最新情報

  • ホーム
  • 最新情報
  • 新型コロナウイルス感染症に係る学生対応について (2020年5月12日)

新型コロナウイルス感染症に係る学生対応について (2020年5月12日)

学生の皆さんへ

姫路獨協大学長

 

新型コロナウイルス感染症に係る学生対応について(2020年5月12日)

 

新型コロナウイルス感染症が全世界に拡散しています。WHOは3月13日、2009年の新型インフルエンザ以来のパンデミック(世界的な大流行)と宣言しました。兵庫県そして姫路市でも感染者が散見されており、皆さんのさらなる感染予防への協力を要請するものです。

 

(1)日常の対策

 咳エチケット、手洗い、人混みを避ける、具合の悪い場合は無理せず休養をとる、等の感染対策を十分にお願いします。イベントや行事においては、換気を十分に行い、アルコール消毒も利用してください。

 

(2)体調が不良な時は

 風邪の症状や、発熱、体調不良(強いだるさや息苦しさ)を感じる場合、学生本人が本学教務課【079−223−6504】に電話連絡してください。体調観察記録表(ガイダンスで配布)を用いて、毎日体調観察をしてください。この間大学への登校は停止し外出を控え、1日1回、教務課に報告してください。体調観察記録表を後日教務課に提出することにより、公欠扱いとなる場合があります。

 

(3)感染症症状に対する国の指針

 本学の対応は、まず(2)教務課への連絡です。同時に下記の国の指針についても理解しておきましょう。

 新型コロナウイルス感染症の初期の症状は感冒と同様で、多くは軽症で治癒すると考えられます。しかし、以下のような状況では、さらに適切な対応が求められています。

 少なくとも以下の①②③のいずれかに該当するときは、すぐに姫路保健所あるいは兵庫県帰国者・接触者相談センターに連絡し、指示を仰いでください。

① 発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く(4日以上続く)場合

② 強い倦怠感や息苦しさ(呼吸困難)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

③ 高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患などの基礎疾患のある人、透析を受けている人、免疫抑制剤や抗がん剤を使用している人、妊婦等、重症化しやすい方で発熱や咳などの比較的軽い風邪症状のある場合

 

姫路保健所【電話 (専用ダイヤル)079-289-0055(平日8時35分~19時、土日・祝日8時35分~17時20分)】

兵庫県帰国者・接触者相談センター【電話(専用ダイヤル)078-362-9980(24時間受付)、FAX番号 078-362-9874

 

(4)家族、友人等に新型コロナウイルス の感染があったら

 いわゆる「濃厚接触者」に該当する可能性があります。

「濃厚接触者」とは、患者(診断確定例)が発病した日の2日前から接触した者のうち、次の範囲に該当する者のことです。

・患者(診断確定例)と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者。

・適切な感染防御無しに患者(診断確定例)を診察、看護あるいは介護していた者。

・患者(診断確定例)の気道分泌液、体液等に直接触れた可能性の高い者。

・手で触れること、または対面で会話することが可能な距離(目安として1メートル以内かつ15分以上)で、必要な感染予防策無しに患者(診断確定例)と接触があった者。

 

「濃厚接触者」と判断され欠席する場合は、公欠(14日間)扱いとなるので、教務課にも早急に連絡をいれること教務課電話番号 079-223-6504

「濃厚接触者」と判断される場合は、感染者と接触した最終日から14日間、健康状態に注意を払います。保健所から連絡のあることがあります。発熱や呼吸器症状、倦怠感等が現れた場合は、保健所へ連絡、指示を仰いでください。特にこの期間は、マスク使用・咳エチケットと手洗いを徹底し、不要不急の外出は控え、やむを得ず移動する際にも、公共交通機関の利用は避けて下さい。

 

(5)一人暮らしの学生へ

一人暮らしの学生が(2)(3)(4)の状況になれば、保護者等への連絡を密にした状況で不要不急の外出を控え、可能な限り他人との接触を控えてください。急な体調の悪化がある時は、すぐに保護者に連絡してください。

 

(6)その他

 不要不急な集会(食事会や飲み会も含む)は、可能な限り延期あるいは自粛して、濃厚接触の機会を減らすよう努めてください。

 また海外渡航をした学生で、帰国後自宅待機等の行動制限を受けた場合も教務課に連絡を入れてください。