最新情報

重要なお知らせ

医療保健学部こども保健学科の学生募集停止について(平成31年度入学生より)

2018/06/01

現在、姫路市が整備する姫路駅前イベントゾーンにおいて、兵庫県が計画する「新県立病院」及び獨協学園が計画する「医療系高等教育・研究機関」の設置が、兵庫県、姫路市、獨協学園の三者による協働・連携により、平成34年度開設に向けて整備進行中です。

これを受けて、姫路獨協大学では、医療系の学部・学科を強化するため、医療保健学部の学科構成(5学科)を見直すことといたしました。

この結果、医療保健学部に組織する「こども保健学科」を、平成31年度から募集停止することとし、今後は、チーム医療の要となる人材育成、高い専門知識や技術を有し、医療現場で活躍できる人材を養成する学部として、学科間の連携・充実を深化させ、更なる発展を目指し、医療系に特化した学科体制(4学科)に改編するものです。

この改編により、保育士や幼稚園教諭、養護教諭を養成するための、「こども保健学科」は募集停止となりますが、学科の教育の特色である、「医療の知識を有し、こどもたちの心身の健やかな発育・発達を医療の知識でサポートすること、病気や障がいのあるこどもが地域で豊かに学び育つことを支援できる専門家を目指すこと」の精神は、医療保健学部の他学科(理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚療法学科、臨床工学科)や看護学部等において、受け継がれて行くものです。

また、「こども保健学科」は今後、平成30年(2018年)4月に入学された新入生を含め、在学生が全員卒業するまでの間存続し、責任を持って教育研究の指導、学習支援、就職等の指導・支援に万全を期して取り組んでまいります。

受験生の皆様ならびに在学生、保護者、卒業生、関係者の皆様方におかれましては、何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申しあげ、これまでにいただきましたご厚情に深く感謝申しあげるとともに、今後とも変わらぬご支援を賜りますよう重ねてお願い申しあげます。

平成30年5月1日
姫路獨協大学
学長 本多義昭

ページの先頭へ