角山 圭一

  • 角山 圭一
    [かどやま けいいち]

    • 学部

    • 薬学部医療薬学科:薬理学研究室 准教授

    • 連絡先

    • 部屋番号:Y505

専門分野

  • 薬理学
  • 神経化学

担当科目

  • 疾患薬理学 I・II・III
  • 薬理系統合演習
  • 薬理学実習
  • 薬学応用演習
  • 薬学総合演習
  • 薬理学 (医療保健学部)

メッセージ

  • 薬学部では、薬に関する科学を基礎から臨床まで広範囲に学ぶため、勉強は決して楽ではありません。しかし、その中に「面白いところ」が必ずあります。これらを追及していくことは、勉強へのモチベーションにつながり、知識の蓄積が促進します。私達と一緒に学びましょう。

学歴

  • 金沢大学大学院医学系研究科

学位

  • 博士 (医学)

免許・資格

  • 薬剤師免許
  • 研修認定薬剤師

主な職歴

  • 2007-
  • 姫路獨協大学 薬学部 薬理学研究室
  • 2004-2007
  • 大阪大学大学院 医学系研究科 生体生理医学専攻 分子再生医学
  • 2001-2004
  • 大阪バイオサイエンス研究所 分子行動生物学部門
    (科学技術振興事業団・戦略的基礎研究推進事業「脳を知る」研究員)

所属学会

  • 日本薬理学会 (学術評議員)
  • 日本生化学会
  • 日本神経科学会
  • 日本再生医療学会

原著・総説・著書

原著 (英文) (2010年以降)

  • Keiichi Kadoyama, Kenji Matsuura, Masaoki Takano, Koji Maekura, Yukari Inoue, Shogo Matsuyama. Changes in the expression of prefoldin subunit 5 depending on synaptic plasticity in the mouse hippocampus. Neuroscience Letters 712: Article ID 134484, 2019.
  • Keiichi Kadoyama, Mariko Takenokuchi, Kenji Matsuura, Hiroaki Shichiri, Aimi Watanabe, Hirotsugu Yamaguchi, Hisashi Takahashi, Hiromi Takano-Ohmuro, Taizo Taniguchi. Therapeutic effects of shikonin on skin lesions in mouse models of allergic dermatitis and wound. Traditional & Kampo Medicine 6: 62-70, 2019.
  • Mariko Takenokuchi, Keiichi Kadoyama, Daisuke Yoshida, Shigeki Takaki, Ryoma Yamamoto, Katsuyasu Saigo, Taizo Taniguchi. Evaluation of absorbability of macromolecular substances in the oral mucosa and skin using a three-dimensional tissue culture model. Biology and Medicine 10 (5): Article ID 1000448, 2018.
  • Kenji Matsuura, Mieko Otani, Masaoki Takano, Keiichi Kadoyama, Shogo Matsuyama. Proteomic analysis of hippocampus and cortex in streptozotocin-induced diabetic model mice showing dementia. Journal of Diabetes Research 2018: Article ID 8953015, 2018.
  • Kenji Matsuura, Mieko Otani, Masaoki Takano, Keiichi Kadoyama, Shogo Matsuyama. The influence of chronic nicotine treatment on proteins expressed in the mouse hippocampus and cortex. European Journal of Pharmacology 780: 16-25, 2016.
  • Keiichi Kadoyama, Kenji Matsuura, Tooru Nakamura-Hirota, Masaoki Takano, Mieko Otani, Shogo Matsuyama. Changes in the expression of collapsin response mediator protein-2 during synaptic plasticity in the mouse hippocampus. Journal of Neuroscience Research 93(11): 1684-1692, 2015.
  • Masaoki Takano, Mami Ohkusa, Mieko Otani, Kyong-Son Min, Keiichi Kadoyama, Katori Minami, Keiji Sano, Shogo Matsuyama. Lipid A-activated inducible nitric oxide synthase expression via nuclear factor-κB in mouse choroid plexus cells. Immunology Letters 167 (2): 57-62, 2015.
  • Kenji Matsuura, Mieko Otani, Masaoki Takano, Keiichi Kadoyama, Shogo Matsuyama. The influence of chronic ibuprofen treatment on proteins expressed in the mouse hippocampus. European Journal of Pharmacology 752: 61-68, 2015.
  • Kenji Matsuura, Tooru Nakamura-Hirota, Masaoki Takano, Mieko Otani, Keiichi Kadoyama, Shogo Matsuyama. Proteomic analysis of time-dependent changes in proteins expressed in mouse hippocampus during synaptic plasticity induced by GABAA receptor blockade. Neuroscience Letters 555: 18-23, 2013.
  • Tooru Nakamura-Hirota*, Keiichi Kadoyama*, Masaoki Takano, Mieko Otani, Shogo Matsuyama (*equally contributed author). The expression changes of EphA3 receptor during synaptic plasticity in mouse hippocampus through activation of nicotinic acetylcholine receptors. NeuroReport 23 (13): 746-749, 2012.
  • Takashi Kato, Hiroshi Funakoshi, Keiichi Kadoyama, Satsuki Noma, Masaaki Kanai, Wakana Ohya-Shimada, Shinya Mizuno, Nobutaka Doe, Taizo Taniguchi, and Toshikazu Nakamura. Hepatocyte growth factor overexpression in the nervous system enhances learning and memory performance in mice. Journal of Neuroscience Research 90 (9): 1743-1755, 2012.
  • Shunmei Chiba, Erika Takada, Mamoru Tadokoro, Taizo Taniguchi, Keiichi Kadoyama, Mariko Takenokuchi, Seiya Kato, Noboru Suzuki. Loss of dopaminoreceptive neuron causes L-dopa resistant Parkinsonism in tauopathy. Neurobiology of Aging 33 (10): 2491-2505, 2012.
  • Mieko Otani, Taizo Taniguchi, Akiko Sakai, Jouji Seta, Keiichi Kadoyama, Tooru Nakamura-Hirota, Shogo Matsuyama, Keiji Sano, Masaoki Takano. Phosphoproteome profiling using a fluorescent phosphosensor dye in two-dimensional polyacrylamide gel electrophoresis. Applied Biochemistry and Biotechnology 164 (6): 804-818, 2011.
  • Takaaki Nishimoto*, Keiichi Kadoyama*, Taizo Taniguchi, Masaoki Takano, Mieko Otani, Tooru Nakamura-Hirota, Yabin Lu, Akira Matsumoto, Shogo Matsuyama (*equally contributed author). Synaptotagmin1 synthesis induced by synaptic plasticity in mouse hippocampus through activation of nicotinic acetylcholine receptors. Neuroscience Letters 489 (1): 25-29, 2011.
  • Mariko Takenokuchi, Keiichi Kadoyama*, Shunmei Chiba, Miho Sumida, Shogo Matsuyama, Katsuyasu Saigo, Taizo Taniguchi* (*Corresponding authors). SJLB mice develop tauopathy-induced parkinsonism. Neuroscience Letters 473 (3): 182-185, 2010.

原著 (和文) (2010年以降)

  • 清水範彦、島田(大谷)若菜、角山圭一、早川寿行、千葉博信、Sun Woong、中村敏一、船越洋 神経特異的HGF遺伝子発現はALSモデルTgマウスの運動神経変性とグリオーシスを抑制し寿命を延長する 日本実験動物技術者協会北海道支部会誌、38巻、10-16、2014年
  • 松山正剛、角山圭一、松浦健二 細胞表面受容体(EphA3受容体とシナプス可塑性) 生体の科学、64巻 5号、474-475、2013年
  • 渡邉愛未、七里博章、炬口真理子、宮本和英、角山圭一、谷口泰造 「アレルギー性皮膚炎の治療薬 -シコニンの効果-」 SMALL ANIMAL DERMATOLOGY、9巻1号、60-65、2013年
  • 船越洋、島田(大谷)若菜、角山圭一、加藤貴史、中村敏一、北村和也、中村雅也、戸山芳昭、岡野栄之、青木正志 再生因子(HGF)の神経系における機能と神経再生医療への展開の可能性 人工血液、20巻、1号、12、2012年

総説 (2010年以降)

  • Keiichi Kadoyama, Kaori Kadoyama, Hiroshi Funakoshi, Toshikazu Nakamura, Toshiyuki Sakaeda. Therapeutic potential of hepatocyte growth factor for treating neurological diseases. Current Drug Therapy 6: 197-206, 2011.

口頭発表・ポスター

国内学会 (2010年以降)

  • 前倉孝治、山野亮、松浦健二、角山圭一、松山正剛、鷹野正興 老化心臓におけるプロテオーム解析 日本薬学会第140年会(京都・誌上開催)、2020年
  • 井上ゆかり、佐伯玲央、角山圭一、吉川豊 畜産物由来タンパク質の糖尿病起因による認知症予防の可能性 日本薬学会第140年会(京都・誌上開催)、2020年
  • 角山圭一、松浦健二、鷹野正興、前倉孝治、井上ゆかり、松山正剛 プレフォルディンサブユニット5はシナプス可塑性に必須の分子か? 第92回日本生化学会大会(横浜)、2019年
  • 井上ゆかり、角山圭一、吉川豊 糖化ストレスに起因する認知症予防を目指した亜鉛化合物の効果 第92回日本生化学会大会(横浜)、2019年
  • 谷口泰造、角山圭一、炬口真理子、大室弘美、井上ゆかり、井戸垣秀聡、高橋尚士 紫根(シコニン)の再評価 第35回和漢医薬学会学術大会(岐阜)、2018年
  • 松浦健二、角山圭一、鷹野正興、尾谷三枝子、松山正剛 ニコチンによるマウス海馬シナプス可塑性発現下での Prefoldin subunit 5 の発現変化 第66回日本薬学会近畿支部総会・大会(大阪薬科大学)、2016年
  • 松浦健二、尾谷美枝子、鷹野正興、角山圭一、松山正剛 糖尿病性認知症モデルマウスの海馬及び大脳のプロテオーム解析 第89回日本薬理学会年会(横浜)、2016年
  • 齋藤琢也、松浦健二、角山圭一、高橋尚士、山口洋嗣、高杉瑠美、谷口泰造 皮膚アレルギー・創傷に対するシコニンの効果 日本薬学会第135年会(神戸)、2015年
  • 松浦健二、角山圭一、鷹野正興、尾谷美枝子、松山正剛 ニコチン投与によるマウス海馬における長期増強様作用発現下での prefoldin subunit 5 の経時的発現変化 第88回日本薬理学会年会(名古屋)、2015年
  • 清水範彦、島田(大谷)若菜、角山圭一、Woong Sun、中村敏一、船越洋 神経特異的HGF遺伝子発現はALSモデルTgマウスの運動神経変性とグリオーシスを抑制し寿命を延長する 第61回日本実験動物学会総会・第48回日本実験動物技術者協会総会・合同大会(札幌)、2014年
  • 松浦健二、角山圭一、廣田徹、鷹野正興、尾谷三枝子、松山正剛 ニコチン受容体刺激によるLTP様作用発現下でのマウス海馬におけるCRMP2経時的発現変化 第86回日本薬理学会年会(福岡)、2013年
  • 谷口泰造、吉田ルシア幸子、七里博章、渡邊愛未、炬口真理子、角山圭一、宮本和英、大室弘美 抗炎症及び抗酸化作用を有する生薬成分シコニンの神経変性疾患(アルツハイマー病及びパーキンソン病)治療への応用-モデル動物を用いた検討 第86回日本薬理学会年会(福岡)、2013年
  • 船越洋、島田(大谷)若菜、角山圭一、加藤貴史、北村和也、中村雅也、戸山芳昭、 岡野栄之、青木正志、中村 敏一 再生因子(HGF)の神経系における機能と神経再生医療への展開の可能性 第19回日本血液代替物学会年次大会(旭川)、2012年
  • 七里博章、渡邉愛未、大鐘紗也香、松浦健二、炬口真理子、角山圭一、宮本和英、谷口泰造 創傷治癒を阻害しない抗炎症薬を求めて-シコニンとステロイドの対比- 第62回日本薬学会近畿支部総会・大会(武庫川女子大学)、2012年
  • 渡邉愛未、七里博章、炬口真理子、角山圭一、宮本和英、中村隆典、高橋尚士、大室弘美、岩崎利郎、谷口泰造 アレルギー性皮膚炎に対するシコニンの効果について 日本獣医内科学アカデミー/日本獣医臨床病理学会2012年大会(横浜)、2012年
  • 加藤貴史、船越洋、角山圭一、野間さつき、金井将昭、島田(大谷)若菜、水野信哉、土江伸誉、谷口泰造、松山正剛、中村敏一 中枢神経におけるHGFの発現亢進はマウスの記憶・学習機能を向上させる 第84回日本生化学会大会(京都)、2011年
  • 鷹野正興、大草真美、松山正剛、廣田徹、角山圭一、尾谷三枝子、佐野圭二 脈絡叢上皮細胞ECPC-4細胞における炎症性タンパク発現とLPSによるその誘導 第131年会日本薬学会(静岡・誌上開催)、2011年(開催中止)
  • 廣田徹、角山圭一、鷹野正興、尾谷三枝子、松山正剛 ニコチンによって誘導されるマウス海馬におけるin vivo LTP様作用下でのEphA3受容体発現の経時的変化 日本薬理学会総会(横浜・誌上開催)、2011年(開催中止)
  • 廣田徹、鷹野正興、尾谷三枝子、角山圭一、松山正剛 GABAA受容体阻害剤bicuculline投与によるマウス海馬のプロテオミクス解析 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会(神戸)、2010年
  • 角山圭一、船越洋、島田(大谷)若菜、中村隆弘、松本邦夫、松山正剛、中村敏一 ALS依存的なHGFによるc-Met/HGF受容体(c-Met)の活性化とその制御機構 第9回日本再生医療学会総会(広島)、2010年
  • 千葉俊明、高田えりか、樋山梢、谷口泰造、角山圭一、田所衛、鈴木登 認知症モデルマウスにおける移植治療への検討 第9回日本再生医療学会総会(広島)、2010年

国際学会 (2010年以降)

  • Taizo Taniguchi, Mariko Takenokuchi, Kazuhide Miyamoto, Keiichi Kadoyama, Hiromi Takano-Ohmuro, Hirotsugu Yamaguchi. WAKI: A new promising cosmetic raw material. The 4th Biotechnology World Congress (Sharjah, UAE), 2016.
  • Kenji Matsuura, Mieko Otani, Masaoki Takano, Keiichi Kadoyama, Shogo Matsuyama. The influence of chronic nicotine treatment on proteins expressed in the mouse hippocampus and cortex. The 25th Meeting of the International Society for Neurochemistry (Cairns, Australia), 2015.
  • Taizo Taniguchi, Shunmei Chiba, Mariko Takenokuchi, Keiichi Kadoyama, Kazuhide Miyamoto, Shogo Matsuyama, Masaoki Takano, Mieko Otani. SJLB; an animal model for Alzheimer disease and L-dopa resistant parkinsonism in tauopathy. International Society for Neurochemistry / American Society for Neurochemistry Biennial Meeting 2013 (Cancun, Mexico), 2013.
  • Mieko Otani, Masaoki Takano, Kouji Maekura, Shogo Matsuyama, Keiji Sano, Taizo Taniguchi, Tooru Nakamura-Hirota, Keiichi Kadoyama, Takami Tomiyama, Hiroshi Mori. Proteomics analysis of the mutant APPE693Δ transgenic mice hippocampus and cortex. The 23rd Biennial Meeting of International Society for Neurochemistry / European Society Neurochemistry (Athens, Greece), 2011.
  • Masaoki Takano, Mami Ohkusa, Keiichi Kadoyama, Shogo Matsuyama, Tooru Nakamura- Hirota, Mieko Otani, Keiji Sano. The choroid plexus epithelial cell line ECPC-4 cells expressed NO Synthases by LPS. The 23rd Biennial Meeting of International Society for Neurochemistry / European Society Neurochemistry (Athens, Greece), 2011

その他 (2010年以降)

  • 角山圭一 糖尿病に起因する認知障害について 第21回西播・姫路医療セミナー(姫路)、2018年

競争的資金

外部資金

  • 日本学術振興会・科学研究費助成事業・基盤研究(C) 「モデル動物を用いたタウオパチーの病態解明と肝細胞増殖因子による治療効果の検討」 2012 ~ 2015年度 (研究代表者)
  • 喫煙科学研究財団・特定研究 「アルツハイマー病モデルマウスの学習記憶障害に対するニコチンの効果に関与する蛋白質の探索同定」 2011 ~ 2015年度 (研究分担者)
  • 神戸市・神戸医療・健康・福祉分野新規開発等推進補助金 「シコニンを用いた新規動物用クリームの開発」 2011年度 (研究参画者)
  • 兵庫県産学インキュベート事業 「天然ナフトキノン誘導体のアレルギー性皮膚炎治療薬としての有用性の検討」 平成22年度 (研究分担者)
  • 日本学術振興会・科学研究費補助金基盤研究(C) 「アルツハイマー病の学習記憶障害に対する肝細胞増殖因子の機能解析と疾患治療への適用」 2008 ~ 2010年度 (研究代表者)

その他研究活動

特許 (2010年以降)

● 出願中

  • 谷口泰造、炬口真理子、角山圭一、山本和宏 、渡邉愛未 、伊中浩治 、有竹浩介 、裏出良博 、田仲広明、シコニンまたはシコニン誘導体を有効成分として含有する育毛剤およびそれらの製造方法、出願番号2016-121401(出願日:2016年6月20日)、公開番号2017-222627(公開日:2017年12月21日)
  • 谷口泰造、宮本和英、炬口真理子、角山圭一、坂井和夫、福田勝、鈴木利雄、甲元一也、山本和宏、渡邊愛未、疎水性物質包接剤およびそれを用いた疎水性物質の可溶化方法、出願番号2014-251325(出願日:2014年12月11日)、公開番号2016‐113381(公開日:2016年6月23日)

● 登録済

  • 大室弘美、吉田ルシア幸子、谷口泰造、角山圭一、アレルギー性疾患の治療剤および/または予防剤、特許第5922857号(登録日:2016年4月22日)
  • 谷口泰造、角山圭一、炬口真理子、千葉俊明、澄田美保、非ヒトモデル動物を用いたパーキンソン症候群の検査方法、特許第5558049号(登録日:2014年6月13日)
  • 裏出良博、江口直美、有竹浩介、佐藤陽、角山圭一、谷池雅子、脳損傷の予後改善薬のスクリーニング方法、特許第4944173号(登録日:2012年3月9日)

その他研究活動 (報告) (2010年以降)

  • 角山圭一、松山正剛、松浦健二、鷹野正興 アルツハイマー病モデルマウスの学習記憶障害に対するニコチンの効果に関与する蛋白質の同定 喫煙科学研究財団・特定研究・総括検討会、2016年
  • 松山正剛、角山圭一、松浦健二、谷口泰造、鷹野正興 ニコチンによるマウス海馬シナプス可塑性発現下での Prefoldin subunit 5 の発現変化 喫煙科学研究財団・特定研究・平成26年度研究成果報告会、2015年
  • 松山正剛、角山圭一、松浦健二、谷口泰造、鷹野正興 変異APP発現マウス海馬におけるニコチンによるシナプス可塑性発現の関与するプロテオーム解析 喫煙科学研究財団・特定研究・平成25年度研究成果報告会、2014年
  • 松山正剛、角山圭一、松浦健二、谷口泰造、鷹野正興 ニコチンによるマウス海馬シナプス可塑性発現下でのEphA3受容体の発現変化 喫煙科学研究財団・特定研究・平成24年度研究成果報告会、2013年
  • 松山正剛、角山圭一、廣田徹、谷口泰造、鷹野正興 ニコチンによるマウス海馬シナプス可塑性発現下でのプロテオーム解析とCRMP2の発現変化 喫煙科学研究財団・特定研究・平成23年度研究成果報告会、2012年
  • 鷹野正興、前倉孝治、尾谷三枝子、佐野圭二、廣田徹、角山圭一、松山正剛、富山貴美、森啓 アミロイド前駆タンパク質E693Δトランスジェニックマウスにおける網羅的プロテオーム 文部科学省学術フロンティア推進事業(高齢化社会における加齢性疾患の予防・治療薬と機能性食品の開発)、2011年
  • 船越洋、角山圭一、島田(大谷)若菜、青木正志、糸山泰人、宮武伸一、R.S. Coffin、水上浩明、小澤敬也、中村敏一 ALS に対するHGF の至適供給法の検討-各蛋白質供給法と遺伝子治療法を比較して 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)「筋萎縮性側索硬化症の病態に基づく画期的治療法の開発」班(課題番号H20-難治-一般-045)班会議、2011年

社会貢献活動

  • 出張講義「薬剤師という職業について」姫路市立姫路高等学校(2013年11月21日)
  • 出張講義「薬剤師という職業について」姫路市立姫路高等学校(2010年10月21日)
  • 科学技術振興機構・サイエンス・パートナーシップ・プロジェクトSPP「薬の効果を実感してみよう(AD092032)」副担当者(2010年1月6日)
  • 「第43回薬剤師のためのワークショップin近畿」および「厚生労働省による認定実務実習指導薬剤師養成のためのワークショップ」タスクフォース(2009年11月22-23日)
  • 出張講義「高校生のための薬理学講座」兵庫県立川西北陵高等学校(2008年12月16日)
  • 科学技術振興機構・サイエンス・パートナーシップ・プロジェクトSPP「薬理学講座(講初大84003)」副担当者(2008年8月29日)
  • 「第15回薬剤師のためのワークショップin近畿」および「厚生労働省による認定実務実習指導薬剤師養成のためのワークショップ」タスクフォース(2008年4月26-27日)

学内委員など

学内委員

  • 附属図書館運営委員
  • 組換えDNA実験安全委員会委員
  • DNA実験安全主任者
  • 毒物及び劇物管理委員会委員