小寺 宏尚

  • 小寺 宏尚
    [こてらひろひさ]

    • 学部

    • 医療保健学部臨床工学科:教授

    • 連絡先

専門分野

  • 血液浄化療法
  • 集中治療全般
  • 臨床免疫

担当科目

  • 生理学 (臨床)
  • 病理学 (臨床)
  • 医用機器学概論
  • 生体計測装置学
  • 人工呼吸装置学
  • 医用機器安全管理学
  • 医用治療機器学
  • 臨床医学演習
  • 生体機能代行装置学実習
  • 生体計測装置学実習
  • 医用機器安全管理学実習
  • 卒業研究
  • 卒業論文

メッセージ

  • 人間性豊かな大学生活を過ごしてください!一緒に頑張りましょう!

学歴

  • 藤田保健衛生大学大学院医学研究科腎内科学研究員 (2010)
  • 藤田保健衛生大学短期大学専攻科臨床工学専攻修業 (1998)
  • 藤田保健衛生大学衛生学部衛生技術学科卒業 (1997)

学位

  • 博士 (医学)

主な職歴

  • 2012-
  • 姫路獨協大学医療保健学部臨床工学科 准教授
  • 2008-
  • 姫路獨協大学医療保健学部臨床工学科 講師
  • 2004-2007
  • 京都市立看護短期大学看護学科 非常勤講師
  • 1998-2007
  • 京都市立病院臨床検査科臨床工学部門

所属学会

  • 日本透析医学会
  • 日本人工臓器学会
  • 日本臨床検査技師会
  • 日本臨床工学技士会

著書・翻訳書

  • 『臨床検査項辞典』 (共著):医歯薬出版 (2009)
  • 『最新臨床検査機器の全て』 (共著):医歯薬出版 (2006)

論文・解説

過去5年

  • Using Mathematical Models to Study the Decrease and Multiplication Processes of Hepatitis C Virus Antigen During the Course of Clinical Dialysis Therapy:Hirohisa Kotera, Masatomo Yashiro, Atsushi Ohashi, Toshiro Katayama;Advanced Biomedical Engineering, 2013
  • A study on the fluctuation of HCV antigens during hemodialysis herapy of dialysis patients with the HCV infection using Langmuir’s Adsorption Isotherm:Hirohisa Kotera, Masatomo Yashiro, Atsushi Ohashi, Toshiro Katayama;International Conference on Complex Medical Engineering,2011
  • 透析膜材質の違いによるHCV (hepatitis C virus)の吸着効果の吸着数理モデルを用いた検討:小寺宏尚、八城正和、大橋 篤、片山俊郎;日本生体医工学学会誌第49巻 6号、2010
  • 血液透析療法における透析膜材質の違いによるHCV(hepatitis C virus)吸着についての検討:小寺宏尚 杉山敏;藤田学園医学会誌論文集 2010
  • 血液透析療法における透析膜材質の違いによるHCV(hepatitis C virus)吸着についての検討:小寺宏尚、大橋 篤、中井 滋、福田 誠、大西重樹、八城正知、鍋島邦浩、村上和隆、富田 亮、長谷川みどり、比企能之、杉山 敏;日本透析医学会誌 第43巻第1号 2010

口頭発表・ポスター

過去5年

  • A study with using the mathematical models about the decrease and multiplication process of Hepatitis C virus (HCV) antigen by the dialysis therapy in the hemodialysis patients with HCV infection:Hirohisa Kotera, Masatomo Yashiro, Atsushi Ohashi, Toshiro Katayam;International Conference on Complex Medical Engineering, July, Kobe, Japan、2012
  • 透析膜材質の違いによるHCV (hepatitis C virus)の吸着効果のLangmuir型モデルを用いた検討:小寺宏尚、八城正和、大橋 篤、片山俊郎;日本生体医工学会シンポジューム 2011 長野
  • ヘキサデシル基及びデキストラン硫酸へのHCV吸着性について:小寺宏尚、大橋 篤、八城正知、福田 誠、宮坂 武寛、石井洋治、杉山 敏;第56回日本透析医学会 2011 横浜
  • Comparison of Two Ultrasonic Methods of One-point Measurement of PulseWave velosity Where to Set the Echo-tracking Positions, in the Adventitia or Intima:M. Tanaka, M. Sugawara, K.Niki, T. Izumi, H. Kotera, T. Okada, A. Harada;World Congress of Medical Physics and Biomedical Engineering, 2009, Munich
  • トリプトファン及び活性炭のHCV吸着性比較について:小寺宏尚、大西重樹、八城正知、大橋篤、杉山敏;第54回日本透析医学会 2009 横浜

学内委員など

  • 教務委員
  • 実験動物会委員
  • 実習検討委員会委員