大学案内

カリキュラムポリシー(教育課程の内容・方法の方針)・ディプロマポリシー(学位授与の方針)

▼ 外国語学部 ▼ 法学部 ▼ 経済情報学部 ▼ 医療保健学部
▼ 薬学部 ▼ 人間社会学群 ▼ 看護学部


外国語学部

カリキュラム・ポリシー(教育課程の内容・方法の方針)
1年次
基礎学力の養成と異文化理解研修へ
英語、日本語、もう1つの外国語の学修や入門演習、一般教育を通じて、実践的語学力と大学での学修の土台となる基礎学力を養成する。また「異文化理解研修」を通じて、学びの意欲を高める。
2年次
語学力を磨き、海外短期語学研修へ
1年次に築いた語学力を総合的にレベルアップさせるとともに、興味ある基礎演習を選択して、知識を深め、国際人としての感性を高める。「海外短期語学研修」で、日頃の学修成果を試すことができる。
3年次
実践的な語学力に磨きをかけ、長期留学や日本語教育海外実習へ
ワークショップでは、英語や日本語、その他の外国語の実践的な語学力に磨きをかけ、演習での討論を通じて、自らの文化や考えを他の人に発信できる能力を高める。さらに語学の総合力を飛躍的にアップしたい人は、「長期留学」にチャレンジすることも可能である。 また日本語教員志望者には、「海外実習」の道も開かれている。
4年次
大学4年間の総仕上げ、未来への展望
演習での研究活動の総仕上げとして、卒論・ゼミ論を執筆し、表現力や思考力を磨くとともに、多文化共生社会を生きる人間としての教養を身につける。また各言語の「語学検定試験」中・上級レベルの合格を目指すことにより、資格を活かした就職活動を積極的に展開し、未来への展望を切り開く。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
  1. 英語を中心にドイツ語、スペイン語、中国語、韓国語など複数の言語・文化を有機的に学び、海外研修などを通じて、「多文化共生」の意義を理解し、人間性豊かな、実践力に富む真の国際人になること。
  2. 日本語・日本文化についての深い知識及び日本語による優れたコミュニケーション能力を身につけ、また海外研修や外国人留学生との「多文化共生」の実践的教育を通じて、人間性豊かな、実践力に富む真の国際人になること。

法学部

カリキュラム・ポリシー(教育課程の内容・方法の方針)
  1. 法学及び政治学の専門的知識や思考力を鍛える。それらを基礎から効果的・適切に修得できるよう、年次に合わせてカリキュラムを段階的に編成する。とりわけ、教養基礎や専門への導入など基礎学習の充実に努める。
  2. 双方向で、より効果的、きめ細やかに学習指導できるように少人数教育を充実させる。演習を中心に少人数クラスでの双方向授業を増やし、学生のコミュニケーション能力の強化を図る。
  3. 指定科目を軸とするコース制により専門教育を強化する。コース制は学習と職業をリンクさせることで学生の学習目標・意欲に応える。
  4. 全学的なキャリアデザイン支援体制と連携して、正規課程においても早期から適切に学生がキャリアデザインに取り組めるよう導く。
  5. 学外で実体験を通して学ぶ、様々な体験学習・参加学習など、多様な学習機会を提供する。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
  1. 法学及び政治学に関する基本及び専門知識を修得し、今日の社会・国家・世界を理解できる。
  2. 法的な見方・考え方を実際的に適用できる能力、いわゆる「リーガルマインド」を身につけている。
  3. それらを通して職業人として、自立して、自ら考え、行動し、他人と協働していくことができる自覚と力(考・動・力)をもつ。

経済情報学部

カリキュラム・ポリシー(教育課程の内容・方法の方針)
1年次 対象とする学問全体についての全体像を 持たせると共に、全コースにおいて必要となる基礎的な知識を修得させる。
2年次 各コースについてより深く学ばせる。座学に加え各技能修得のための演習・実習を通して、 使える知識の定着を図る。資格取得に寄与する科目・講座の履修を促進する。
3年次 既存の知識を修得させると共に、現状の問題点がどこに在るのかを十分に認識させる。 また資格取得等の目標を主体的に設定するよう促し、それへの挑戦を支援する。
4年次 自らが選んだテーマについて考察を行なわせ、卒業論文という形に結実させる。目標とした資格と関わりのある職業・仕事への理解を深耕させ、更なる挑戦(挑戦の継続)を促進する。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

学問領域に対する専門的な知識および技能を有し、自らが抱いた疑問点に対して、修得した様々な技能を駆使し積極的にその解を求めようとする人材を養成する。

医療保健学部

理学療法学科

カリキュラム・ポリシー(教育課程の内容・方法の方針)
1年次 身体の構造や機能を知ると共に、リハビリテーション学や理学療法学の基礎を習得する。
2年次 疾患や障がいのメカニズム、および理学療法の理論を習得する。施設見学、演習を通して理学療法士としての心構え、社会人としてのマナーを向上させる。
3年次 疾患や障害に対する理学療法を、実践を通じて身につける。臨床評価実習を通じて、実際のプロセスを経験する。
4年次 総合臨床実習で対象者への治療を実施し、学内で学んだ知識や技術の習熟を図る。卒業研究、国家試験対策等を通じて学びの総仕上げを行う。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

専門知識・技術を修得するとともに、多様な保健、医療、福祉の問題を統合的に把握し、問題解決ができる能力を持ち、さらにチーム医療を支える豊かな人間性を身につけること。

作業療法学科

カリキュラム・ポリシー(教育課程の内容・方法の方針)
1年次 人体の構造や機能、作業療法の基礎を学習し、地域現場体験実習、地域連携・貢献活動を通じて視野を広げる。
2年次 作業療法を施すために必要な医学的知識を習得し、実習・実践に向けて、臨床関連の専門知識を習得する。
3年次 さまざまな実習や演習を通じて、専門的な知識と技術を習得し、対象者と直接関わる臨床評価実習も経験します。
4年次 これまでに培った知識と技術を、臨床総合実習の現場で発揮し、国家試験合格をめざし、総合演習に取り組む。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

時代のニーズに対応できる高度な専門技術・理論を習得し、臨床現場において、患者のニーズを的確に捉え、しなやかで創造的な支援を行うことができる能力を身につけること。

言語聴覚療法学科

カリキュラム・ポリシー(教育課程の内容・方法の方針)
1年次 一般教養科目において大学での学びの基礎を知ると共に、基礎医学、医学概論などの言語聴覚療法を学ぶ上での基礎知識を習得する。
2年次 臨床医学や心理学などの専門基礎科目を学習し、検査の演習を行い、医療人としてのマナーと技術を習得する。
3年次 言語聴覚療法学の各専門領域に対応した専門科目を学んだ上で、病院、施設実習において、対象者と対話を通じて評価・訓練を行える臨床技術を養う。
4年次 これまで学んだ知識や技術を、総合臨床実習を通じて応用し、卒業研究の作成と国家試験に向けて学びの集大成を行う。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

言語聴覚療法学の専門的知識と技術を習得し、患者の社会的背景を考慮しながら機能向上と実用的能力の確立を目指し、自立と社会参加を支援することのできる能力を身につけること。

こども保健学科

カリキュラム・ポリシー(教育課程の内容・方法の方針)
1年次 豊かな人間性と教養を身につけるため全学共通科目を学習するとともに、医療や保健、保育や教育分野の基礎知識を修得し、こどもとこどもを取り巻く環境について理解する。
2年次 児童福祉施設で実習を行いこどもの理解を深め、現場の実態、保護者の現状を把握するとともに、障害児や配慮の必要なこどもたちの健全育成についても学修する。
3年次 幼稚園、病院や保健所など幅広い施設で実習を行い、こどもと関わる能力を身につけると同時に、家族とのかかわりを通してコミュニケーションの大切さを学修する。
4年次 こどもの発達を支援する専門職者としての総仕上げを行うとともに、卒業研究を通してこれまで 学んだ知識や技術の集大成をはかる。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

高い人権意識を持ち、こどもの健全な育ちについて適切に総合的、専門的発達支援ができる職能を備え、 社会に貢献していく能力を身につけること。

臨床工学科

カリキュラム・ポリシー(教育課程の内容・方法の方針)
1年次 一般教養、医学系基礎、工学系基礎の一部を中心に学び、また、医療現場を実感するため、透析クリニック見学や解剖見学を用意している。
2年次 工学系基礎、医学関連科目、情報系科目、専門科目の一部を中心に学び、さらに臨床現場の、特に臨床工学部門を見学して、学びのモチベーションを高める。
3年次 主に専門科目の実習を通して専門技術の習得を図り、また、スタッフとの連携をトレーニングし、4年次の臨床実習に向けて技能を向上させる。
4年次 これまで学んだ知識と技術を臨床現場で発揮し、卒業研究、国家試験、就職活動と、将来に向けて総仕上げを行なう。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

高度医療を実践するために必要な医療機器取扱いに関する専門家としての知識や技術を習得するとともに、チームワーク医療に関する基本的な倫理観や心構えを身につけ、患者様ともしっかりとコミュニケーションが図れるようになること。

薬学部

カリキュラム・ポリシー(教育課程の内容・方法の方針)
1年次 「全学共通科目(一般教養科目)」や 「専門基礎科目」を学び、深い教養を身につけ、薬学専門課程に移行するための基礎能力を高める。 「早期体験学習」により、目的意識を明確にし、薬剤師への志向と学習意欲の向上を図る。
2年次 3年次以降のより高度な専門教育を学ぶ上で基盤となる基礎的知識や技術をそれぞれの科目ならびに実習を通して学ぶ。「物理・化学系統合演習(PBL)」により、早い時期からの科学的思考力および問題の主体的解決能力を養う。
3年次 薬の効き方や疾患などに関する「医療薬学系」、薬をつくる「薬剤系」ならびに2年次より引き続く専門科目のより高度な分野を学ぶ。「生物・衛生・生薬系統合演習(PBL)」により、科学的思考力および問題の主体的解決能力を養う。
4年次 3年次から引き続く「医療薬学系」および「薬剤系」に加えて、薬学に関連する法律の「社会薬学系」など の医療現場により身近に関連する専門科目を学ぶ。さらに、5年次からの臨床実務実習の準備導入教育により、 薬剤師職務に必要な基礎知識、技能、態度を修得する。「医療薬学系統合演習(PBL)」、 「薬剤系統合演習(PBL)」で臨床における問題解決能力を養うため、総合的、包括的に実践能力を育成する。
5年次 病院や薬局で臨床実務実習を行い、臨床現場で薬剤師に求められる基礎知識・技能・態度の修得を目指す。
6年次 研究室に分かれて卒業研究を行うとともに、「薬学アドバンスド教育」により、医療に貢献できる能力、倫理性、問題発見・解決の能力、論理的思考力を養い、さらに発展させうる人材を養成する。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

幅広い教養、コミュニケーション能力の豊かな人間性、研究する心と態度、高い創造性、問題発見・解決の能力、 倫理的思考力、生涯にわたり学び続ける意思と能力、医療に貢献できる能力などを身につけ、 医療貢献あるいは社会貢献ができること。

人間社会学群

カリキュラム・ポリシー(教育課程の内容・方法の方針)

人文・社会・自然科学に関する幅広い教養を身につけるとともに、それぞれが国際言語文化、現代法律、 産業経営に関する専門分野を深く修めることによって、人間社会の諸問題に柔軟に対処できる人材を育成する。

全学共通科目並びに人間社会学群の学群共通科目・学類専門基礎科目・学類技能科目を 主に1年次と2年次に修得させる。この間に、幅広い専門分野から学生の専攻する学類を選択する上で 必要な情報を提供するとともに、専門科目への導入となる科目を1年次と2年次に配置している。 そして、1年次終了時に、国際言語文化学類、現代法律学類、産業経営学類への所属を決めさせる。

国際言語文化学類

カリキュラム・ポリシー(教育課程の内容・方法の方針)
2年次 外国語力・日本語力を総合的に向上させるとともに、 その言語を使用する人々の文化や社会などについての基礎となる知識を幅広く学び、 教養人としての感性を高める。
3年次 外国語・日本語による表現力や思考力を磨くとともに、多様で幅広い専門分野での学びを通して、 知識を有機的に統合し、国際的視野に立つ教養人としての感性を高める。
4年次 4年間を通して修得した幅広い教養と専門的知識によって、自らが設定した課題について考察し、 自らの言語・文化のみならず、他の言語・文化を総合的に理解し、コミュニケーション能力に優れ、 国際社会と地域社会のいずれにも深い関心と洞察力を持った高度で 実践的な外国語力・日本語力を有した人材を養成する。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
  1. 国際言語コースは、英語を中心にドイツ語、スペイン語、中国語、韓国語など複数の言語・文化・歴史・社会を有機的に学び、 多様な価値観を持つ人々との共生が実現可能な国際的視野に立つ教養人になること。
  2. 医療外国語コースは、外国語運用能力及び外国文化の知識を身につけることに加え、 さらに医療分野の知識を統合し、実践の場で活用する能力を身に付けた国際的視野に立つ教養人になること。
  3. 日本語教育・日本文化コースは、外国語運用能力、日本語・日本文化についての深い知識及び日本語による 優れたコミュニケーション能力を修得し、グローバル化する現代の社会で国際的視野に立つ教養人になること。

現代法律学類

カリキュラム・ポリシー(教育課程の内容・方法の方針)
  1. 学類専門基礎科目の法学および政治学の入門科目では、全学共通科目と専門科目を架橋し、 年次に合わせて体系的かつ段階的に専門科目を学修するために必要となる基礎知識を授けている。
  2. 学類専門科目は、各コースの学修において中核となる基本六法を配置し、 法学および政治学の専門的知識を修得させ、その知識を用いた思考力を養成する。
  3. 将来を見据えた各コースの指定科目は、現在または将来の諸課題に対処できるよう、基本六法をさらに発展・展開 させた複合法領域および関連する学際的な学問領域の知識を修得させ、その知識を用いた思考力を養成する。
  4. 各コースで修得した知識および思考力に裏付けられた問題解決能力である「リーガルマインド」を涵養し、また学生のコミュニケーション能力の強化を図るよう基礎演習を提供する。 更に演習は、選択したコースと卒業後の進路を意識し、学生が将来の目標を設定し専門的知識を活かして 自己実現を図ろうとする学習意欲に応える。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
  1. 多様化・加速化する現代社会に関心を抱き、必要とされる教養の知識並びに法学及び政治学の専門的知識を修得すること。
  2. 知識に裏付けられた法的判断能力及び実際的な問題解決能力である「リーガルマインド」を身につけていること。
  3. 「リーガルマインド」をもって、現在及び将来起こり得る社会問題を整理し理論的に考え、 自ら行動を起こし、他人と協働して合理的に解決する力(「考・動・力」)を身につけていること。

産業経営学類

カリキュラム・ポリシー(教育課程の内容・方法の方針)
2年次 対象となる学問全体についての全体像を持たせると共に、 全コースにおいて必要となる基礎的な知識を修得させる。
3年次 各コースについてより深く学ばせ、座学に加え各技能修得のための演習を通して、使える知識の定着を図る。 資格取得に寄与する科目・講座の履修を支援する。
4年次 既存の知識を修得させると共に、現状の問題点がどこに在るのかを十分に認識させ、 自らが選んだテーマについて考察を行わせ、卒業論文という形に結実させる。また、目標とした資格と 関わりのある職業・仕事への理解を深耕させ、更なる挑戦(挑戦の継続)を促進する。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
  1. 学問領域に対する専門的な知識及び技能を有すること。
  2. 自らが抱いた疑問点に対して、修得した様々な技能を駆使し積極的にその解をもとめようとする問題解決能力を身につけていること。
  3. コミュニケーション能力と自ら考え行動できる人間力を身につけていること。

看護学部

カリキュラム・ポリシー(教育課程の内容・方法の方針)
  1. 多様化する社会のニーズに応えるための幅広い教養知識を修得する。
    社会のさまざまな分野における知識を学ぶとともに、 総合的・学際的な分野と専門分野が相互に補完しあうことによって幅広い教養と豊かな感受性を身に付ける。
  2. 生命の尊厳や人権を守り、多様な価値観や意思を認め尊重できる。
    生命の尊厳や人権尊重の理念について、理解を深めることにより、自らの価値観や人間観を育み、 人々の人生や生活に対する価値観や意思が、多様で個別的であることを理解し、 様々な価値を受容し尊重できる豊かな人間性を育成する。
  3. 基礎的な看護実践力を育成する。
    看護学と医学の基礎的知識を学修し、論理的な思考と科学的な根拠に基づいた看護実践を 展開できる能力をもとに、総合的なヒューマンケアに基づく看護実践能力を育成する。
  4. 保健医療福祉チームの一員として多職種と連携・協働できる。
    保健・医療・福祉チームの一員として、病院施設の機能やチーム医療における看護及び多職種の役割を理解し、 多職種と連携・協働して、看護の役割を果たすことができる能力を育成する。
  5. 科学的思考と問題解決能力、主体的学習能力で自己成長ができる。
    看護の質の向上や多様なニーズに応えるためには、看護に関する課題の解決に向けた科学的思考と 問題解決能力が必要になることから、継続的に看護学を探求しつづける基盤を維持し、 看護の知識を学び、適切な看護実践を選択し行動するための科学的知識と問題解決能力を育成する。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
  1. 職業人として、日本語及び外国語の運用能力並びに情報リテラシーの基礎を身に付け、 これらを用いて論理的な分析と思考・判断及び表現する能力を有する。
  2. 語学の学修を通して、他者とのコミュニケーションに必要な基礎的能力を有する。
  3. 生命への畏敬の念と人間の尊厳を守るための倫理的態度を有している。
  4. 多様な価値観、個性を尊重する態度を有している。
  5. 人間と生活、心身の健康、社会の直面する諸課題についての基礎知識を修得し、 人間・健康・社会の関係を体系的に理解する能力を有する。
  6. 看護の目的と対象となる個人・家族・集団の特性を理解し、 健康問題の特定と解決に必要な看護実践ができる基礎的能力を有する。
  7. 保健・医療・福祉チームの一員として、多職種と連携・協働するために必要な基礎的能力を有する。

ページの先頭へ