大学案内

教育研究上の目的(学部)

外国語学部の目的
外国語学部外国語学科は、英語を中心とした複数の外国語運用能力又は日本語・日本文化についての 深い知識及び日本語による優れたコミュニケーション能力を身につけて、多文化共生社会において活躍できる、人間性豊かな、実践力に富む国際人を育成することを目的とする。
法学部の目的
法学部法律学科は、法律及び政治学に関する専門的知識を授けることによって、 的確で柔軟な法的判断能力及び実際的な問題解決能力を備えた職業人を育成して地域社会に貢献することを目的とする。
経済情報学部の目的
経済情報学部経済情報学科は、経済学・経営学及び情報学を融合した幅広い専門知識を有し、 コミュニケーション能力及び問題解決能力を備えた、実践力に富む人材を育成することを目的とする。
医療保健学部 理学療法学科の目的
医療保健学部理学療法学科は、資質の高い技術及び応用能力を備え、 医師を始めとした関連医療職と連携・協力して医療ができる、要介護高齢者及び障害者の理学療法並びに健常者に対する疾病予防処置などにも対応できる、人間性豊かな患者から信頼される理学療法士を育成することを目的とする。
医療保健学部 作業療法学科の目的
医療保健学部作業療法学科は、医学的知識のみならず、 人間と生活環境について総合的な視点から分析できる幅広い知識及び高度な臨床実践力を備え、 臨床現場において患者のニーズを的確に捉え、しなやかで創造的な支援を行うことができる実践的な作業療法士を育成することを目的とする。
医療保健学部 言語聴覚療法学科の目的
医療保健学部言語聴覚療法学科は、言語治療学の専門的知識と技術を修得し、 様々な障害に対して最善のアプローチ方法を探求、実践し、 科学的根拠のもとに検証する質の高い臨床活動を行える能力、患者の社会的背景を考慮しながら その機能向上と実用的能力の確立を目指し、さらに自立と社会参加を支援することのできる能力を身につけた、 社会の要請に応える言語聴覚士を育成することを目的とする。
医療保健学部 こども保健学科の目的
医療保健学部こども保健学科は、健康や保健にかかわる医療教育を基礎とし、 「看護・臨床」、「養護・保育」、「教育・心理」を始め、医療・保健の専門的知識と技術を修得し、 こどもの健全な育ちを願い、適切かつ必要な総合的・専門的な発達支援を可能にする職能を備え、 乳幼児から就学前までの幼児を一貫した保育理念に基づき、 こどもの発達を支援する専門職者を育成することを目的とする。
医療保健学部 臨床工学科の目的
医療保健学部臨床工学科は、医学及び工学の幅広い専門的知識並びに最先端の診断・治療技術を修得し、 医療従事者としての自覚及び倫理観をもち、患者との間に良好な信頼関係が樹立できる能力を身につけた、 より質の高い医療を提供できる臨床工学技士を育成することを目的とする。
薬学部
薬学部医療薬学科は、人間性豊かな幅広い教養、問題発見・解決の能力及び論理的思考力、 医療事故及び薬害を防ぐ安全管理能力、並びに先端医療科学に対応できる能力等を修得し 、医療機関、企業及び公共機関等において活躍できる、豊かなコミュニケーション能力を備え、 生涯にわたり学び続ける意思及び能力を身につけた幅広い視野を持つ高い資質の薬剤師を養成することを目的とする。
人間社会学群

現代は、高度情報化、グローバル化、少子高齢化あるいは多文化共生で表現される複雑な社会であり、 その中で多様な価値観を持った人々が共存して生きる時代である。このような時代にあっては、 人と社会に関する幅広い知識を有し、専門分野も究めた自在性のある人材が求められる。 人間社会学群においては人文・社会・自然科学及び医療福祉に関する幅広い教養を身に付けるとともに、 それぞれが、国際言語文化、現代法律学、産業経営に関係する専門分野を深く修めることによって、 現代の人間社会における諸課題に正しく対処できる人材を育成することをその目的とする。

国際言語文化学類は、自らの言語・文化のみならず、さまざまな他の言語・文化の学修・修得を通じて、 コミュニケーション能力に優れ、多くの人々と互いに分け隔てなくしなやかに共生し、 国際社会への洞察力と地域社会への愛着を兼ね備えた人材を養成することを目的とする。

現代法律学類は、幅広い教養と法律学および政治学に関する専門知識を授け、的確で柔軟な法的判断能力及び実践的な問題解決能力を備えた、現在および将来にわたり社会に貢献することのできる人材を養成することを目的とする。

産業経営学類は、一般社会やビジネス界で必要となる、経済・経営、会計・情報に関する教養と専門知識を授け、問題解決能力を有し、高い倫理性と責任感をもって判断し、行動できる人材を養成することを目的とする。

看護学部
看護学部看護学科は、生命の尊厳と個人の尊重であるヒューマンケアを基盤とし、 看護に関する専門知識・技能を学修し、科学的思考力と主体的学習能力を涵養することによって、 看護実践の質の向上に役立て、地域社会に貢献できる専門看護職者の育成を目的とする。

ページの先頭へ