山下 哲平

  • 山下 哲平
    [やました てっぺい]

    • 学部

    • 看護学部看護学科:助教

    • 連絡先

    • 研究室:本部棟 803 (8F)

専門分野

  • 成人慢性期看護学

担当科目

  • 成人慢性期看護学方法論
  • 成人慢性期看護学実習
  • 統合看護学実習

メッセージ

  • 主に転倒予防対策やパーキンソン病看護、看護技術の科学的検証などの研究や活動をしています。興味がある方は気軽にお声かけ下さい。

オフィスアワー

  • 火 (17:00-18:30)
  • 金 (13:00-14:30)

学歴

  • 関西福祉大学大学院看護学研究科修士課程 修了 (2015)
  • 放送大学教養学部教養学科 卒業 (2012)
  • 明石医療センター付属看護専門学校 卒業 (2006)

学位

  • 修士 (看護学)

免許・資格

  • 看護師
  • 転倒予防指導士

主な職歴

  • 2016-
  • 姫路獨協大学 看護学部 助教
  • 2006-2016
  • 兵庫県立リハビリテーション西播磨病院

所属学会

  • 日本ヒューマン・ナーシング研究学会
  • ヒューマンケア研究学会
  • 日本難病看護学会
  • 日本転倒予防学会
  • 日本看護技術学会
  • 日本看護科学学会

論文・解説

  • 山下哲平,紙屋克子,坪田憲明:パーキンソン病患者への看護師によるバランスボールを用いた運動プログラムの効果:前後比較研究,ヒューマンケア研究学会誌,9(1),2017,P.35-40
  • 山下哲平,倉田節子,前川泰子:入院中のパーキンソン病患者の転倒・転落の発生状況と対策,ヒューマンケア研究学会誌,8(1),2016,P.21-28
  • 山下哲平,東海林雅幸,山本洋史,他:入院中のパーキンソン病患者の転倒・転落の実態調査-ヒヤリハット・事故報告書を分析して-,兵庫県立西播磨総合リハビリテーションセンター紀要,2014,P.64-67
  • 山本孝代,山下哲平,東海林雅幸,他:パーキンソン病患者の集団訓練におけるQOL変化,兵庫県立西播磨総合リハビリテーションセンター紀要,2014,P.61-63
  • 山本洋史,東海林雅之,山下哲平,他:簡易ヒッププロテクターの導入・工夫の実践報告,兵庫県立西播磨総合リハビリテーションセンター紀要,2013,P.67-69
  • 山下哲平,宗重幸平,柏原真由美,他:予防可能な転倒ゼロ計画~離床センサ選択チャートを導入して~,兵庫県立西播磨総合リハビリテーションセンター紀要,2011,P.70-72
  • 斉藤麻紀,他11名10番目:排泄チーム(チームUK)の活動,兵庫県立西播磨総合リハビリテーションセンター紀要,2010,P.53-54

口頭発表・ポスター

  • 山下哲平,紙屋克子:用手微振動法の周波数に関する実態調査:横断研究,第13回日本ヒューマン・ナーシング研究学会学術集会,2017
  • 山下哲平,紙屋克子:3軸一体圧電型加速度センサを用いた用手微振動法による振動波形の周波数解析についての報告,第12回日本ヒューマン・ナーシング研究学会学術集会,2016
  • 山下哲平:単一施設におけるパーキンソン病患者の転倒事象340件の調査研究,第3回日本転倒予防学会学術集会,2016
  • 山下哲平,坪田憲明,紙屋克子:パーキンソン病患者へのムーブメントプログラムによる即時効果,第7回ヒューマンケア研究学会学術集会,2015
  • 坪田憲明,山下哲平,林田正子,他:入院中のパーキンソン病者へのムーブメントプログラムが及ぼす効果の検証‐single-case design(AB型)‐,第20回日本難病看護学会学術集会,2015
  • 山下哲平,倉田節子,前川泰子:パーキンソン病における転倒・転落の発生状況の実態,第6回ヒューマンケア研究学会学術集会,2014
  • 山下哲平,東海林雅幸,山本洋史,他:入院中のパーキンソン病患者の転倒・転落の実態調査~ヒヤリハット・事故報告書を分析して~,第43回日本看護学会老年看護,2012
  • 山下哲平,東海林雅幸,山本洋史:転倒予防対策~離床センサ選択チャート導入の効果~,転倒予防医学研究会第8回研究集会,2011
  • 山本洋史,東海林雅幸,山下哲平,他:簡易ヒッププロテクターの導入・工夫の実践報告,兵庫県立病院学会,2011
  • 山下哲平,宗重幸平,柏原真由美,他:予防可能な転倒ゼロ計画~離床センサ選択チャートを導入して~,第21回日本リハビリテーション看護学学術集会,2009
  • 宗重幸平,柏原真由美,山下哲平,他:予防可能な転倒・転落ゼロ計画~転倒勉強会によるスタッフの意識・知識向上を目指して~,第10回兵庫県リハビリテーション研究大会,2009
  • 柏原真由美,宗重幸平,山下哲平,他:未然に防げる転倒転落ゼロ計画~離床センサ選択チャートが有効に活用できているか~,第9回兵庫県リハビリテーション研究大会,2008
  • 斉藤麻紀,他10名7番目:排泄チーム(チームUK)の活動,日本老年泌尿器科学会,2008
  • 山下哲平,宗重幸平,山端恭子,岸典子:未然に防げる転倒転落ゼロ計画~効果的な離床センサの活用を考える~,第8回兵庫県リハビリテーション研究大会,2007

受賞歴

  • ヒューマンケア研究学会 優秀論文賞 (2017)

競争的資金

科学研究費補助金 (研究代表者)

  • 研究種目:若手研究 研究期間:2018-2022年
    研究課題名:用手的な微細振動による看護ケアの定量的評価とメカニズムの解明
  • 研究種目:研究活動スタート支援 研究期間:2016-2018年
    研究課題名:廃用症候群の予防と改善を目的とした看護技術の科学的検証

その他

  • 兵庫県立リハビリテーション西播磨病院重点研究事業補助金
    「運動介入による転倒予防対策方法の確立にむけて、Parkinson病者に対する運動プログラム導入の効果検証」
    2014-2016年 研究代表者
  • 兵庫県立リハビリテーション西播磨病院重点研究事業補助金
    「パーキンソン病患者に適した床頭台の製作」
    2013-2014年 研究分担者
  • 兵庫県立リハビリテーション西播磨病院重点研究事業補助金
    「脳血管障害・神経難病患者のための転倒対策用品の分析・改良と包括的転倒対策システムの確立」
    2011-2014年 研究代表者

社会貢献活動

  • 病院・施設への研究指導や研修講師

研究機器一覧

  • サーモグラフィ
  • 筋硬度計
  • 加速度センサ
  • 圧力センサ
  • 生体信号計測(Wearable)
  • 容積脈波(BVP)センサ
  • 心電図(ECG)センサ
  • 皮膚電気活動(EDA)センサ
  • 呼吸(PZT)センサ
  • 温度(TMP)センサ
  • 脳波(EEG)センサ
  • fNIRSセンサ
  • 解析ソフト:心拍変動(HRV),皮膚電位,筋電位,呼吸,ビデオ同期