道谷 卓

  • 道谷 卓
    [みちたに たかし]

    • 学類

    • 現代法律学類:学群長 教授

    • 大学院

    • 法律学専攻 公法学講座:教授

    • 連絡先

    • 079-223-2211 (代)

      079-285-0352 (代)

専門分野

  • 刑事訴訟法

(研究テーマ)

  • 公訴時効制度
  • ネットワーク犯罪の刑事手続上の諸問題
  • ニュージーランド刑事法

担当科目

学類

  • 刑事訴訟法 A
  • 刑事訴訟法 B
  • 犯罪学
  • 刑事政策
  • 警察実務
  • 現代法律学入門
  • 医療と法
  • 基礎演習 I
  • 基礎演習 II
  • 刑事訴訟法演習

大学院

  • 刑事訴訟法特殊講義 I
  • 刑事訴訟法特殊講義 II
  • 刑事訴訟法演習

メッセージ

<私の刑事法教育>

  • 刑事法教育はとかく、机上での議論が先行し、実生活とかけ離れたものになりがちです。そこで、私は大学での講義や演習のほか、「現実と遊離しない刑事法教育の実践」をめざし、刑事裁判の傍聴や刑務所・少年院などの刑事施設の見学を実施しています。刑事事件に興味のある人(刑事裁判を扱った本を読んだり、刑事法廷シーンを描くドラマを見たりするのが好な人)や、刑事司法に携わる職業(法曹、警察官、検察事務官、裁判所事務官、法務教官、刑務官)につこうと 考えているみなさん、私と一緒に刑事法を学びませんか!
    なお、本学人間社会学群現代法律学類は、伝統的に警察官志望の学生が多く在籍し、その志を遂げさせるべく、努力しています。私の専門科目(刑事訴訟法)の性格上、ゼミや講義では警察官をめざす学生が多数在籍しており、これらの学生に対し、リーガルマインド を持ち合わせた警察官になれるよう、常に、指導しています。

<私の刑事法教育> 公訴時効制度の研究

  • 2010年、殺人等の公訴時効が廃止されるという刑訴法改正は、大きな社会現象にもなりました。私はこの公訴時効制度について、その起源や存在理由といった歴史的考察をはじめ、現行法上の規定の解釈など多角的にこの制度の研究に取り組んでいます。

学歴

  • 関西大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得(1993)
  • 関西大学大学院法学研究科博士前期課程 修了(1990)
  • 関西大学法学部 卒業(1988)

学位

  • 法学修士

主な職歴

  • 2007-
  • 姫路獨協大学法学部 教授
  • 2005-2007
  • 姫路獨協大学法学部 助教授
  • 2003-2005
  • 奈良産業大学法学部 助教授

所属学会

  • 日本刑法学会
  • 日本犯罪社会学会
  • ニュージーランド学会(理事)
  • 法と教育学会
  • 日本医事法学会

著書・翻訳書

  • 『ニュージーランドを知るための63章』(共著、明石書店、2008)
  • 『ニュージーランド百科事典』(共著、春風社、2007)

論文・解説

学術論文

  • 「公訴時効制度の現状-平成22年公訴時効規定改正後の動向と課題」:山中古稀下巻・成文堂(道谷卓・2017)
  • 「自己矛盾供述の歴史的考察-陪審法73条との関連を中心として-」:姫路法学(道谷卓・2016)
  • 「修復的司法とニュージーランド刑事法」:ニュージーランド研究(道谷卓-2010)
  • 「公訴時効をめぐる最近の動向-法務省・公訴時効勉強会の最終報告について-」:姫路法学(道谷卓-2009)
  • 「時効という制度-公訴時効を中心として-」:月刊BAN(道谷卓-2008)
  • 「インターネット上の名誉毀損罪における告訴期間の起算日と公訴時効の起算点-平成一六年四月二三日大阪高裁判決を素材にして- 」:姫路法学(道谷卓-2007)
  • 「公訴時効の本質-平成一七年公訴時効規定改正をふまえて-」:姫路法学(道谷卓-2006)
  • 「殺人罪における一年一日原則-英国の公訴時効類似の制度について-」 :奈良法学会雑誌(道谷卓-2004)
  • 「ネットワーク犯罪における捜査上の問題点-捜索・差押えを中心に-」:関西大学法学論集(道谷卓-2001)
  • 「ネットワーク犯罪と捜索・差押え」 :刑法雑誌(道谷卓-2001)
  • 「ニュージーランドの刑事手続について」 :大阪経済法科大学法学研究所紀要(道谷卓-1997)
  • 「公訴時効の停止と中断の再検討-迅速な裁判の保障と公訴時効制度との関連について」:大阪経済法科大学法学論集(道谷卓-1995)
  • 「公訴時効-歴史的考察を中心として」:関西大学法学論集(道谷卓-1994)
  • 「従犯の公訴時効」 :関西大学大学院法学ジャーナル(道谷卓-1991)

判例評釈

  • 「弁護人からの証拠開示命令請求棄却に対する即時抗告提起の起算日」:『判例時報』所収判例評論(道谷卓・2013)
  • 「犯人の一時的な海外渡航と公訴時効停止の効力[最高裁平成21.10.20第一小法廷決定]」 (刑事裁判例批評(137)):刑事法ジャーナル(道谷卓-2010)
  • 「現況調査に訪れた執行官に対して虚偽の事実を申し向けるなどした刑法96条の3第1項該当行為があった時点が刑訴法253条第1項にいう「犯罪行為が終わった時」とはならないとされた事例』(最高裁 平成18年12月12日 第三小法廷決定)-競争入札妨害罪と公訴時効の起算点-」:奈良法学会雑誌(道谷卓-2008)

資料

  • 「神戸刑務所の参観について」:姫路法学(道谷卓-2007)
  • 「韓国IT法制の実務を見学して-ソウル少年院参観を中として-」:関西大学大学院法学ジャーナル(道谷卓-2003)

社会貢献活動

  • 姫路ケーブルテレビ放送番組審議会 会長(2018年~現在)
  • 神戸市六甲アイランドまちの将来像検討会 委員(2018年~現在)
  • 法務省人権擁護委員(2018年~現在)
  • 姫路市職員不祥事調査・再発防止検討専門委員(2016年~2017年)
  • 公益財団法人姫路市文化国際交流財団 評議員(2015年~現在)
  • 姫路市人権啓発センター運営推進会議:委員(2015年~現在)
  • 兵庫県立御影高等学校同窓会・清明会:会長(2015年~現在)
  • 兵庫県地域安全まちづくり審議会:委員(2014年~現在)
  • 姫路市人権教育及び啓発事業計画審議会:副会長(2014年~2015年)
  • 兵庫県警察本部・姫路市内の警察署の在り方を考える懇話会:座長(2013年)
  • サイバー空間の脅威に対する兵庫県官民合同対策プロジェクト:共同代表(2012年~現在)
  • 姫路市エコパークあぼし「土質関連調査業務報告書」に関する調査・検証委員会:委員長(2010年~2011年)
  • 兵庫県警察本部・県都及び神戸市周辺部における警察署の在り方懇話会:座長(2010年)
  • 姫路市人権教育及び啓発実施計画改訂懇話会:委員(2009年~2010年)
  • 兵庫県留置施設視察委員会:委員長(2007年~2017年)
  • 姫路市安全安心推進協議会:委員(2007年~現在)
  • 大阪家庭裁判所:参与員(2005年~現在)
  • 法務省加古川学園:篤志面接委員(1999年~現在)
  • 法務省保護司(1995年~現在)
  • 神戸市東灘区区民まちづくり会議:委員(1994年~現在)

学内委員など

  • 2015-現在
  • 副学長
  • 2015-現在
  • 学校法人獨協学園理事
  • 2009-2015
  • 法学部長
  • 2009-2015
  • 学校法人獨協学園評議員
  • 2008-2009
  • 入試・就職部長
  • 2008-現在
  • 評議員
  • 2006-2008
  • 学長補佐