TOP未掲載

  • ホーム
  • TOP未掲載
  • 交通機関の運休・警報発令等に伴う教員免許状更新講習の取扱いについて[実習課]
2015年08月28日

交通機関の運休・警報発令等に伴う教員免許状更新講習の取扱いについて[実習課]

  

交通機関が運休の場合及び警報が発令された場合の講習の取扱いは、原則として以下の通りです。

(1)交通機関運休の場合

開催日当日の午前7時現在、次のいずれかの交通機関が運休している場合、開催日を 後日に延期します。(ただし、人身事故等による短時間の臨時運休は対象となりません)

【対象交通機関】
(1)山陽本線(JR)(三ノ宮~網干間の全部または一部)
(2)山陽電鉄本線(三宮~網干の全部または一部)
(3)神姫バス(姫路駅前~姫路獨協大学間)

(2)警報発令の場合
播磨南西部に暴風警報が発令された場合。
※(1)・(2)の場合は、下表の通りとする。

交通機関の運行停止及び
気象警報発令の解除時間
講習及び試験の取り扱い
7時までに解除 平常どおり講習を行う
7時を過ぎて解除 全日、休講とし、開催を後日に延期
(3)上記以外で、開催延期の措置を必要とする緊急事態が発生した場合
上記(1)、(2)以外で本学が開催に支障をきたすと判断する緊急事態が発生した場合、 開催を後日に延期することがあります。その場合は、速やかに本学ホームページにより周知いたします。
※(1)~(3)により講習の開催日を延期する場合は、速やかに受講生に連絡いたします。

延期のため欠席になる場合は、所定の期日までにお申し出いただければ、受講料の全額を返金いたします。