高良 恒史

  • 高良 恒史
    [たから こうじ]

    • 学部

    • 薬学部医療薬学科:医療薬剤学研究室 教授

    • 連絡先

    • 部屋番号:Y303

      079-223-2211 (代)

専門分野

  • 生物系薬学
  • 医療系薬学

担当科目

  • 生物薬剤学
  • 薬物動態学
  • 薬物動態学実習
  • 薬剤学系統合演習
  • 基礎数理
  • 模擬薬局実習
  • 薬学応用演習
  • 薬学総合演習
  • 病院実務実習
  • 薬局実務実習
  • 卒業研究

メッセージ

  • 科学の素養(Science)と人間性(Humanity)を兼ね備えた薬剤師(Pharmacist)を目標として、日々前進していきましょう。

学歴

  • 2000年 神戸大学 大学院医学研究科 博士課程 修了
  • 1996年 京都薬科大学 大学院薬学研究科 修士課程 (医療薬学コース) 修了
  • 1994年 京都薬科大学 薬学科 卒業

学位

  • 博士 (医学)

免許・資格

  • 薬剤師

主な職歴

  • 2012年
  • 姫路獨協大学 医療薬剤学研究室 教授
  • 2009年
  • 姫路獨協大学 医療薬剤学研究室 准教授
  • 2006年
  • 京都薬科大学 病院薬学教室 講師
  • 2000年
  • 京都薬科大学 病院薬学教室 助手

所属学会

  • 日本薬学会
  • 日本癌学会
  • 日本医療薬学会
  • 日本薬物動態学会
  • 日本TDM学会(評議員)
  • 日本臨床薬理学会
  • 日本薬剤師会
  • 兵庫県薬剤師会

原著・総説・著書

  • F. Komada, Y. Nakayama, K. Takara: Analysis of Time-to-onset and Onset-pattern of Interstitial Lung Disease after the Administration of Monoclonal Antibody Agents. YAKUGAKU ZASSHI, 138, 1587-1594 (2018).
  • F. Kitazawa, SI. Fuchida, Y. Kado, K. Ueda, T. Kokufu, A. Okano, M. Hatsuse, S. Murakami, Y. Nakayama, K. Takara,C. Shimazaki: Pharmacokinetic interaction between tacrolimus and fentanyl in patients receiving allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. Ann. Transplant. 22, 575-580 (2017).
  • Kitazawa F, Fuchida S, Ise F, Kado Y, Ueda K, Kokufu T, Okano A, Hatsuse M, Murakami S, Nakayama Y, Takara K, Shimazaki C.: Combination of lenalidomide and low-dose dexamethasone therapy promotes the anticoagulant activity of warfarin in patients with immunoglobulin light-chain amyloidosis. Oncol. Lett. 14, 475-479 (2017).
  • Kitazawa F, Kado Y, Ueda K, Kokufu T, Fuchida S, Okano A, Hatsuse M, Murakami S, Nakayama Y, Takara K, Shimazaki C.: The interaction between oral melphalan and gastric antisecretory drugs: impact on clinical efficacy and toxicity. Mol. Clin. Oncol. 4, 293-297 (2016).
  • Mizumoto A, Yamamoto K, Nakayama Y, Takara K, Nakagawa T, Hirano T, Hirai M.: Induction of epithelial– mesenchymal transition via activation of epidermal growth factor receptor constitutes to sunitinib resistance in human renal cell carcinoma cell lines. J. Pharm. Exp. Ther. 355, 152-158 (2015).
  • Chavez JD, Schweppe DK, Eng JK, Zheng C, Taipale A, Zhang Y, Takara K, Bruce JE: Quantitative interactome analysis reveals a chemoresistant edgotype. Nat. Commun. 6, 7928 (2015).
  • Minegaki T, Takara K, Hamaguchi R, Tsujimoto M, Nishiguchi K.: Factors affecting the sensitivity of human-derived esophageal carcinoma cell lines to 5-fluorouracil and cisplatin. Oncol. Lett., 5, 427-434 (2013).
  • Yamawaki C, Takahashi M, Takara K, Kume M, Hirai M, Yasui H, Nakamura T.: Effect of dexamethasone on extracellular secretion of cystatin C in cancer cell lines. Biomedical Reports 1, 115-118 (2013).
  • Takara K, Yamamoto K, Matsubara M, Minegaki T, Takahashi M, Yokoyama T, Okumura K.: Effects of α-adrenoceptor antagonists on ABCG2/BCRP-mediated resistance and transport, PLoS ONE. 7, e30697 (2012).
  • Takara K, Matsubara M, Yamamoto K, Minegaki T, Takegami S, Takahashi M, Yokoyama T, Okumura K.: Differential effects of calcium antagonists on ABCG2/BCRP-mediated drug resistance and transport in SN-38-resistant HeLa cells, Mol. Med. Report. 5, 603-609 (2012).
  • Takara K, Fujita M, Minegaki T, Yamamoto K, Takahashi M, Yokoyama T, Okumura K.: Treatment schedule-dependent effect of 5-fluorouracil and platinum derivatives in colorectal cancer cells, Eur. J. Pharm. Sci. 45, 272-281 (2012).
  • Chavez JD, Hoopmann MR, Weisbrod CR, Takara K, Bruce JE. Quantitative Proteomic and Interaction Network Analysis of Cisplatin Resistance in HeLa Cells. PLoS ONE. 6, e19892 (2011).
  • Takegami S, Takara K, Tanaka S, Yamamoto K, Hori M, Yokoyama T, Kitade T.: Characterization, in vitro cytotoxicity and cellular accumulation of paclitaxel-loaded lipid nano-emulsions. J. Microencapsul., 27, 453-459 (2010).
  • Tsujimoto M, Higuchi K, Shima D, Yokota H, Furukubo T, Izumi S, Yamakawa T, Otagiri M, Hirata S, Minegaki T, Takara K, Nishiguchi K.: Inhibitory effects of 3-indoxyl sulfate and p-cresol on losartan metabolism. J. Pharm. Pharmacol., 62, 133-138 (2010).
  • Takara K, Sakaeda T, Kakumoto M, Tanigawara Y, Okumura K, Kobayashi H, Ohnishi N, Yokoyama T.: Effects of α-adrenoceptor antagonist doxazosin on MDR1-mediated multidrug resistance and transcellular transport. Oncol. Res., 17, 527-533 (2009).
  • Takara K, Hayashi R, Kokufu M, Yamamoto K, Kitada N, Ohnishi N, Yokoyama T.: Effects of non-steroidal anti-inflammatory drugs on the expression and function of P-glycoprotein/MDR1 in Caco-2 cells. Drug Chem. Toxicol., 32, 322-337 (2009).
  • Takara K, Kitada N, Yoshikawa E, Yamamoto K, Horibe S, Sakaeda T, Ohnishi N, YokoyamaT.: Molecular changes to HeLa cells on continuous exposure to SN-38, an active metabolite of irinotecan hydrochloride. Cancer Lett., 278, 88-96 (2009).
  • Tsujimoto M, Horie M, Honda H, Takara K, Nishiguchi K.: The structure-activity correlation on the inhibitory effects of flavonoids on cytochrome P450 3A activity. Biol. Pharm. Bull., 32, 671-676 (2009).
  • Kitazawa F, Abe T, Ueda K, Murakami S, Nishiguchi K, Takara K, Yokoyama T, Sugii H.: Relation with ageing and myelosuppression induced by CHOP regimen in patients with non-Hodgkin’s lymphoma. Cancer Ther. 7, 133-140 (2009).
  • Horibe S, Takara K, Minegaki T, Ohnishi N, Yokoyama T.: Expression profiles of Abcg2 (Bcrp) and Abcc2 (Mrp2) in the intestinal tract of rats. EXCLI Journal. 8, 12-29 (2009).
  • Ikehata M, Ohnishi N, Egami S, Kishi H, Shin Y, Takara K, Tsuchishita Y, Tokuda N, Hori S, Yatani Y, Fujimura Y, Kusumoto M, Tatami R, Yoshioka M, Kuroda K, Yamada S, Yokoyama T.: Effects of concentrated turmeric extract on the pharmacokinetics of nifedipine in healthy volunteers. Journal of Dietary Supplements., 5, 401-410 (2008).
  • Takara K, Shin Y, Obata Y, Kitada N, Ohnishi N, Yokoyama T.: Effects of Agaricus blazei Murill extract on sensitivity to chemotherapeutic agents in HeLa cells and its resistant sublines. Journal of Dietary Supplements., 5, 283-292 (2008).
  • Kitada N, Takara K, Minegaki T, Itoh C, Tsujimoto M, Sakaeda T, Yokoyama T.: Factors affecting sensitivity to antitumor platinum derivatives of human colorectal tumor cell lines. Cancer Chemother. Pharmacol., 62, 577-584 (2008).
  • Kitada N, Takara K, Itoh C, Minegaki T, Tsujimoto M, Sakaeda T, Yokoyama T.: Comparative analysis of cell injury after exposure to antitumor platinum derivatives in kidney tubular epithelial cells. Chemotherapy, 54, 217-223 (2008).
  • Ikehata M, Ohnishi N, Matsumoto T, Kiyohara Y, Maeda A, Kawakita T, Takara K, Yokoyama T.: Effects of Sairei-to on the pharmacokinetics of nifedipine in rats. Phytother. Res., 22, 12-17 (2008).
  • 北澤文章, 片山実佳, 村山和子, 森本拓也, 上田久美, 中山優子, 高良恒史, 佐原敏之, 淵田真一, 島崎千尋: 同種造血幹細胞移植時に発現する口腔粘膜炎の重症度に影響を与えるリスク因子. 日本病院薬剤師会雑誌, 54, 1126-1130 (2018).
  • 駒田富佐夫,中山優子,高良恒史: モノクローナル抗体医薬品による血液に対する有害事象の発症時期ならびに発症パターンに関する調査. 医薬品情報学, 20, 72-80 (2017).
  • 北澤文章, 淵田真一, 岡野 晃, 初瀬真弓, 村頭 智, 島崎千尋, 高良恒史, 杉井彦文: メルファラン連日・大量投与に伴う悪心・嘔吐に対する多剤併用制吐療法の後方視的検討. 医療薬学, 39, 18-24 (2013).
  • 北澤文章*, 上田久美, 高良恒史, 横山照由, 杉井彦文, 島崎千尋: がん化学療法プロトコル構成薬剤の使用方法に関する標準化への取り組み. 日本病院薬剤師会雑誌, 47, 1289-1293 (2011).
  • 北澤文章, 角 陽子, 新居沙代子, 安澤紫織, 伊勢文孝, 上田久美, 島崎千尋, 高良恒史, 横山照由, 杉井彦文: レナリドミドの薬剤配布プログラムの評価とその課題. 日本病院薬剤師会雑誌, 47, 857-861 (2011).
  • 北澤文章, 安部敏生, 上田久美, 弓場達也, 高良恒史, 横山照由, 杉井彦文: フェンタニルパッチ使用の適正化を目指して~本剤に対する鎮痛耐性が疑われた症例とオピオイド使用量調査~. 日本緩和医療薬学雑誌, 3, 93-96 (2010).
  • 北澤文章, 安部敏生, 上田久美, 島崎千尋, 高良恒史, 横山照由, 杉井彦文: ボルテゾミブ投与により惹起される自律神経障害の臨床像およびそのリスク要因. 医療薬学, 36, 786-791 (2010).
  • 北澤文章, 安部敏生, 上田久美, 村頭 智, 高良恒史, 横山照由, 杉井彦文: がん化学療法施行患者の精神面に及ぼす薬学的ケアの影響. 医療薬学, 36, 37-43 (2010).
  • 高良恒史, 横山照由, 奥村勝彦: イルソグラジンマレイン酸塩口腔内崩壊錠(ガスロン N®•OD 錠 4 mg)の全自動錠剤分包機による調剤と簡易懸濁法への適応性. 医学と薬学, 62, 861-871 (2009).
  • 北田徳昭,西野雅行,安田 潤,森田聡子,近藤万友美,峯垣哲也,藤井千賀,阿南節子,高良恒史,渡 雅克: 一般病院における乳がん化学療法の均てん化を目指して(第 2 報)-FEC および TC 療法における安全性の検討-. 癌と化学療法, 36, 1671-1675 (2009).
  • 北澤文章, 安部敏生, 上田久美, 村頭 智, 高良恒史, 横山照由, 杉井彦文: 造血器腫瘍患者に対するがん化学療法において薬学的ケアがもたらす医療経済学的効果. 医療薬学, 34, 1091-1096 (2008).
  • 北田徳昭, 森田聡子, 森本茂文, 山崎 元, 藤井千賀, 阿南節子, 福永 睦, 古河 洋, 高良恒史, 横山照由, 渡 雅克:一般病院における大腸がん化学療法 mFOLFOX6 による治療の現状および施設間格差の検討. 癌と化学療法, 35,1175-1180 (2008).
  • 西田愛子, 三宅健文, 辻本雅之, 今田直樹, 青木 正, 高良恒史, 横山照由: 血液透析患者においてフェキソフェナジンの服用によりジゴキシンの血清中濃度が低下した症例. 医療薬学, 34, 252-255 (2008).
  • 北田徳昭, 中山貴寛, 森田聡子, 笹岡英明, 山崎 元, 阿南節子, 龍田眞行, 古河 洋, 森本茂文, 宮部貴識, 長谷川健次, 田伏克惇, 高良恒史, 横山照由, 渡 雅克: 一般病院における乳がん化学療法の均てん化を目指して-EC およびFEC 療法の実態調査-. 癌と化学療法, 35, 267-271 (2008).

口頭発表・ポスター

  • 木﨑 優、峯垣 哲也、新田 郁穂、的場 麻知子、阿部 結衣、中野 裕介、辻本 雅之、高良 恒史、西口 工司: PARP阻害薬に対する耐性の獲得がヒト乳癌細胞株の遊走能に及ぼす影響. 日本薬学会第140年会(京都), 2020.
  • 牧野夢叶,堀部紗世,楠見里紗,豊田真世子,河内正二,佐々木直人,高良恒史,力武良行: 活性酸素の増加はシスプラチン耐性獲得に関与する. 日本薬学会第140年会(京都), 2020.
  • Yuko Nakayama, Kohji Takara, Tetsuya Minegaki, Kazuhiro Yamamoto, and Ikuko Yano: Molecular characteristics of human leukemia cell line after the long-term exposure to the Bcl-2 inhibitor ABT-199: The 2nd International Cancer Research Symposium of Training Plan for Oncology Professionals (Osaka), 2019.
  • 中山 優子, 高良 恒史, 峯垣 哲也, 山本 和宏, 矢野 育子: 新規Bcl-2選択的阻害剤の長期間曝露がヒト白血病細胞株に及ぼす影響. 日本薬学会第139年会(千葉)2019
  • 北野 美鈴, 峯垣 哲也, 齊藤 愛子, 坂井 朋代, 宗野 鷹仁, 宮本 恵輔, 木崎 優, 新田 郁穂, 的場 麻知子, 辻本 雅之, 高良 恒史, 西口 工司: オラパリブ耐性ヒト乳癌細胞株の耐性機序の解明とその克服法の探索. 日本薬学会第139年会(千葉)2019.
  • 中山 優子(姫路獨協大学 薬・医療薬剤学), 大西 晃, 山本 成人, 峯垣 哲也, 山本 和宏, 高良 恒史: 抗癌剤耐性細胞におけるアミノ酸トランスポーターの発現解析. 日本薬学会第138年会(金沢)2018.
  • 宗野 鷹仁, 峯垣 哲也, 坂井 朋代, 棚橋 真美, 宮本 恵輔, 荒木 悠, 稲垣 恵未, 林 絵里, 山本 彩佳, 北野 美鈴, 齊藤 愛子, 中山 優子, 辻本 雅之, 高良 恒史, 西口 工司: DNA損傷修復能に着目したPARP阻害剤耐性機序に関する検討. 日本薬学会第138年会(金沢)2018.
  • 北澤 文章, 淵田 真一, 伊勢 文孝, 角 陽子, 上田 久美, 国府 孝敏, 岡野 晃, 初瀬 真弓, 村頭 智, 中山 優子, 高良 恒史, 島崎 千尋: ALアミロイドーシス患者のワルファリン抗凝固活性に及ぼすレナリドミド/低用量デキサメタゾン療法の影響. 第41回日本骨髄腫学会学術集会(徳島), 2016
  • 中山優子、木下 淳、峯垣哲也、山本和宏、髙良恒史: ABCB5 発現抑制によるシスプラチン耐性の誘導.日本薬学会第 136 年会(横浜)2016.
  • 中山優子、木下 淳、峯垣哲也、山本和宏、髙良恒史: アミノ酸トランスポーターの発現と抗癌剤耐性との関連性.日本薬学会第 136 年会(横浜)2016.
  • 水本篤志、山本和宏、七里博章、中山優子、高良恒史、中川 勉、平井みどり: 腎癌細胞株のスニチニブ不応性・耐性に対する EGFR 阻害薬の効果.日本薬学会第 136 年会(横浜)2016.
  • 峯垣哲也、荒木 悠、稲垣恵未、林 絵里、山本彩佳、松本彩夏、森山由美、和田明莉、伊藤恵、吉本咲貴、棚橋真実、宮本恵輔、中山優子、辻本雅之、高良恒史、西口工司: Poly (ADP-ribose) polymerase 阻害剤耐性乳がん細胞株の樹立とその耐性メカニズムの解明.日本薬学会第 136 年会(横浜)2016.
  • 北澤文章、淵田真一、伊勢文孝、角 陽子、上田久美、国府孝敏、岡野 晃、初瀬真弓、村頭 智、高良恒史、島崎千尋: レナリドミドとワルファリンの相互作用による抗凝固活性の増強.第 4 回日本臨床腫瘍薬学会学術大会(鹿児島)2016.
  • 中山優子、深澤郁也、木下 淳、峯垣哲也、山本和宏、髙良恒史: アミノ酸トランスポーターを標的としたシスプラチン耐性の克服.第 25 回日本医療薬学会年会(横浜)2015.
  • 北澤文章、角 陽子、上田久美、国府孝敏、淵田真一、岡野 晃、初瀬真弓、村頭 智、高良恒史、島崎千尋: 経口メルファランと胃酸分泌抑制薬の薬物間相互作用~メルファランの抗腫瘍効果を減弱させる可能性~.第 25 回日本医療薬学会年会(横浜)2015.
  • 片山実佳、北澤文章、角 陽子、上田久美、島崎千尋、高良恒史、国府孝敏: ゲムシタビン/デキサメタゾン/シスプラチン(GDP)救援療法の高齢患者への適応性について.第 25 回日本医療薬学会年会(横浜)2015.
  • 中山優子、山本和宏、峯垣哲也、木下 淳、髙良恒史: アキシチニブで長期曝露したヒト腎臓癌由来 Caki-2 の細胞特性.日本薬学会第 135 年会(神戸)2015.
  • 水本篤志、山本和宏、高良恒史、中山優子、中川 勉、平野 剛、平井みどり: 腎細胞癌におけるスニチニブ不応性および耐性メカニズムの探索.日本薬学会第 135 年会(神戸)2015.
  • 山本彩佳、峯垣哲也、棚橋真実、宮本恵輔、荒木 悠、稲垣恵未、林 絵里、伊藤 恵、吉本咲貴、中山優子、高良恒史、辻本雅之、西口工司: Poly (ADP-ribose) polymerase 阻害剤 Veliparib 耐性ヒト乳癌細胞株の樹立とその特性.日本薬学会第 135 年会(神戸)2015.
  • 松尾実菜、矢野賢明、小林有希子、石田陽栄、中山優子、髙良恒史、菊地晴久、大島吉輝、木下 淳、駒田富佐夫: 心筋細胞分化誘導物質 Br-DIF-1 のアルキル側鎖が心筋細胞への分化に及ぼす効果.日本薬学会第 135 年会(神戸)2015.
  • 中山優子、宮本優治、髙橋 稔、髙良恒史: 分子標的治療薬エベロリムスの長期曝露が抗癌剤感受性に及ぼす影響.日本薬学会第 134 年会(熊本)2014.
  • 水本篤志、山本和宏、宇田篤史、中山優子、高良恒史、中川 勉、平野 剛、平井 みどり: MAPK-STAT3 シグナル変動解析によるマルチキナーゼ阻害薬治療アルゴリズムの確立.日本薬学会第 134 年会(熊本)2014.
  • 岩切悦子、植村尚久、橋本夏実、菊地晴久、大島吉輝、瀬谷和彦、古川賢一、中山優子、高良恒史、木下 淳、駒田富佐夫: マウス胚由来腫瘍細胞から拍動心筋細胞への分化に及ぼす分化誘導剤の併用効果の検討.日本薬学会第 134年会(熊本)2014.
  • 中山優子、髙橋 稔、奥村勝彦、髙良恒史: エベロリムスの長期曝露がヒト腎癌細胞株に及ぼす影響.第 62 回日本薬学会近畿支部総会・大会(兵庫)2012.
  • 高橋 稔、髙良恒史、中山優子、奥村勝彦: ヒト由来癌細胞株の DNA メチル化と抗癌剤感受性の関連性.日本薬学会第 132 年会(札幌)2012.
  • 中山優子、髙良恒史、髙橋 稔、奥村勝彦: エベロリムスで長期曝露したヒト腎臓癌由来 Caki-2 の細胞特性.日本薬学会第 132 年会(札幌)2012.
  • 宮崎真弓,北田徳昭、高瀬友貴、奥貞 智、山本健児、高良恒史、奥村勝彦、橋田 亨: ワルファリンの薬物相互作用に関する調査~ワルファリンとアミオダロン併用による抗凝固作用増強~.医療薬学フォーラム 2012/第 20 回クリニカルファーマシーシンポジウム(福岡)2012.
  • 中山優子、髙橋 稔、中村 任、奥村勝彦、髙良恒史: ヒト腎癌由来 Caki-2 細胞株に対するエベロリムス長期曝露の影響.第 33 回日本病院薬剤師会近畿学術大会(大阪)2012.

競争的資金

  • 2014 年度~2016 年度:基盤研究(C) 研究代表者
    エピジェネティック解析情報に基づいた新規抗癌剤耐性克服法の確立
  • 2011 年度~2012 年度:若手研究(B) 研究代表者
    環境要因を考慮したエピジェネティック変異診断による癌化学療法の個別化
  • 2009 年度~2010 年度:若手研究(B) 研究代表者
    大腸癌の抗癌剤感受性を予測するバイオマーカーの同定と臨床的応用
  • 2001 年度~2002 年度:若手研究(B) 研究代表者
    薬物排出トランスポータをターゲットとした抗癌剤耐性克服法の確立

社会貢献活動

  • 2020年1月~ 日本医療薬学会 第4回フレッシャーズ・カンファランス 実行委員(2020年7月まで)
  • 2019年4月~ 日本薬学会関西支部 幹事(現在に至る)
  • 2018年1月~ 日本医療薬学会 第2回フレッシャーズ・カンファランス 実行委員(2018年7月まで)
  • 2018年4月~ 第68回日本薬学会近畿支部総会・大会 実施委員長(2019年3月まで)
  • 2018年4月~ 日本薬学会近畿支部 庶務幹事(2019年3月まで)
  • 2016年4月~ 日本薬学会近畿支部 幹事(2018年3月まで)
  • 2012年4月~ 兵庫県薬剤師会 薬大支部支部長(2014年3月まで)
  • 2009年5月~ 薬学教育協議会 薬剤学教科検討委員(現在に至る)
  • 2009年5月~ 病院・薬局実務実習近畿地区調整機構大学委員(2012年3月まで)
  • 2009年4月~ 日本薬学会ファルマシアトピックス専門小委員(2011年3月まで)
  • 2004年5月~ 日本TDM学会 評議員(現在に至る)

学内委員など

  • 2019年4月~ 教務部長
  • 2019年4月~ 評議員
  • 2019年4月~ 学部長等会議 委員
  • 2019年4月~ 大学院委員
  • 2019年4月~ 教育審議委員会委員
  • 2019年4月~ 経営管理等自己評価委員会委員
  • 2019年4月~ 教育改善実施(FD)委員会 委員長
  • 2019年4月~ 入学試験委員
  • 2019年4月~ 全学共通科目実施委員会 委員長
  • 2019年4月~ 全学教職課程委員会委員
  • 2019年4月~ 教務委員会 委員長
  • 2019年4月~ 情報システム整備・運営委員
  • 2019年4月~ 教員人事委員会委員
  • 2019年4月~ 防火・防災管理委員
  • 2019年4月~ 保健委員会委員
  • 2019年4月~ 播磨総合研究所運営委員会委員
  • 2019年4月~ 学習支援センター運営委員会委員
  • 2018年4月~2019年3月 薬学部 薬学教育推進委員会 委員
  • 2017年4月~2018年3月 薬学部 薬学教育推進委員会 委員長
  • 2017年4月~ 薬学部 FD委員会 委員
  • 2016年4月~2017年3月 薬学部 国試対策委員会 委員長
  • 2016年4月~ 労働安全衛生委員会委員
  • 2015年4月~2017年3月 薬学部 自己点検・評価委員会委員
  • 2012年4月~2014年3月 実習部長
  • 2012年4月~2015年3月 薬学部 OSCE実施委員長
  • 2010年~現在 薬学部OSCE実施委員
  • 2012年4月~2016年3月 国際交流センター運営委員