寺岡 麗子

  • 寺岡 麗子
    [てらおか れいこ]

    • 学部

    • 薬学部医療薬学科:教授

    • 連絡先

    • 研究室番号:Y405

      079-223-6833

専門分野

  • 製剤学
  • 医療系薬学

担当科目

  • 薬剤学
  • 薬剤学実習
  • 薬剤学 II
  • 日本薬局方
  • 薬剤系総合演習 (PBL)
  • 模擬薬局実習
  • 薬学応用演習
  • 薬学総合演習
  • 卒業研究

メッセージ

  • まず好きな科目を見つけて、大学での勉強方法を身につけてください。

学歴

  • 1976年 神戸女子薬科大学薬学部薬学科 卒業
  • 1978年 神戸女子薬科大学大学院薬学研究科 修士課程 修了

学位

  • 博士 (薬学)

免許・資格

  • 薬剤師
  • 臨床検査技師
  • 日本医療薬学会認定薬剤師
  • 神戸薬科大学研修認定薬剤師

主な職歴

  • 2018年
  • 姫路獨協大学薬学部 製剤学研究室 特別教授
  • 2010年
  • 神戸薬科大学 准教授
  • 1995年
  • 神戸薬科大学 講師
  • 1979年
  • 神戸女子薬科大学 助手

所属学会

  • 日本薬学会
  • 日本医療薬学会
  • シクロデキストリン学会

原著・総説・著書

原著 2015年以降

  • “Comparative Evaluation of the Photostability of Carbamazepine Polymorphs and Cocrystals” R. Yutani, R. Haku, R. Teraoka, C. Tode, T. Koide, S. Kitagawa, T. Sakane, T. Fukami: Crystals, 9, 553 (2019). https://doi.org/10.3390/cryst9110553.
  • “A New Method for Classification of Salts and Cocrystals Using Solid-State UV Spectrophotometry”
    A. Kiguchiya, R. Teraoka, T. Sakane, E. Yonemochi: Chem. Pharm. Bull., 67, 945-952(2019).
  • “Improving the Solid-State Photostability of Furosemide by Its Cocrystal Formation”
    R. Teraoka, T. Fukami, T. Furuishi, H. Nagase, H. Ueda, C. Tode, R. Yutani, S. Kitagawa, T. Sakane: Chem. Pharm. Bull., 67, 940-944(2019).
  • “Utility of Solid-State UV/Vis Spectra on the Evaluation of Photostability of Indomethacin Crystals”
    A. Kiguchiya, R. Teraoka, T. Sakane: Chem. Pharm. Bull., 66, 892-895(2018).
  • “Novel strategy for improving the bioavailability of curcumin based on a newmembrane transport mechanism that directly involves solid particles”
    S. Kimura, A. Kiriyama, K. Araki, M. Yoshizumi, M. Enomura, D. Inoue, T. Furubayashi, R. Yutani, R. Teraoka, A. Tanaka, K. Kusamori, H. Katsumi, A. Yamamoto, K. Iga, T. Sakane: Eur J. Pharm. Biopharm., 122, 1-5(2018).
  • 実践報告「チーム基盤型学習を用いた分野横断統合演習の構築の試み」
    上田久美子, 寺岡麗子, 八巻耕也, 土生康司, 宮田興子, 北河修治:薬学教育, 1, 2017-012 (2017).
  • “Photostability of risperidone in tablets”
    Y. Fujisawa, Y. Takahashi, R. Teraoka, S. Kitagawa: KONA, 35, 209-215(2018).
  • 「フィルムドレッシング材による 1 日 1 回型フェンタニルクエン酸塩経皮吸収型製剤の半量投与」
    寺岡麗子、三宅真衣、伊藤真依、塩野朋香、沼田千賀子、中山みずえ、岡本禎晃、平井みどり、湯谷玲子、北河修治、坂根稔康:医療薬学, 43(12), 671-679(2017).
  • 「1日1回貼り替え型フェンタニルクエン酸塩貼付剤(フェントステープ)の薬物残存量に影響を与える要因」
    寺岡麗子、中山みずえ、竪 ゆりか、上田 世、湯谷 玲子、沼田千賀子、岡本禎晃、平野 剛、富田 猛、平井 みどり、北河 修治:日本緩和医療薬学雑誌, 9(1), 25-32(2016).
  • “Differences in the rheological properties and mixing compatibility with heparinoid cream of brand name and generic steroidal ointments: The effects of their surfactants”
    S. Kitagawa, R. Yutani, R. Kodani, R. Teraoka: Results Pharma. Sci., 6, 7-14(2016).
  • “Microemulsion using polyoxyethylene sorbitan trioleate and its usage for skin delivery of resveratrol to protect skin against UV-induced damage”
    R. Yutani, R. Teraoka, S. Kitagawa: Chem. Pharm. Bull., 63(9), 741-745(2015).
  • “Efficient skin delivery of resveratrol by microemulsion using pentaglycerol monolaurate as a surfactant component”
    S. Kitagawa, K. Azuma, R. Yutani, R. Teraoka: Int. J. Adv. Nanoma., 1(1),5-12(2015).
  • “Effects of mixing procedure itself on the structure, viscosity, and spreadability of white petrolatum and salicylic acid ointment and the skin permeation of salicylic acid”
    S. Kitagawa, M. Fujiwara, Y. Okinaka, R. Yutani, R. Teraoka: Chem. Pharm. Bull., 63(1), 43-48(2015).
  • “Thermal Stability of Tenofovir Disoproxil Fumarate in Suspension”
    H. Yagura, M. Shibata, H. Kushida, M. Yoshino, I. Nakata, T. Uehira, S. Morita, T. Shirasaka, R. Teraoka, T. Kuwahara, S. Kitagawa: Jpn. J. Pharm. Health Care Sci, 40(4), 230-236(2014).

著書

  • ベーシック薬学教科書シリーズ20「薬剤学」第2版 共著,2012年11月,化学同人
    (編者:北河修治,分担執筆:寺岡麗子)

総説

  • 「数種の市販製剤の安定性評価- PTP包装材の物理化学的特性と処方成分(添加剤)の観点から-」寺岡麗子:Pharm Tech Japan, 27(10), 175-181(2011).
  • 「医薬品の光安定性評価と安定化設計のポイント」
    松田芳久 , 寺岡麗子: ファームステージ,7(4), (72), 49-56(2007).
  • 「光に対して不安定な医薬品のための種々の安定化設計―固形製剤を中心として―」
    松田芳久,寺岡麗子:Pharm Tech Japan, 22(10), 1963-1971(2006).
  • 「原薬の光安定性評価 -製剤開発過程におけるプレフォーミュレーション研究-」
    松田芳久,寺岡麗子:Pharm Tech Japan, 22(6), 1049-1057(2006).

口頭発表・ポスター

国際学会(2015年以降)

  • D. Inoue, A. Tanaka, H. Katsumi, A. Yamamoto, R. Yutani, R. Teraoka, T. Sakane, T. Furubayashi: Direct Nose to Brain Delivery of CNS Drugs: The effect of Glymphatic System on Pharmacokinetics and Brain Distribution of Sulpiride after Nasal Application 2017 AAPS Annual Meeting and Exposition San Diego, USA (2017/11/14)
  • T. Furubayashi, N. Izumi, D. Inoue, K. Moriyama, A. Tanaka, H. Katsumi, A. Yamamoto, R. Yutani, R. Teraoka, T. Sakane: Measurement of dissolution profiles of powdery drugs by Raman spectroscopy and its application to prediction of nasal drug absorption 2017 AAPS Annual Meeting and Exposition San Diego, USA (2017/11/14)
  • R. Teraoka, M. Matsukawa, T. Miyazaki, R. Yutani, C. Tode, T. Sakane:New preparation method for two crystal forms of ciprofloxacin saccharinate and their photostability and hygroscopic property 6th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress 2017 Stockholm, Sweden (2017/5/21-24)
  • R.Yutani, Y. Tsutsumi, R. Teraoka, T. Sakane: Microemulsions using sucrose laurate with various co- surfactants and their application to intradermal delivery of (-)-epicatechin 6th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress 2017 Stockholm, Sweden (2017/5/21-24)
  • T. Sakane, R. Yutani, R. Teraoka, A. Tanaka, Y. Takemura, K. Taketa, K. Takayama, Y. Hayashi, K. Kusamori, H. Katsumi: Transnasal delivery of the peptide to the brain International Symposium on Drug Delivery and Pharmaceutical Sciences, Kyoto (2017/3/9)
  • R. Teraoka, M. Miyake, Y. Okamoto, M. Nakayama, C. Numata, M. Hirai, R. Yutani, S. Kitagawa: Half Dose Administration Using Once-a-Day Fentanyl Patch 12.5 μg/h with Film Dressings 9th World Research Congress of the European Association for Palliative Care, Dublin (2016/6/9-11)

国内学会(2017年以降)

  • 寺岡麗子、橋本佳那子、高橋 稔、河野 奨、白木 孝、矢倉裕輝:簡易懸濁法適用に粉砕が必要な抗HIV 薬の懸濁液の調製について 第29 回日本医療薬学会年会、福岡(2019/11/2)
  • 寺岡麗子、矢倉裕輝、出口千裕、湯谷玲子、坂根稔康:テノホビルアラフェナミドフマル酸塩を含有するデシコビ配合錠の簡易懸濁法適用時の安定性、第28 回日本医療薬学会年会、神戸 (2018/11/24)
  • 加藤 薫、湯谷玲子、寺岡麗子、坂根稔康:亜鉛華単軟膏のレオロジー特性と混合性に及ぼす保存温度の影響、 第28 回日本医療薬学会年会、神戸(2018/11/24)
  • 瀬分修平、寺岡麗子、松島由貴、田中晶子、湯谷玲子、坂根稔康:酸化チタン含有フィルムコーティング膜中の可塑剤が錠剤の製剤特性に及ぼす影響、第68 回日本薬学会近畿支部総会・大会、姫路 (2018/10/13)
  • 上田久美子、八巻耕也、土生康司、寺岡麗子、宮田 興子、中山尋量、北河修治:チーム基盤型学習を用いた分野横断統合演習の構築 第3 回日本薬学教育学会大会、東京(2018/9/1)
  • 古林呂之、小林正樹、松原嘉子、井上大輔、田中晶子、勝見英正、山本 昌、湯谷玲子、寺岡麗子、坂根稔康:α‐Galactosylceramide の鼻粘膜透過性改善を目指した製剤最適化に関する検討、日本薬学会第138 年会、金沢(2018/3/24)
  • 羽澤知穂、寺岡麗子、都出千里、湯谷玲子、坂根稔康:種々のカルバマゼピン-ジカルボン酸共結晶の光安定性比較 日本薬学会第138 年会、金沢(2018/3/24)
  • D. Inoue, A. Tanaka, H. Katsumi, A Yamamoto, R. Yutani, R. Teraoka, T. Sakane, T.Furubayashi: Direct delivery of CNS drugs to the brain by nasal application III:Pharmacokinetic analysis of the effect of glymphatic system on drug delivery to brain 日本薬物動態学会第32 回年会、東京 (2017/11/30)
  • 出口千裕、寺岡麗子、矢倉 裕輝、湯谷玲子、坂根稔康:テノホビルのプロドラッグを含有する2 種類の抗HIV 薬の簡易懸濁法適用の可否 第27 回日本医療薬学会年会、千葉( 2017/11/5 )
  • 三木奏人、田路隆了、湯谷玲子、寺岡麗子、坂根稔康:ワセリンを基剤とする軟膏剤の特性に及ぼす撹拌操作及び温度の影響 第27 回日本医療薬学会年会、千葉 (2017/11/5 )
  • 湯谷玲子、田花奈子、宍戸康剛、寺岡麗子、北河修治、坂根稔康:他剤との混合に伴うサリチル酸ワセリン軟膏のレオロジー特性と経皮吸収性の変化 第27 回日本医療薬学会年会、千葉 ( 2017/11/4 )
  • D. Inoue, A. Tanaka, H. Katsumi, A. Yamamoto, R. Yutani, R. Teraoka, T. Sakane, T.Furubayashi: Direct Nose to Brain Delivery of CNS Drugs: The Effect of glymphatic system on drug distribution in brain parenchyma 第11 回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、京都 (2017/10/21)
  • R. Yutani, K. Tawara, Y. Shishido, R. Teraoka, S. Kitagawa, T. Sakane:Effects of mixingwith other ointments and creams on rheological properties of salicylic acid ointment and skin permeation of salicylic acid 第11 回次世代を担う 若手医療薬科学シンポジウム、京都(2017/10/21)
  • 上田久美子、八巻耕也、土生康司、寺岡麗子、宮田興子、北河修治:チーム基盤型学習を用いた分野横断統合演習の構築の試み 第2 回日本薬学教育学会大会、名古屋(2017/9/2)
  • 田原花奈子、宍戸康剛、湯谷玲子、寺岡麗子、北河修治、坂根稔康:他剤との混合に伴うワセリン軟膏からのサリチル酸の経皮吸収性の変化 医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム、鹿児島(2017/7/1)
  • 中山加菜恵、寺岡麗子、黒田英津子、青木菜摘、入江毬花、湯谷玲子、坂根 稔康:在宅中心静脈栄養法を適用するための注射剤混合高 カロリー輸液の安定性評価 −エルネオパ輸液にリンデロン注を混合した場合− 医療薬学フォーラム2017 第25 回クリニカルファーマシーシンポジウム、鹿児島( 2017/7/1 )
  • 古林呂之、井上大輔、田中晶子、勝見英正、山本 昌、湯谷玲子、寺岡麗子、坂根稔康:経鼻ルートを介した薬物の頸部リンパ節ターゲッティング と速度論解析 医療薬学フォーラム2017 第25 回クリニカルファーマシーシンポジウム、鹿児島 ( 2017/7/1 )
  • 松本祐樹、寺岡麗子、湯谷玲子、坂根稔康:市販リマプロストアルファデクス錠の分解速度の湿度依存性 日本薬剤学会第32 年会、埼玉 ( 2017/5/13 )
  • 松川美佐子、宮崎智子、寺岡麗子、湯谷玲子、都出千里、坂根稔康:シプロフロキサシンサッカリン塩結晶多形の新規調製方法とその物理化学的特性および光安定性 日本薬学会 第137 年会、仙台 ( 2017/3/27 )
  • 土居千沙、寺岡麗子、湯谷玲子、都出千里、坂根稔康:プルリフロキサシンとサッカリン塩及び種々の有機酸塩の光安定性及び熱安定性 日本薬学会 第137 年会、仙台( 2017/3/27 )
  • 田路隆了、湯谷玲子、寺岡麗子、坂根稔康:撹拌操作に伴う白色ワセリンのレオロジー特性の経時的変化日本薬学会第137 年会、仙台 ( 2017/3/27 )
  • 坂根稔康、田中晶子、竹村有希、湯谷玲子、寺岡麗子、武田康嗣、高山健太郎、草森浩輔、勝見英正、林 良雄、山本 昌:鼻腔内投与によるCPN-116 の脳内送達 日本薬学会第 137 年会、仙台 ( 2017/3/25 )

特許

  • 松田芳久、寺岡麗子、田中友希夫 、「安定化された油溶性ビタミン含有組成物」 特許第3053408号 (2000).
  • 松田芳久、大塚 誠、寺岡麗子、「ポリエン酸類の包接化合物」特開平07-025816 (1995).
  • Y. Matsuda, R. Teraoka, Y. Tanaka, H. Abe, “Stabilized Fat-soluble vitamin compositions”, AU 623978(1990), TW 166554(1991), US 5180747(1993), EP 0385335 (1995).

競争的資金

  • 研究種目:2017年度「ホスピス緩和ケアに関する研究助成」
    研究課題: 貼付済フェントス®テープ内の薬物残存量と皮膚水分量に関する調査
  • 研究種目:2014年度「ホスピス緩和ケアに関する研究助成」
    研究課題:1日貼り替え型フェンタニル貼付剤の使用方法がフェンタニル放出率に与える影響

社会貢献活動

  • 2013年4月
  • 日本医療薬学会代議員 (~2016年3月)
  • 2007年7月
  • 認定実務実習指導薬剤師養成のためのワークショップin 近畿 タスクフォース (~現在)
  • 2004年4月
  • 独立行政法人医薬品医療機器総合機構専門委員
    (日本薬局方原案審議委員会及び医薬品添加物委員会) (~2020年3月)
  • 2001年4月
  • シクロデキストリン学会評議員 (~現在)

受賞歴

  • 2003年
  • 日本医療薬学会論文賞 受賞

学内委員など

  • OSCE実施委員会
  • 指導薬剤師養成のためのワークショップ委員会