多様性について学んでいただくことでした。
 当日参加された方には、あらかじめこちらで用意しておいたDNAをお渡ししました。このDNAは、ヒト、ラット(ネズミ)、イヌ、ブタいずれかのDNAであり、制限酵素というDNAを切断するのに用いる特殊な酵素による反応と電気泳動という実験によって、自分のもらったDNAがどの動物のDNAなのかを解明してもらいました。
 日ごろ目にすることのない器具を使っての実験でしたが、参加者全員が上手に実験をすることができました。体験学習会の担当者としても、参加者の知的好奇心を刺激することができたと思われます。
 今後もこのような事業を通じて、科学技術の発信に寄与していきたいと考えています。

ページの先頭へ