梅澤 知之

  • 梅澤 知之
    [うめざわ ともゆき]

    • 学部

    • 外国語学部外国語学科:教授

    • 学類

    • 国際言語文化学類:教授

    • 大学院

    • 言語教育研究科 ドイツ語コース: 教授

    • 連絡先

    • 079-223-2211 (代)

      079-285-0352 (代)

専門分野

  • ドイツ文学・文化
  • ヨーロッパ文化論
  • 物語論

担当科目

学類・学部

  • ドイツ語 B
  • ドイツ語ワークショップ(読解スキル)
  • 基礎演習
  • 演習
  • 海外短期語学研修(ドイツ語)
    【水5・集中ペア】
  • 国際言語文化入門

大学院

  • ドイツ言語文化研究 I
  • ドイツ言語文化研究 II
  • 研究指導

メッセージ

  • 私たちはいつでもあなた方のことをそっと見守っています。

学歴

  • 大阪大学大学院 文学研究科 博士後期課程 独文学 1985単位取得満期退学
  • 大阪大学大学院 文学研究科 博士前期課程 独文学 1982修了
  • 京都大学 文学部 西南アジア史学 1976卒業

学位

  • 文学修士

主な職歴

  • 2000-
  • 姫路獨協大学 教授
  • 1993-2000
  • 姫路獨協大学 助教授
  • 1988-1993
  • 姫路獨協大学 専任講師
  • 1985-1988
  • 大阪大学 助手

所属学会

  • 阪神ドイツ文学会
  • 日本独文学会
  • 日本ゲーテ協会
  • オイフォーリオンの会(旧名称シラー研究会)
  • 大阪大学ドイツ文学会
  • 日本ヘルダー学会

著書・翻訳書

  • 『モデルネ、美と歴史への挑戦―ドイツ語圏のディスクルス』(共編著):鳥影社(2002)
  • 『仮面と遊戯―フリードリヒ・シラーの世界』(共編著):鳥影社(2001)

論文・解説

  • 先人たちはいかに外国語と外国文化を学んできたのか―ドイツ語を中心にして:姫路獨協大学外国語学部紀要 第30号(2017) 79-96頁
  • 日本の大学における外国語教育―母語、英語、他の外国語についてまず手始めに考えること―:姫路獨協大学外国語学部紀要 第23号(2010)1-10頁
  • 歴史と物語―ひとはいかに過去の事実に迫り、それを伝えることができるのか―:姫路獨協大学外国語学部紀要 第21号(2008)1-19頁
  • シラーにおける歴史と物語 :ゲーテ年鑑 第48巻(2006)23-37頁
  • ドイツ文学における近代意識の展開―18世紀末から20世紀初めまで―:姫路獨協大学外国語学部紀要 第14号(2001)83-97頁
  • シラーの物語と歴史意識:姫路獨協大学外国語学部紀要 第13号(2000)98-112頁
  • シンポジウム報告:ドイツ文学における近代意識の展開―19世紀後半から20世紀前半まで―:ドイツ文学論政 第41号(1999)145-149頁
  • シンポジウム報告:ドイツ文学における近代意識の展開―18世紀末から19世紀半ばまで―:ドイツ文学 第102号(1999)207-209頁
  • シラーの物語における虚と実―『矢われた名誉ゆえの犯罪者』を中心にして― :姫路獨協大学外国語学部紀要 第12号(1999)246-264頁
  • シラーの「寛大な行為-最近の出来事から―道徳物語からノヴェレへ― :姫路獨協大学外国語学部紀要 第9号(1996)53-66頁
  • Die Freunde von Ludwig Tieck―Unter dem Gesichtspunkt von Traum und Phantastik interpretiert:The Journal of the College of Foreign Languages Himeji Dokkyo University, No.8(1995) pp. 59-80.
  • 深見茂著『ドイツ近代短編小説の研究―その歴史と本質』:ドイツ文学論攷 第37号(1995)119-124頁
  • ルートヴィヒ・ティーク・コロキウムに参加して:ドイツ文学論攷 第36号(1994)119-130頁
  • ティークの『友だち』―夢と幻想の視点から―:荒木他編『幻想のディスクール』鳥影社(1994)17-44頁
  • ティークの初期メールヘン―「不思議なもの」と幻想文学―:姫路獨協大学外国語学部紀要 第5号(1992)1-19頁
  • ティークの『金髪のエックベルト』―ジャンル論を越えて―:姫路獨協大学外国語学部紀要 第3号(1990)59-76頁
  • 一九八七・夏・ムルナウ―ドイツ語教育あれこれ―:クヴェレ 第41号(1988)49-67頁
  • ティークの『長靴をはいた牡猫』-“Ironie”, “Satire”, “Scherz, Spaß”- :待兼山論叢 文学篇 第20号(1986) 21-36頁
  • レッシングの『賢者ナータン』―最終場の解釈をめぐって―:ドイツ文学論攷 第24号(1982) 39-54頁

学術的エッセイ

  • オイフォーリオンの会:ひろの ドイツ語学文学振興会 第53号(2013)
  • ゲーテと二人の禅僧たち:べりひて 日本ゲーテ協会 第50号 (2009) 10-12頁
  • くいしんぼうのカレンダー:ラテルネ 同学社 第95号 (2006) 8-10頁

学内委員など

  • 2011-2015
  • 獨協学園評議員
  • 2011-2015
  • 姫路獨協大学外国語学部長
  • 2009-2011
  • 姫路獨協大学評議員
  • 2006-2007
  • 姫路獨協大学評議員
  • 2001-2003
  • 姫路獨協大学教学部長

社会貢献活動

講演会

  • 先人たちはいかに外国語と外国文化を学んできたのか―ドイツ語を中心にして― 姫路獨協大学主催・姫路市共催 姫路市シニアオープンカレッジ 2015年10月28日 姫路獨協大学創立二十周年記念ホール
  • シラーとドイツ近代―生誕250年を記念して― 姫路獨協大学大学院言語教育研究科主催 公開講座 2009年6月13日 姫路獨協大学駅前サテライト
  • ドイツ文化の寛容性―物語を通してみる三宗教のあり方について― 神戸市民生活協同組合主催 風見鶏の館ドイツ文化セミナー 2007年10月26日 風見鶏の館
  • ドイツのサッカー事情:姫路獨協大学・姫路獨協大学播磨会主催 市民教養講座 2006年5月23日 イーグレ姫路

その他活動

  • 18・19世紀ドイツ文化研究(2001-)
  • 「モデルネ」研究(1995-2001)
  • シラー研究(1992-2001)