山中 理央

  • 山中 理央
    [やまなか りお]

    • 学部

    • 薬学部医療薬学科:生物有機化学研究室 准教授

    • 連絡先

    • 部屋番号:Y601

専門分野

  • 生物有機化学
  • 生体触媒化学
  • 不斉合成

担当科目

  • 基礎化学
  • 有機化学 III
  • 物理・化学系統合演習 (PBL)
  • 基礎実習 (化学)
  • 有機化学実習

メッセージ

  • これまでで最も頑張った、成長したと思えるような充実した大学生活をおくれることを願っています。

学歴

  • 2003年 京都大学大学院理学研究科博士課程 修了
  • 2000年 京都大学大学院理学研究科修士課程 修了
  • 1998年 東京理科大学理学部応用化学科 卒業

学位

  • 修士 京都大学理学研究科化学専攻
  • 博士 京都大学理学研究科化学専攻

主な職歴

  • 2018-
  • 姫路獨協大学 薬学部 准教授
  • 2010-
  • 姫路獨協大学 薬学部 講師
  • 2007-
  • 姫路獨協大学 薬学部 助教
  • 2003-
  • Beckman Research Institute of the City of Hope, Duarte, California, USA

所属学会

  • American Chemical Society
  • 有機合成化学協会
  • 日本農芸化学会

原著・総説・著書

  • Photobiocatalysis In Future Directions Yamanaka R and Nakamura K In Biocatalysis, Ed. Matsuda T, Elsevier (2017)
  • Chapter 11. Enzymatic Asymmetric Reduction of Carbonyl Compounds Matsuda T, Yamanaka R, Nakamura K In Green Biocatalysis, Ed. Patel R. N., Wiley & Sons (2016)
  • Selective synthesis of cinnamyl alcohol by cyanobacterial photobiocatalysts. Yamanaka R, Nakamura K, Murakami M, Murakami A, Tetrahedron Lett. 56, 1089-1091 (2015)
  • Biocatalytic Asymmetric Reduction of C=O and Activated C=C Bonds in Stereoselective Synthesis Matsuda T, Yamanaka R, Nakamura K In Stereoselective Synthesis of Drugs and Natural Products. Andrushko. V, Andrushko, N (eds) Wiley-Blackwell (2013)
  • Photobiocatalyzed asymmetric reduction of ketones using Chlorella sp. MK201. Itoh K, Nakamura K, Aoyama T, Matuba R, Kakimoto T, Murakami M, Yamanaka R, Muranaka T, Sakamaki H, Takido T, Biotechnol Lett. 34:2083-2086 (2012)
  • Reduction of exogenous ketones depends upon NADPH generated photosynthetically in cells of the cyanobacterium Synechococcus PCC 7942. Yamanaka R, Nakamura K and Murakami A, AMB Express, 1:24(8 pages) (2011)
  • Mutagenic potential of DNA glycation: miscoding by (R)- and (S)-N2-(1-carboxyethyl)-2′-deoxyguanosine. Wuenschell GE, Tamae D, Cercillieux A, Yamanaka R, Yu C, Termini J. Biochemistry, 49(9):1814-21 (2010)
  • Recent progress in biocatalysis for asymmentric oxidation and reduction. Matsuda T, Yamanaka R, and Nakamura K, Tetrahedron: Asymm., 20, 513-557 (2009)
  • Asymmetric reduction of ketones with a germinated plant. Matsuo K, Kawabe S, Tokuda Y, Eguchi T, Yamanaka R, Nakamura K, Tetrahedron: Asymm. 19, 157-159 (2008)
  • Nucleotide sequence context influences HIV replication fidelity by modulating reverse transcriptase binding and product release. Yamanaka R and Termini J. Biosci Trends, 1:52-61 (2007)
  • Recent developments in asymmetric reduction of ketones with biocatalysts. Nakamura, K, Yamanaka, R, Matsuda T, and Harada T, Tetrahedron: Asymm., 14(18), 2659-2681(2003)
  • 不斉還元における生体触媒法と化学法の違い 中村薫・山中理央・松田知子, 化学工業, 54 (2), 89-92 (2003)
  • Light-mediated regulation of asymmetric reduction of ketones by a cyanobacterium. Nakamura K and Yamanaka R, Tetrahedron: Asymm., 13(23), 2529-2533(2002)
  • Light mediated cofactor recycling system in biocatalitic asymmetric reduction of ketones. Nakamura K and Yamanaka R, J. Chem. Soc. Chem. Commun., (16), 1782-1783(2002)
  • 生体触媒による有用物質変換のメリット・デメリット 中村薫・山中理央・松田知子, 化学工業,53 (6), 33-38 (2002)
  • 生体触媒による有用物質変換と環境浄化 中村薫・山中理央・松田知子, 化学,57 (9), 30-37 (2002)
  • Cyanobacterium-catalyzed asymmetric reduction of ketones. Nakamura K, Yamanaka R, Tohi K, Hamada H, Tetrahedron Lett, 41, 6799-6802(2000)

口頭発表・ポスター

  • 2018 生体触媒化学シンポジウム、東京工業大学、神奈川
  • 2017 農芸化学会、京都女子大学、京都
  • 2016 生体触媒化学シンポジウム、明星大学、東京
  • 2014 Gordon Research Conference, Biocatalysis, Bryant University, Smithfield, Rhode Island, USA
  • 2014 American Chemical Society National Meeting, San Francisco, California, USA
  • 2013 生体触媒化学シンポジウム、岡山理科大学、岡山
  • 2011 American Chemical Society National Meeting, Anaheim, California, USA

競争的資金

  • 日本学術振興会 科学研究費(基盤研究C)「二酸化炭素を溶かし込んで体積を増加させた溶媒の中での酵素反応による有用物質合成」2019年~2021年 分担研究者
  • 日本学術振興会 科学研究費(基盤研究C)「多種類の酵素、空気中のO2, CO2を用いるワンポット多段階反応の開発」2016年~2018年 分担研究者
  • 日本学術振興会 科学研究費(基盤研究C)「自然界の安全な酸化・還元剤およびCO2 を用いた酵素による酸化還元反応の開発」2013年~2015年 分担研究者
  • 日本学術振興会 科学研究費(基盤研究C)「脱炭酸酵素による超臨界および高圧二酸化炭素を利用するカルボキシル化反応の開発」2010年~2012年 分担研究者
  • 有機合成協会 研究企画賞(住友化学) 「微細藻類による二酸化炭素の吸収と光学活性化合物の合成」2009年 研究代表者

受賞歴

  • 2008 有機合成化学協会 研究企画賞(住友化学)受賞

学内委員など

  • 2018-
  • 姫路市自然保護審議会委員