3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

薬学部は、薬の専門家としての実践的能力、高い倫理観と豊かな人間性を備え、人々の健康の保持・増進と福祉の向上に貢献し、薬物治療の進展に資する研究心をもった薬剤師を育成することを目的とし、以下に示す資質や能力を身につけた学生に学士の学位を授与します。

  • 薬剤師としての使命:薬剤師に求められる社会的責任を自覚すると共に、医療人としての倫理観を持ち、薬剤師の義務および法令を遵守し、人々の生命・健康・安全を守る使命感を持って行動できる。
  • コミュニケーション能力:円滑な人間関係を構築し、的確な情報の伝達および収集ができるコミュニケーション能力を有する。
  • チーム医療:医療に携わる多職種の役割を理解・尊重し、薬剤師の専門性を生かし、患者にとっての最善の結果を実現するように考えて行動する能力を有する。
  • 基礎的な科学力:医薬品・化学物質等の特性を理解し、生態および環境に対する影響を理解するために必要となる基礎的な知識と科学的思考を有する。
  • 薬物療法における実践能力:患者の病態に基づいた薬物療法を、科学的根拠を考慮したうえで総合的に評価し、適切な調剤、服薬指導、処方設計の提案等の薬学的管理を実践する能力を有する。
  • 地域の保健・医療への貢献:地域の保健医療の担い手の一員として、プライマリケア、セルフメディケーション等を通じ、人々の健康増進、公衆衛生の向上に貢献する能力を有する。
  • 研究への取り組み:薬剤師として個々の業務を遂行する中で、多角的な視点から様々な問題や課題を解析し、その解決のための研究を遂行する意欲と解決能力を有する。
  • 自己研鑽と教育能力:薬剤師として社会から求められる要求に応えるために、医療と医薬品の進歩に関する情報や社会的動向を把握し、生涯にわたり自己研鑽を続けると共に、次世代を担う人材を育成する意欲と態度を有する。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の内容・方法の方針)

本学部のディプロマ・ポリシーを達成するために、「薬学教育モデル・コアカリキュラム」に準拠した科目と本学独自の科目を段階的に配置し、実施する。

  • 医療人としての高い倫理観、使命感を育成するための科目を低年次より配置し、薬剤師への志向と学習意欲の向上を図りつつ、高年次では薬剤師に求められる社会的責任を自覚するとともに、備えるべき心構えを育成する。
  • 科学的思考力および問題の主体的解決能力を養い、コミュニケーション能力を熟成させる。
  • 臨床における問題解決能力を養い、薬剤師職務に必要な基礎知識、技能、態度を修得するとともに、チーム医療を実践する能力、態度を育成する。
  • 全学共通科目(一般教養科目)や、薬学専門課程に移行するための基礎能力を高めるための専門基礎科目、および国際性を育む外国語教育科目を低年次より編成し、深い教養を養う。
  • 薬学の専門的知識や技術を修得するために専門科目、実習科目を編成し、基礎から段階的に実施するとともに、適切な薬物療法を実施する能力を育成する。
  • 近隣の薬剤師会と連携した科目や、実践的実習科目などを編成し、地域の保健・医療に貢献できる能力を養成する。
  • 卒業研究、統合演習科目(PBL)および薬学アドバンスト教育により、多角的な視点から問題を発見・解決できる能力およびプレゼンテーション能力を養成する。
  • 実務実習、卒業研究により、医療と医薬品の進歩に関する情報を収集し、生涯にわたり自己研鑽を続け、次世代を育成する意欲と態度を養う。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

「大学は学問を通じての人間形成の場である」という獨協学園の教育理念を基に、教育目標、ディプロマ・ポリシーおよびカリキュラム・ポリシーのもと、医療を担う者としての高い倫理観、薬剤師として必要な高度な知識と技術を学ぶ強い意志と協働性をもった、次のような人を求める。

医療薬学科
  1. 薬学を学ぶために必要な基礎学力を有している人
  2. 何事にも積極的に取り組む学習意欲が旺盛な人
  3. 薬学における最新の知識・技術を修得し、薬剤師として社会貢献することを目指す人
  4. 良き医療人になるために必要な思いやりと協調性、およびコミュニケーション力を身につける努力のできる人

カリキュラム・マップ
平成29年度以前 入学生 平成30年度以降 入学生
シラバス
シラバス
薬学教育モデル・コアカリキュラム
平成25年度改訂版
改訂以前のモデル・コアカリキュラム
薬学教育モデル・コアカリキュラム 実務実習モデル・コアカリキュラム
[myphp file='f-link']